※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…にが」
「ふふっ、梓にはまだ砂糖が必要かな?」
「もー、子供扱いしないで下さい、澪先輩!」
「ははは、ごめんごめん…にが」
「ふふっ、なんだ澪先輩も同じじゃないですか」
「うーっ、偉そうな口利いた自分が恥ずかしい…ごめんな梓」
「いいえ。…それにしても改めて紬先輩を見直しました。
私達二人だけでお茶を煎れてみたらダメダメでしたね」
「ああ、ちょっと濃厚すぎたな」