※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ようこそ水槽学園へ 心より歓迎いたしますわ」


名前 :蛇籠 飽(じゃかご あき)
所属 :水槽学園生徒会
スキル:「遊酸素運動(エアロバイカー)」
肩書き:「生徒会長」「水槽学園の支配者」「傀儡」
アニメ担当声優:中原 麻衣(刀語 鑢七実、いぬまるだしっ すずめちゃん など)


水槽学園の生徒会長。酸素を操るスキルで水槽学園の支配者として君臨していた。
…が実際は須木奈佐木 咲の手で生徒会長に仕立て上げられていた傀儡(本人や周囲は無自覚)。

酸素を操るスキルの名前は「遊酸素運動(エアロバイカー)」。
空気中の酸素を移動させて、人間を酸欠または酸素中毒にさせることができ、
また肉体を強烈に酸化させることで行動不能にさせたりすることも可能なスキルである
上記は蛇籠が実際に使用した限りであるので、まだバリエーションがある可能性がある。

どうやら勘が良いようで、あいさつを交わして握手しようと近づいただけで球磨川の本性に気づいた。
そのあまりの過負荷さに球磨川を放置しようとした矢先、咲の「操作令状」により本当に咲の傀儡にさせられてしまう。
その後咲の命令によってか球磨川を襲いに行き、当初は強力な酸素を操るスキルで圧倒していたが、
全てをなかったことにする球磨川の前ではそれこを無意味で、成す術もなく球磨川の螺子を貫通させられ精神を病み、入院した。



ちなみにめだかボックスアブノーマル最終回でのグットルーザー球磨川の回想にてちょっと良い感じでゲスト出演。
画図町の絵のモデルとしてその体を貸していた。
また、その際に学園を治めるためには画図町か蛇籠のどちらかが学園を去らなくてはならないことを画図町に伝え、
画図町本人の意思により退学させた。

アニメより後の時系列である小説版第-2槽でも他の生徒会メンバー(花熟理 桃)が学校に来ている事が確認でき、
またアニメでも生徒会メンバーが画図町の狂行の驚き役として出演しているので、おそらく蛇籠以外は
球磨川の螺子のダメージをそれほど負っていない様子。
実際ネジで串刺しにされた生徒会メンバーの中で、蛇籠より先にネジで刺された4人は即気絶しているようだが、
蛇籠だけがネジで胴体を貫通された後、気を失うまで時間があった。他の4人は刺された時の記憶が無いのかも。
さらには彼女だけ使われたネジが明らかに巨大。