※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「じゃ、乾杯」
「乾杯です、澪先輩」

12月24日・・・今日、この日はクリスマスイブ。
私は最愛の後輩であり、恋人である梓を家に呼び二人きりでささやかなパーティーを開いていた。

クリスマスだからといって恋人と過ごす道理は無いけど、それでも。

「ごめんな、なんだかクリスマスって感じが余りしないかもしれないけど・・・」

テーブルにこそ、それなりの食事を用意はしているが部屋には特にこれといった飾り付けなどしておらず、部屋の片隅に申し訳程度に小型のクリスマスツリーが置かれてあるぐらいだ。

「そんな事ないですよ、飾り付けすればいいってものじゃないですしそれに・・・」
「それに?」
「こういった、おしとやかな方が私達らしくてなんかいいなって思います」

確かにお互い、装飾華美が好きというわけではないのでそういった意味ではこれはこれで良かったのかな。

「パーティーとかはもてなそうとする心が大事だって思うので、だから今日こうして澪先輩が私をもてなしてくれてすごく嬉しいです」

そう語りながら、梓はにっこりと笑ってくれた。

「そ、そっか・・・そう言ってくれるのは嬉しいよ。じゃ、食べよっか」
「はいっ、いただきますっ」

食事中、梓は終始柔らかな笑みを浮かべていてそれは本当に私と過ごすクリスマスを心から楽しんでいるようで私も自然と笑みがこぼれていた。




「澪先輩、ごちそうさまでしたっ」
「お粗末さまでした・・・って店で買ってきたのが大半だけどな」

デザートのケーキを食べ終え、食事が終わった所で先程から気になっていた事を聞いてみる。

「ところで梓、持ってきたその袋は?」
「あ、これはですね」

私が聞くと梓は持ってきた袋から何かを取り出す。

「どうぞ先輩っ、クリスマスプレゼントです」
「え・・・私に?」
「はい、受け取ってください」

プレゼントはクリスマスらしくリボンのラップの付いた、カラフルな包装紙に包まれている。

「開けてもいいかな?」
「はいっ」

包みを開けると、

「これは手袋か?」
「今まで使っていたのがだいぶ古くなったって聞いたので、ちょうどいいかなと思って」
「すごく嬉しいよ・・・ありがとう、梓!」

思わず抱きしめたい衝動に駆られるがここは少し我慢。それに私も、

「私からも梓にプレゼントを用意してたんだ」
「え、私にですか?」

私は自分の机の上に事前に用意しておいた、梓へのプレゼントを持ってくる。

「はい、梓への私からのクリスマスプレゼント。受け取ってくれるか?」
「わあ・・・マフラーですね」
「それ、一応自分で編んでみたんだけど・・・どうかな?」
「え!?このマフラー、先輩の手編みですか!?」

このマフラー、12月の頭辺りから学校から帰ってきた後で自分で少しずつ編んでいき、昨日に何とか完成出来たものだ。
うまく出来たか不安だったが、

「全然ほつれとか見当たらないですし・・・店で売ってるのと全く遜色ないです!凄いです!」

ぱあっと、梓は笑顔を輝かせてくれた。
不安はあったけど、自分で編んで間違いはなかった。

――大好きな梓の極上の笑顔を見れたのだから。

「な、なんだか照れるな」
「私、本当にすっごく嬉しいです・・・う、ぐすっ」
「梓?」




「す、すいません・・・ぐすっ」
「ど、どうした梓!?」

急に梓が涙を流しはじめ、思わず隣に駆け寄る。

「・・・クリスマスに澪先輩と二人きりで過ごせるだけじゃなくって、こんな素晴らしいプレゼントまで頂けるなんて、ぐすっ・・・」
「梓・・・」
「ほんとに嬉しくてっ・・・なんだか夢みたいで・・・ぐすっ」

私はそっと涙を拭ってあげると、梓を自分の胸に抱きしめた。

「あっ・・・」
「夢なんかじゃないよ・・・梓、私は今こうして梓と一緒にいる。クリスマスに梓と二人で一緒に過ごしたいと思ったから呼んだんだ」
「先輩・・・」
「だから梓とこうしてクリスマスを一緒に過ごせることが私も、本当に嬉しいよ・・・」
「私もです澪先輩・・・」

梓も私の背に腕を回し、しばしの間互いに無言ながら優しく、大切に抱きしめあう。
何をせずともそれだけで、凄く幸せな気持ちだったから。

しばらくそうしていた後、

「梓」
「なんですか、せんぱ・・・んっ」

そっと梓の顎を上げ、瞳を閉じて唇を重ねる。梓は少し驚いた様子だったが、全く抵抗はなかった。

「んんっ・・・」

少しした後に柔らかな唇の感触を離すと、梓はすっかり頬を紅潮させていた。
      • 何だかんだで私も同じように紅くしてるだろうと思う。

「・・・せ、先輩っキスするならするって言って下さいっ」
「ふふっ、ごめん」

軽く謝った後、お互いにもう一度ぎゅっと抱きしめあった。

「メリークリスマス、梓」
「メリークリスマスです、澪先輩」

クリスマスの夜は寒いけれど、私達の心はとても温かい。
クリスマスだからといって恋人と過ごす道理なんて無いけど、それでも。

それでも、恋人と過ごせるのならそれはきっと、きっと凄く温かくて何よりも、幸せ。

ね、梓――

(FIN)