※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唯たちが大学に入って、一年が過ぎようとしていた

梓も今年から唯たちと一緒の大学に入ることになった

唯たちは進級する前の残りわずかな春休みを過ごしていました・・・






律:春休みももうすぐ終わりか~

唯:春休みはいい思い出たくさん作れたね♪

澪:二か月もあったからな

紬:大学の春休みは長いからいいわね~♪

唯:そういえば、あずにゃんも一人暮らしはじめたらしいよ~

律:そうだった、梓も今年からうちの大学に入るんだったな

紬:また5人でバンドできるのね♪

澪:そうだな、私達ももう二回生になるのか・・・

律:今年は全部単位がとれますように・・・

澪:単位はとって当たり前だろう、単位をとってかつどれだけいい成績が残せるかが問題だろう

唯:そんなことないよ!!私達にとっては「可」も「秀」も関係ないよ!!

律:そうだぞ澪、お前みたいに「秀」のオンパレードだろうが、「可」のオンパレードだろうが一緒だぞ!

唯:無理に「秀」なんてとる必要ないんだよ、澪ちゃん

澪:いや、お前らはまず「不可」の部分を「可」にするように努力しろよ・・・

紬:ふふふっ♪



唯たちの大学生活もなかなか充実してるようです

勉強面を除いては・・・



律:今度梓の入学祝いも兼ねてパーティーをやろう!

唯:賛成!!

紬:梓ちゃんも喜ぶと思うわ♪

澪:そうだな・・・で、どこでやるんだ?

律:居酒屋でも予約するか?

唯:お金かかるから、宅飲みでいいんじゃない?

律:そうだな、宅飲みだったら費用はあまりかからないし

澪:誰の家でするの?

唯:澪ちゃんち♪

澪:え?

律:澪の家はこの4人の中じゃ広い方だし

澪:ちょっと待て!ムギの家の方が何倍も大きいだろ!?

律:ムギの家はSPがついてるからな・・・

紬:私達、まだ未成年だから、SPの方が取り締まってるの・・・


ムギも親元を離れて暮らしているらしいが、

親が心配だということで、SPも一緒に暮らしている


澪:そうだったな・・・(大金持ちにもほどがある・・・)

律:じゃあ澪の家で決定だな!

唯:決定!

澪:あ、ちょっと・・・

律:よーし、取りあえず日時と集合場所はまた後日連絡する!

澪:なんでお前がしきってるんだよ・・・


こうして、梓を含めた五人で、澪の家でパーティー(飲み会)をすることになった・・・

しかし・・・






律:へ?バイトが入った?

澪:ごめん、その日急にバイトが入っちゃって・・・

律:う~ん・・・その日以外は私もバイトとかあるから・・・

唯:私も・・・なかなかこの4人で予定があう日ってないよね・・・

紬:澪ちゃん、その日バイト何時に終わるの?

澪:10時ぐらいまでかかるかな・・・

律:じゃあそれまでに澪の家で飲んどくか

唯:そのあと澪ちゃんも一緒に飲もう♪

澪:まぁ・・・そうだな・・・(私も五人ともっといたいけど・・・仕方ないか)

唯:じゃあ早速あずにゃんに連絡しよう♪

澪:梓には無理に飲ませるなよ

律:わーかってるってぇ♪






パーティー当日・・・


律:梓の入学を祝って!

かんぱーい♪♪

梓:ちょっといいんですか・・・お酒なんて飲んで・・・

律:いいんだよ、大学生になったら、そんなの関係ねぇ!

唯:あずにゃんもチューハイどう?

梓:チューハイぐらいなら・・・

律:梓は無理して飲まなくていいぞ

梓:わかってますよ、それぐらい

律:なにを~、唯、とっておきのやつ出せ!

唯:はい!

ボン

梓:これ・・・ワインじゃないですか・・・

律:おいしいから!飲んでみろ!

梓:結構です!

紬:梓ちゃん♪はい、グラス♪

梓:な・・・

律:注いでやるよ!

ジャーーー

梓:う・・・なんか・・・きつい匂いが・・・

唯:これを飲んだら大人の階段ものぼれるよ!

梓:い、いいです!なんか匂いがきつくて・・・

律:ははーん、梓はいつまでたっても子どもだな

梓:な!?

律:こんなにおいしいのに

ゴクゴクッ

梓:の・・・飲んでる・・・

律:ほーら、梓もどうだ?

紬:一回挑戦してみたら?

唯:おいしいよ~

梓:わ・・・わかりました・・・やってやるです!





数時間後・・・


唯:はぁ・・・もう飲めない・・・あーずにゃーーん♪

ギュッ

唯:へへーん、あずにゃんに抱きつくの久しぶりだね♪

梓:・・・・・・

唯:あずにゃん?

梓:・・・・・・

ギュッ

唯:!?

抱きしめかえす梓

梓:私も一度唯先輩に抱きつきかえしたかったんです~ ヒック

スリスリ←唯に頬ずりする梓

紬:まぁ♪久しぶりにいいものが見れましたわ~ ポー

唯:りっちゃーーーん!あずにゃんが酔ってる!

梓:へへ~~、ごろごろニャー ヒック

律:もうしらねー 澪にぶたれるけどしったこっちゃねー ヒック

律も少し酔っているようだ・・・

梓:律せんぱ~~い ヒック

律:ん~? ヒック

梓:へへへ、おでこになんか書いてやるです ヒック

律:な!!

梓は律のおでこに「ドラ○もん」を書いた

梓:はは~ドラえもんにゃ~ ヒック

律:うぅ・・・うぅ・・・

梓:むぎせんぱ~い

紬:どうしたの?

梓:ムギューーーてしてください ヒック

紬:抱きつくってことかな?・・・おやすい御用よ♪

ムギューーーー

梓:ははは・・・また気絶しそう ヒック

紬:あら、気絶するまで抱きついておこうかな♪

ムギューーーー

梓:はぁぁぁぁ幸せ~~~~^^^^






澪がバイトを終え、帰宅途中・・・


澪:(今日のバイトも疲れたな・・・)

澪:(それにしても楽しみだな・・・)

澪:(久しぶりに梓とも会えるし・・・)

澪「ふふ♪早く帰ろう♪」


澪、帰宅


澪:おまたせ・・・

梓:おらおら~今度はアンパン○マン書いてやるです ヒック

律:わ・・・私のデコが・・・私のチャームポイントのデコが・・・

紬:まぁ♪ ポー

唯:zzz

澪:(な!?なんだこの状況は!?)

梓:・・・ん?

澪に気付いた梓

澪:(梓の目がおかしい・・・まさか!?)

梓:澪せんぱーーーーい!

ギューーー

梓:会いたかったです~~~ ヒック

澪:あ、梓・・・大丈夫・・・じゃなさそうだな

梓:私が一番憧れてる先輩♪ ヒック

澪:へ?

梓:かっこよくて、優しくて、頼りがいがあって・・・ ヒック

澪:梓・・・

梓:いつまでも自慢の先輩でいてください♪ ヒック

ギューーーーー

さらに強く抱きしめる梓

紬:まぁぁぁぁ♪ ポー

澪:・・・(取りあえず、いつまでこうしてるんだろ・・・)

梓:澪先輩・・・

澪:ん?

梓:チューしてください♪ ヒック


澪:

律:

紬:ブーーー←鼻血


律:お、落ち着け梓! そこまでの領域に達したらさすがにやばい! ←酔いがさめた

紬:まぁまぁりっちゃん♪ 今日は梓ちゃんのためのパーティーよ♪ 梓ちゃんの要望に従いましょう♪

律: