※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「やり直せるさ 人生にリセットボタンはあるんだぜ!」


名前 :日之影 空洞(ひのかげ くうどう)
所属 :3年13組
異常 :「知られざる英雄(ミスターアンノウン)」「光化静翔(テーマソング)」
肩書き:「第97代生徒会長」「元英雄」「知られた英雄」

第97代生徒会に置いて、生徒はおろか生徒会役員に至るまで、誰にも知られることなく学園の平和を守りきった男。
彼の異常は「誰にも気づかれなくなること」。
ドラえもんの石ころ帽子のような影を薄くするわけではなく、めだかの動物避けを極端に発展させたようなもので、要はみんな日之影ににビビりすぎて、気づけなくなるのである。
しかし性格は気さくである。

めだかと知り合った経緯は、日之影が学園の敵にとどめをさそうとした所をめだかに止められ
生徒会長業務でなまっていない全盛期のめだかと三日三晩殴り合い
最終的に打ち解け、めだかを生徒会に誘った。

戦闘能力は格闘のみに限れば最強。だが、志布志のように特別な作用をもたらす異常・過負荷においては対応できない。
学園の生徒のためなら自分の命を投げ捨てることもする熱い男だが、阿久根・もがな・真黒を志布志から守り切れず、
また自身も倒されてしまったことによりプライドがズタズタにされた模様。

その後、しぼんでいた日之影を不知火が「正喰者」を貸すことにより復活。
副会長戦にて蝶ヶ崎 蛾々丸と戦う事になる。
「正喰者」の効果なのか「めだかの改神モードの先(終神モード?)」の状態になっているらしい
そして完成された黒神ファントムを新たな異常「光化静翔(テーマソング)」として使えるようになっている。
その代償として「知られざる英雄」は消失した(耐久度もガクっと下がった)が、結果として学園の皆が日之影のことを思い出し応援に駆けつけ、日之影はその応援から力を貰い一時負けそうになっていたところを逆転勝利。
皆から今まで箱庭学園を守っていてくれたことを改めて初めて感謝され、人知れずに誇りをもって戦ってきた日之影も、その応援と感謝に思わず男泣きする。
ちなみに蝶ヶ崎とわかりあおうとした為に負けそうになったのだが、「おいおいわかりあっていこうや」との先延ばしに読者(というか2chスレ住人)からやや疑問の声が上がり、当の蝶ヶ崎からも「そんな瀕死のザマでどうやって不幸(マイナス)を幸せ(プラス)にするんですか」と冷笑気味に言われたりする。
そして蝶ヶ崎は球磨川の戦いを見て改心したので、多分一緒にカラオケに行っておいおいわかりあっているんじゃないかな。

その後はちょくちょくモブだったり師匠スマイルなカットインで登場。
体育祭ではあのサイズで棒倒しに参加してたりする、石ころ帽子効果が無くなった為リア充を満喫してるっぽい。

10年後は警察庁勤めで相変わらず平和を守っている。