「子供は何人欲しい?私は三人欲しいな。女の子がふたり、男の子がひとりね。名前は人吉くんが決めてあげて。私ってあんまりネーミングセンスないから。えへへ、どっちに似ると思う?私と人吉くんの子供だったら、きっと男の子でも女の子でも可愛いよね。それで庭付きの白い家に住んで大きな犬を飼うの。犬の名前くらいは私に決めさせてね。人吉くんは犬派?猫派?私は断然犬派なんだけど、あ、でも、人吉くんが猫の方が好きだっていうなら、勿論猫を飼う事にしようよ。私、犬派は犬派だけど動物ならなんでも好きだから。だけど一番好きなのは勿論人吉くんなんだよ。人吉くんが私の事を一番好きなように。そうだ、人吉くんってどんな食べ物が好きなの?どうしてそんな事を聞くのかって思うかもしれないけれど、やだ明日からずっと私が人吉くんのお弁当を作る事になるんだから、ていうか明日から一生人吉くんの口に入るものは全部私が作るんだから、やっぱり好みは把握しておきたいじゃない。好き嫌いはよくないけれど、でも喜んで欲しいって言う気持ちは本当だもんね。最初くらいは人吉くんの好きなメニューで揃えたいって思うんだ。お礼なんていいのよ彼女が彼氏のお弁当を作るなんて当たり前の事なんだから。でもひとつだけお願い。私『あーん』ってするの、昔から憧れだったんだ。だから人吉くん、明日お昼に『あーん』ってさせてね。照れて逃げないでねそんなことをされたら私傷ついちゃうもん。きっと立ち直れないわ。ショックで人吉くんを殺しちゃうかも。なーんて。それでね人吉くん、怒らないで聞いてほしいんだけど私、中学生の頃に気になる男の子がいたんだ。ううん浮気とかじゃないのよ、人吉くん以外に好きな男の子なんて一人もいないわ。ただ単にその子とは人吉くんと出会う前に知り合ったというだけで。それに何もなかったんだから。今から思えばくだらない男だったわ。喋った事もないし、喋らなくてよかったと本当に思うわ。だけどもやっぱりこういう事はさいしょにちゃんと言っておかないと誤解を招くかもしれないじゃない。そういうのってとっても悲しいと思うわ。愛し合う二人が勘違いで喧嘩になっちゃうなんてのはテレビドラマの世界だけで十分よ。もっとも私と人吉くんなら絶対にその後仲直りできるに決まってるけれど、それでね人吉くんはどう?今までに好きになった女の子とかいる?いるわけないけども、でも気になった女の子くらいはいるね。いてもいいんだよ全然責めるつもりなんかないもん。確かにちょっとはやだけど我慢するよそれくらい。だってそれは私と出会う前の話だからね?私と出会っちゃった今となっては他の女子なんて人吉くんからすればその辺の石ころと何も変わらないに決まってるんだし。人吉くんを私なんかが独り占めしちゃうなんて他の女子に申し訳ない気もするけれどそれは仕方ないよね。恋愛ってそういうものだもん。人吉くんが私を選んでくれたんだからそれはもうそういう運命なのよ決まりごとなのよ。他の女の子のためにも私は幸せにならないといけないわうんでもあまり堅いこと言わずに人吉くんも少しくらいは他の女の子の相手をしてあげてもいいのよ。だって可哀想だもんね私ばっかり幸せになったら。」



所属 :1年−13組
過負荷:「荒廃した腐花(ラフラフレシア)」
血液型:AB
初登場:第58箱
肩書き:「城砦女学院からの転校生」「ヤンデレ」

球磨川と共に転校してきた、1年-13組生。
女の子らしい性格をしているが↑の通りヤンデレ、登場初期はその女の子らしさとビジュアルからようやくヒロインが来たかと言われていた
抱える過負荷「荒廃した腐花(ラフラフレシア)」は、手でふれたあらゆるものを無機物、有機物、生物問わず片っぱしから腐らせてしまうという能力。
その為、幼少期に犬やら猫やらを撫でようとして殺してしまうなどで過負荷が悪化していった
安心院なじみの解説ではその力の元は「自分は愛されてはならない罪深い存在だ」という罪業妄想から生じているとか、その妄想の原因は過負荷の基本教養である虐待やらのせいではという予想がある

軍艦塔にて-13組の教室獲得に失敗した後、事情を知らない善吉と鉢合わせ、偶然やさしくされたことで彼に度の過ぎた好意を抱くようになる(上記のプロポーズの台詞はその際に披露した)。
親しくしてくれた善吉には恋愛感情を、身柄を引き受け入れてくれた球磨川には恩義としての好意を持っているようだ。
書記戦では二人の対決からヒントを得て過負荷のマイナス成長を遂げ、手に直に触れていないものも腐らせる、腐敗の応用なども可能に。会計戦では狂い咲きバージョンとして、土や枝葉を腐らせ→腐葉土を作り→植物を急速促成栽培する技術も編み出した。
対戦のタイムリミット直前には人吉親子に諭され改心するも、強引に引き分けに持ち込もうとした球磨川の身を守るために二人分の爆弾で自爆、重傷を負う。
その際に『大嘘憑き』に荒廃した腐花(ラフラフレシア)を無かったことにされ、過負荷がいくぶん弱まり能力のオンオフが可能になった。
これで文字通りお手製の味噌汁も作れるということで、幸せな花嫁になる夢に一歩近づいたのかもしれない。
ちなみに十巻表紙裏で味噌汁どころか味噌を作っている江迎ちゃんが見れる
オリエンテーリング決着時、悪平等編冒頭から善吉の味方として再登場し、善吉の恋路を応援することを選んだ。
この章で善吉が自分の恋心を下心と恥じた際に善吉に恋していた江迎は「愛」について啖呵を切って江迎姐御の風格を出す
その際は過去の服装であるイケギャル服だった為なおのことのである

戦いが終わったあと、善吉生徒会に勧誘され会計になる
めだかが好きな善吉に対して複雑な感情を抱いてすっきりしないままだったが
花嫁編にて善吉がようやく江迎の思いに気づき、その思いに応えられないと切腹付きできっちり振り、関係にけじめをつける
江迎は「人吉くんを好きでいて幸せだった!」と笑顔で涙を流し、この恋は終幕を迎えた
江迎ちゃんの新たな幸せにご期待下さい

そして十年後は大きなお花屋さんを一人でやっているらしい、商売っ気はあんまりないようだ
ラフラフレシアは使えなくなったようで、過負荷の+転用で花を咲かせるのではなく自らの手で花を育てている
そのためボロボロの手になってしまったが、そんな自分の手を好きになれたという
ちなみに能力は心が満たされたら失うと善吉が予想しているので、今は幸せになっているのだろう



                           ,イミ>‐x___,ィ三三ミ!
                           }>‐,.´: : : : : :`ーミニ三{
                       .// 〃,: : ;/、,l,: ; :、ヽ:マミ{ァ
                        / 〃. リ:.ト、.ハ|  l!.l!,イ: l: :l.ト、ヽ
                      ,川l l ハl:|リ.`ト   イ l.从l  llリミム、
                      イ川l:|:.ハ`>/,i /<l! .,!; ;イl:.|ミミミ≧
                     ,リ'У:ツノノl//,!/ ///:ハ:ゝlヽl`′
                       ん//イ:!'u.l´ ̄ ̄.ヽ冫〉 リイ
                     .//ノ`l:リ>、l_   , ノl,イ ,ハ.|
                      l !:.///ツイ::::)>< .l|l.ヽ:l:l.:|
                     イノノヽヽミ≧x:::::x≦三リリト、
                      |从.ヽ , マ三》n《三彡イ! ,イ
                      |  `l' /.:::::ハ::::::`:i .V |
                       l  .l /.:,: '   ヽ;:::|  l .|
                    イミミァ,/! .从 '´      ヽ! ,.'  |
                    |ミヽ,.イ.ハ l| lゝ--    ,-.イ!,リ .ト、
                 ,仁;f'  ,|_  }イミ三三三三三{/  /.ハ
                  {三ニl!/ 〉>ニV} `ーえ三ム_ /  〉
              ,ィZ三了イ(_ /.:::::::::::::::ヽ:.:. ハ==Y .〉`ーミ!
             彡イ彡,ィマ`‐'/.::::::::::::::::::::l:.V.:::::::::::::::.Vノ⌒ヽl
                ̄ ̄l´  `イ/.:::::::::::::::::::::ハ:;'.l::::::::::::::::::::.マV r‐'-、_
            ,イん ̄.l / ./.:::::::::::::::::::::;'::::i:ハ::::::::::::::::::::::.V`l、__ ハ
           /   ヽイ ノ/.:::::::::::::::::::::/.:::::|::::';::::::::::::::::::::::::Vl `,/  ヽ
            〈_  / // /.::::::::::::::::::::,:':::::::::|:::::.';:::::::::::::::::::::::::.マ l  _  `ー、
            `リ /- ケ,'.:::::::::::::::::::〃:::::::::::|::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::',l / `<⌒l、
            // ,r' rイ::::::::::::::::::/r‐、::::,ィ-、::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::.V l´ ト、 んl
            .ヽ んイ/.:::::::::::::::::/、 ツひ、  え_,んl、:::::::::::::::::::::::ゝミ-{.イ  リ