「メラリー!あとの『超理』は任せたよっ!」


名前 :飯塚 食人(いいづか くろうど)
所属 :2年12組
肩書き:「食育委員長」「猟理人」「ロード」

トレジャーハンティングの第五関門(1)の門番として登場したダブル食育委員長の1人。
同じく食育委員長の米良からはロードと呼ばれている。
猟理人(猟師のようなもの?)ゆえか、猟銃を持ち歩いている。
特技は大喰いで鍛えた腹式呼吸で、もがなの肺活量にも負けず劣らずのようだ。

爽やかな笑顔の持ち主でもあるがさすが食育委員長、食物のルールには厳しいようである

めだかと善吉と候補生の選挙終了後、実は生徒会長の業務成功の願掛けのために、「肉絶ち」していためだかのために料理を大量に用意。
和気藹々とした空気が見られていたが、その後現れた兎洞に何故かフルボッコにされる。

10年後は米良と共にイタリアで三ツ星リストランテの料理人をやっている。

ジャンプ巻末の作者コメントでの裏設定では
「こいつは一杯食わされたよ」が口癖だそうだが、言い過ぎてメラリー(米良 孤呑)が食傷気味とのこと。