エルの肖像


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白い結晶の宝石は 風を纏って踊る
樹氷の円舞曲 遠く朽ちた楽園

黒い瞳孔(め)の少年は 風を掃って通る
樹氷の並木道 深い森の廃屋

少年が見つけた 少女の肖像画
『彼』は病的に白い 『彼女』に恋をしてしまった…

幼い筆跡の署名(Sign) 妙に歪な題名(Title)は
【最愛の娘エリスの八つの誕生日に…】


退廃(Decadence)へと至る幻想 背徳を紡ぎ続ける恋物語(Romance)
痛みを抱く為に生まれてくる 哀しみ
第四の地平線─その楽園の名は『ELYSION』


──そして…幾度目かの楽園の扉が開かれる……


やがて少年は彼の《理想》(idea"L")を求めるだろう…
やがて少年は彼の《鍵穴》(keyho"L"e)を見つけるだろう…
やがて少年は彼の《楽園》(e"L"ysion)を求めるだろう…
やがて少年は彼の《少女》(gir"L")を見つけるだろう…

娘もまた母になり 娘を産むのならば
楽園を失った原罪を 永遠に繰り返す……

始まりの扉と 終わりの扉の狭間で
惹かれ合う『E』(EL)と『A』(ABYSS)──愛憎の肖像

禁断に手を染め 幾度も恋に堕ちてゆく
求め合う『E』(EVA)と『A』(ADAM)──愛憎の肖像

やがて少年は♂(おとこ)の為に自らを殺し 少女は♀(おんな)の為に自らを殺す
時の荒野を彷徨う罪人達は 其処にどんな楽園を築くのだろうか?

──幾度となく『E』(ELYSION)が魅せる幻影 それは失ったはずの『E』(Eden)の面影
嗚呼…その美しき不毛の世界は 幾つの幻想を疾らせてゆくのだろう──

.