デバイスとファイルシステム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・デバイスファイル

 Linuxではデバイスはファイルとして扱うことでプログラムを単純化している。
 デバイスの操作は/devディレクトリに配置されてるデバイスファイルを通して行う。
 デバイスファイルには対応するドライバ(モジュール)があり、デバイスファイル越しに
 渡された命令をドライバが解釈して適切なハードウェア操作を行う。
 デバイスファイルはLinuxカーネルがデバイスを認識した時点でudevという仕組み
 によって/dev配下に作成される。

 デバイスファイルの例
/dev/sda 1番目のハードディスク
/dev/sda1 1番目のハードディスクの1番目のパーティション
/dev/sda2 1番目のハードディスクの2番目のパーティション
/dev/sdb 2番目のハードディスク
/dev/scd0 1番目のCD/DVDドライブ
/dev/sr0 1番目のCD-R/DVD-Rドライブ
/dev/st0 1番目のテープドライブ


・パーティション分割

 1つのHDDに確保できるパーティションは4つまでで、そのうち1つが
 拡張パーティションにすることができ、そのなかでさらに切り分ける
 ことができる。
 パーティションを操作するには以下のコマンドを実行する。

  fdisk (オプション) デバイス
  例) # fdisk /dev/hda

 コマンドを実行すると、fdiskのプロンプト「Command(m for help):」
 が表示される。以降,パーティションの操作は下表に示したコマンドを
 利用しながら対話的に行う。

・ファイルシステムの作成

 パーティションを作成しただけではハードディスクにデータを保存できない。
 ファイルシステムの作成(フォーマット)を行う必要がある。

  例)# mkfs -t ext3 /dev/sdb1
   2番目のHDDの1つ目のパーティションにext3ファイルシステムを作成する。