「てめーの笑顔こそキモいんだよ 世界中の女子から嫌われて死ね」


名前 :財部 依真(たからべ いま)
所属 :一枡女子中三年一組
肩書き: 「腹黒」「デコメガネ」「悪平等(ぼく)」
あだ名:「タカちゃん」

苗字の由来は鹿児島県曽於市の財部町。

球磨川によって「選別」された めだかの後継者候補の1人。見た目はロリの眼鏡っ娘。
その正体は安心院によって送り込まれた悪平等(ぼく)の1人にして、何のスキルも持たない「普通」の女の子。
素直ないい子を演出するが、それは実は建前。球磨川にその事を見抜かれた際は ドス黒い本音を露にしている。
その本音を出す方法も特殊で、本音と建前に線引きをされるように表示される。
こんな風にな そんなキモい顔でwiki見てんじゃねえよ あーあ 吐き気してきた せめて息すんのやめてくれない?

5人の中ではリーダー格のようである。
球磨川に挨拶に ムカつくからぶっ殺しに 行った。
そして(作戦とはいえ)自分から球磨川に縞パンを晒す変態を演じフルボッコにするも、復活した球磨川に縞パン丸見えで磔にされてしまった。…ふぅ。

その後、球磨川に潰されそうになった所を、他の4人の武装土下座によりなんとか見逃してもらい
「ごめんね!ごめんね!ありがとう!みんな大好き!」
「あんなことされても迷惑なのよ!死ね!死ね!みんなみんなだいっ嫌い!」

「少なくとも少しだけ 私たちに勝ちを譲ってくれた球磨川せんぱいは」
「格好よかったです」
と、いかんなくツンデレを発揮した。

その後は球磨川から漫画を貸してもらったりと先輩後輩として仲良くしている、また恋愛フラグも地味に立っていた?。
ちなみに、どんなに怖いと思っていても仲間の為に体をはれる子である、というか作中で二回も体をはった。
コミックスのおまけでは性悪で凶悪とまで言われているが、そんな彼女が友達が大切なのは、善人のそばにいれば善性を帯びるということだとか。

十年後も仲良し五人組の一人として相変わらずのようだ。協同で作ったスマホ向けのゲームが評判が良く、会社にするという話も。


  |  丶 丶     /             |///》'  /     ヽ  `≪/////i//ハ   /
  |      丶 /  | | | | |//'´  /        \   `≪//}///ハ ./
  | 丶  丶    l    嫌 .世 キ て .|/   / ⌒      ⌒ヽ‘:, {  `《i}////}./   | |
  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ!    わ 界 モ め .| {  ′           '. l   >-‐‐-′  黙 う
  |                れ 中 い l  .| ∨r=====ミ、  r=====ミ、∨ /          れ っ
  |  喋 私. ご     て の ん の . | r{/斧丐ミ lトーイ 斧丐ミzヾ |/.            カ せ
  |.  り す. め     死 女 だ 笑 . ! {{ 圦 b:::::l| }i⌒i| |b:::::} 刈.i}l|   言 私 す   ス ぇ  |
  |  過 ぐ  ん     ね 子 よ 顔 . | 人、  `冖'' ノ   ヽ `冖'' ノ l|   .っ 何 み  | |   !
  |.  ぎ 調 . な    | か | こ . |  {「√√/  l   /√√ ′l!   ち か .ま          /
  |.  ち 子. さ .      ら   そ l  圦    r――      / ノ|  . ゃ.失 .せ    ._ /
  |   ゃ .に  い   .ト、 |   |..∧、人{ \   !: : : : :i   /′ |   い 礼 .ん  「
  |   う 乗  球  | \       /  \  \>  : : :ノ イ /  }/!   ま な      | 、 、 、
  |   ん っ  磨  レ′`ー――':ヾーtュヽ   i7| ≧=≦. | .′/ 」   し .こ      |、 、 、 、
  |   で て  川  i′ '/:.:/:.:.:./:::::}:i:i:iVムi:\| ノ      i/.イi:i`ヽ.  た と     | 、 、 、 、
  |   す     さ   ′′{:.:/:.::.:/:./`i:i:i:i:iVムi:i:ム斗=-=廴_/:i:i:i:i:i:i:i:i|  .か        |、 、 、 、 、
  |   !  .  ん /′′{:.′:./.:/:.:. !i:i:i:i:iVム{   ◎   }i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|  .?        | 、 、 、 、 、
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄