神々が愛した楽園 ~Belle Isle~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神話は生まれ…伝説は語られ…歴史は唯記される──

(ベルアイル)

嗚呼…物語は詠うように紡がれ続ける……

死を抱き眠る冥闇の水面を渡り揺れる焔…
その灯火を生命と呼ぶなら → 言葉は力と成るでしょう…
何時しか其処に奪う者と奪われる者も生まれた…
たっだひとつを天秤に架けて → 争いは廻るでしょう…

故郷を喪った仔らは忘れない…
父の無念も…母の哀しみも…嗚呼…遠き大地を…

少年はやがて剣を取るでしょう…そしてその剣が折れても…
またその仔らへと託すのでしょう…遥かなる《年月》(どき)の祈りを…

(ベルアイル)

平原は荒れ果てて砂漠と化し…海原は立ち上がり大地を呑む…
災厄の根が幾重にも絡み合い…異なる世界を繋ぐ《門》(ゲート)は開かれる…
敵の憎悪は同情を遥かに凌ぎ…侵略ではなく完全なる破壊を望む…
氷と焔の相容れない宿命のように「神々が愛した楽園」は戦場へと変貌した……

屍を積み上げて ← 土台は築かれる…
脆く儚い現実は…瓦礫の城
亡骸の頂きに ← 平和は咲き誇る…
甘く拙い幻想は…硝子(ガラス)の色

恐怖を差し出ぜば…狂気が降り注ぐ…共存の道を蹴って…
猜疑は爪を研ぎ…正義は牙を剥く…定規を捩じ曲げたまま──いずれ…

少年は白き翼を得るでしょう…そしてその翼が折れても…
またあの空へと詠うのでしょう…愚かなる《人々》(かみ)の願いを…
嗚呼…少年は黒き剣を取るでしょう…そしてその剣が折れても…
またその仔らへと託すのでしょう…遥かなる《年月》(どき)の祈りを……

少年は手に『剣』…背に『翼』…瞳に『未来』を──

(ベルアイル)

嗚呼…物語は頁(ページ)を捲るように紡がれ続ける →

.