※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「よし! 梓の等身大布ポスターを抱き枕に縫いつけ終わったぞ!」


澪「興奮して手元が狂っちゃったせいでちょっと歪んだり、我慢できず途中で使ってシミ付けちゃったけど」

澪「とにかく完成したぞ。この為にBD2枚買ったんだからな」

澪「私だけの抱き枕。私だけの……梓///」

澪「」ジー

澪「ああああ梓が私を見つめてるよぉおおおおおおおお////」

澪「どうしよう興奮してきた」

澪「だ、抱きしめちゃおうかな/// そのための抱き枕だもんな」

澪「」ギュー

澪「ああああああ梓可愛いよおおおおおおおおおおおお」


澪「ふふふ、梓は可愛いな」ツンツン

澪「何時間眺めてても飽きないよ///」

澪「何で梓はこんなに可愛いんだろう」

澪「梓、愛してるよ////」

澪(裏声)「私もです、澪先輩」

澪「……違う! 梓はこんな声じゃない! 今のは梓の可愛さに対する冒涜だ!」

澪「ごめん梓! 冒涜するつもりはなかったんだ! 許してくれ!」

抱き枕「」

澪「……え? 気にしてない?」

澪「やっぱり梓は優しいな////」ニコッ


澪「あーずさ♪」ナデナデ

澪「」ギュー

澪「」ギュー

澪「」ギュー

澪「」ギュー

――

澪「はっ! もうこんな時間だ!」

澪「梓を抱きしめてると時間が経つのを忘れちゃうな////」

澪「梓が可愛過ぎるのがいけないんだぞ///」ツンツン

澪「明日は学校だし、お風呂に入って寝ちゃおう」

澪「有意義な一日だったなぁ」


澪「ふぅ、いいお湯だった」

澪「ん? どうしたの、梓?」

澪「ふふ、ちょっとお風呂に入ってただけだよ。私が梓のことを忘れるわけないじゃないか」

澪「梓は心配症だなぁ。可愛いんだから///」

澪「ほら、もう夜遅いし一緒に寝よ」

澪「……え? ち、違うよそういう意味じゃ////」

澪「な、何上脱いでるんだよ////」

澪「ちょっと梓/// 駄目、私、もう///」

澪「あああああ梓可愛いよぉおおおおおおお////」チュッチュ


チュンチュン

澪「……うーん、朝か」

チラッ

澪「ふふっ、おはよう、梓」

澪「今日も最高に可愛いな///」

澪「梓は私の天使だよ////」

澪「いや、全世界の人にとっての天使だな///」

澪「きっと梓は皆に幸せを与えるために生まれて来たんだ」

澪「でも誰にも梓は渡さないぞ///」

澪「ねー梓♪ さて、学校の準備しないと」


澪「ふー、梓、ただいま///」

澪「寂しかったか?」ギュー

澪「いや、さっきまで梓と一緒にいたのに寂しかったっていうのは変だな」

澪「……なぁ梓、たまには私にも抱きついて来ていいんだぞ」

澪「え? 私に抱きつくのは恥ずかしい? もーしょうがないなぁ」

澪「じゃあ、私たちが抱きつくのは二人きりの時だけにしよっか」ギュー

抱き枕「」

澪「まったく、梓は変なところで恥ずかしがりやなんだから///」

抱き枕「」

澪「でも、可愛いなぁ///」ナデナデ

抱き枕「」

澪「……」

抱き枕「」

澪「」ジワッ

澪「やっぱり、違うよぉ……」グスッ

澪「本物の梓に、抱きつかれたいよぉ……」ヒック、ヒック