争いの系譜


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――かつて世界には
神より遣わされし蒼氷の石が在った
古の聖者がその秘石(ひせき)を用い
焔の悪魔を封じた伝説は伝承の詩となったが
今や...その秘石(いし)の行方は...杳として知れぬまま……


「西進すること幾星霜、果てしなき流浪の旅路
今は聖戦のイベリア 争いの歴史をしっかりと見ておきなさい」

「Saránda」「畏まりました」
「Trin」「仰せのままに」
「Enjá」「はい、Sadi先生」

「Ramirez将軍に続けー!」

――神よ(Dios)!
再征服(Reconquista) → 再征服(Reconquista) → 再征服せよ(Reconquista)! お別れだ(adiós)…
再征服(Reconquista) → 再征服(Reconquista) → 再征服せよ(Reconquista)!嗚呼(Ah)…神よ(Dios)!
再征服(Reconquista) → 再征服(Reconquista) → 再征服せよ(Reconquista)!此処でお別れだ(adiós)…
再征服(Reconquista) → 再征服(Reconquista) → 再征服せよ(Reconquista)!嗚呼(Ah)…我らが神よ(Dios)!

再征服(Reconquista) → 再征服(Reconquista) → 領土再征服せよ(Reconquista)!

【書ハ物語ル】(The Old Testament's Story)

神は土塊(つちくね)から 初めに男を創り
その肋骨(あばらぼね)から 女を創った

「蛇の甘言 楽園を追われ 人は荒野 子を生(な)した」

兄は土を耕し 弟は羊を飼った
争いの歴史は 此処から始まった

「神への供物 血の匂い 羊の初子 地の食材 
怒りの目伏し 生まれた殺意 すなわち...兄弟殺し……」

以来...何故...人は 断ち切れないのだろう?
争いを繰り返す 負の連鎖を
弱い私は誰を憎めば良い 嗚呼...誰か教えて……

『歴史は駈け廻る――』

離散の老預言者と流浪の三姉妹
父と母を両皿に傾かざる少女の天秤
(The chronicle of history. It is as rapid as a blink of an eye.
The diaspora ancient oracle, and gitana sisters.
The scales of Layla influenced by Moors and Iberian.)


幸せな時ほど 誰もが気付かない
密やかに歯車 廻すのが《六番目の女神》(うんめい)
不幸せな時には もう気付いても手遅れ
世界を蝕む奈落へ 堕とすのも《六番目の女神》(うんめい)

少女が裸足で駈け出した 石畳を蒼く 照らす月灯り
家にはもう居たくない 足などもう痛くない
此処ではない何処かへと 行方のない彼方へと


『歴史は駈け廻る――』

怒りと憎しみの時代(とき)を彼女は疾り月夜に散った

「撃て!」

昏き冷雨の牢獄 朽の眠りに囚われし男
(A cold dank dungeon, a man in the grip of a coma.)
奪われし焔を取り戻し 緋き瞳を静かに開いた
(The lost flame revealed in his soul. He awakened with ruby eyes.)

男は少女に問うた 少女は《美しき夜》の名で応えた
(He asked the girl. <■■■■■>The reply was Layla.<'ismii Layla.> )
少女も男に問うた 答えは馴染みの無い異国の響き
(She returned the question. His reply was cryptic.<■■■■■>)
少女は男を《悪魔》と呼ぶことにした 男は奇妙に嗤った
(She proclaimed him a demon. He laughed mysteriously. )

少女は生死を別つ淵に立ちながらも 凛として怯えなかった……
(Perching upon the precipice, she showed no fear……)


『歴史は駈け廻る――』

痛みと哀しみの時代(とき)を私は選び其の手を取った
残酷ナ『永遠』ト謂ウ苦イ毒ヲ、喰ラウ覚悟ガ在ルナラバ、共ニ生キヨウ

(...人として死ぬことが赦されないとしても……
...それでも...私は……)