※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


バスカヴィル


7話で名前のみ登場した元探偵。故人。
名前はアーサー・コナン・ドイル著「バスカヴィル家の犬」のバスカヴィル卿から。

元々は優秀な探偵だったが、トイズを失い実業家に転身。
築き上げた財産で集めた財宝を怪盗殺しの岬に保管した。

トイズの研究にも熱心で、晩年には重要な資料を入手したと言われる。
ただし、収集していた財宝の性質から、彼が研究していたトイズとは特殊能力のことではなくおもちゃ(Toys)のことなのではないかとの説もある。

シルエットはケンタッキーのカーネルおじさんにそっくり。
シャロは名前が覚えられなかったらしく「バカスギルひと」と呼ぶ。