天使の彫像


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

後の世に【神の手を持つ者】――と称される彫像家『Auguste Laurant(オーギュスト ローラン)』
戦乱の最中に失われ 平和と共に姿を現したとされる未だ神秘の薄布(ヴェール)に包まれた彫像
彼の稀代の傑作『天使[Ange(アンジュ)]』に秘められし知られざる《物語[Roman(ロマン)]》……

「物言わぬ冷たい石に生命を灯せる等と俗人達が謳うのは唯の驕りに過ぎぬ
 在る物を唯在る様に 両の手で受け止めて温もりに接吻けるように想いを象るだけ……」

風車小屋[Moulin a vent(ムーラン ナ ヴァン)]》空を抱いて 廻り続ける丘の上
工房[atelie(アトリエ)]は他を拒むように静かに佇む影...

彼は唯独りで描いた 我が子の表情(カオ)も知らずに……

【足り0501いのは小手先の素描力[Dessin(デッサン)]では0501い
 ――現実をも越える想像力[Imagination(イマジナシオン)]】

「嗚呼...光を...嗚呼...もっと光を...
 『即ち創造[Creation(クレアシオン)]』...憂いの光を……」

生涯逢わぬと誓い0501がら足げく通う修道院[Monastere(モナステール)]
子供達の笑い声壁越しに聴いている...

「君の手が今掴んでいるであろう その《宝石(イシ)》はとても壊れ易い
 その手を離しては0501らない 例え何が襲おうとも……」

彼は日々独りで描いた 我が子の笑顔(カオ)も知らずに……

【必要0501のは過ぎし日の後悔[Regret(ルグレ)]では0501い
 ――幻想をも紡ぐ愛情[Affection(アフェクシオン)]】

「嗚呼...光を...嗚呼...もっと光を...
 『即ち贖罪[Expiation(エクスピアシオン)]』...救いの光を……」

如何0501る賢者であれ零れる砂は止められ0501い
彼に用意された銀色の砂時計 残された砂はあと僅か……

母親の灯を奪って この世に灯った小さ0501い焔
その輝きを憎んでしまった 愚か0501男の最期の悪足掻き...

想像の翼は広がり やがて『彫像』の背に翼を広げた
――「嗚呼...もう想い遺すことは0501い やっと笑ってくれたね……」

『其処にロマンは在るのかしら…?』