ファイルシステムのマウント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・マウントとは

 りデバイス上のファイル・システムを使用するために、デバイス上の
ファイル・システムをディレクトリの1つとして使用できるようにする作業がマウントである。


 ・mountコマンド
  mount -a [-fFnrsvw] [-t vfstype] [device] [position]

-a	/etc/fstabに記述されているファイル・システムをマウント
        する。ただし,noautoのファイル・システムはマウントから
        除外される
-n	マウントをする際,/etc/mtabに情報を書き込まない
-r	ファイル・システムを読み込み専用でマウントする
-w	ファイル・システムを読み書き可能な状態でマウントする
-v	マウントの詳細を表示する
-t      vfstype	ファイル・システムのタイプを指定する。
        指定できるファイル・システム・タイプは別表を参照
device	マウントするデバイスを指定する
position	ファイル・システムをマウントする場所を指定する


  例)CD-ROMの場合
  # mount -r -t iso9660 /dev/cdrom /mnt/cdrom

  例)NFSをマウントする場合
  $ mount -t nfs sv1:/home/hogehgoe /mnt/nfs

mount コマンドに-t オプションを付加し、nfs を指定します。sv1:/home/hogehoge は、「NFSサーバー名:エクスポートするディレクトリ」を指定します。マウントオプションを指定するには、-o オプションをつけてマウントオプションを指定します。