※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 今日のお昼ご飯はちょっと奮発して、澪先輩おすすめのラーメンを食べに行くことに。

 で、入った店。
 厨房におばちゃんとおじさんが一人ずつの小さな中華料理店。お昼過ぎのせいかもしれないけど、人はまばら。
「今日は何食べる?」
 席に座るなり、おばちゃんが先輩に話しかけた。
「しょうゆラーメンをお願いします」
「あ、私もそれでお願いします」
 私は初めてなので、澪先輩と同じのに。
 ……初めてじゃなくても、先輩と同じの食べるけど!
「しょうゆラーメン2つね」

「あんまり人はいないけど、ここのラーメン美味しいんだよ」
 澪先輩がこそこそと小さな声で教えてくれたけど、おばちゃんには聞こえてたみたい。
「澪ちゃんいつも来てくれるのはうれしいけどさ、人いないは余計じゃないかい?」
「あわわわわごめんなさい」
「まあ人がいないのは事実だけど、美味しいって言ってくれるとうれしいね。作りがいがあるわね、ねえあんた」
 おうそうだな、と奥の方から声が聞こえた。

 ちょっと経って。
「しょうゆラーメン、二つお待たせねー。熱いから気をつけてねー」
「「ありがとうございます」」
 思わずハモって、『仲がいいわね』とおばちゃんが笑った。




「はい、澪先輩。先輩?」
 割り箸を二膳取って、一膳を澪先輩に渡そうとしたけど――ポケットの中とかバッグの中を探している。
 何か忘れたのかな?
「梓、ゴムある? 持ってきたつもりだったんだけど、忘れちゃって……」
「すみません、予備は持ってきてない――あ」
 予備は持ってなくても、もうつけてるじゃん。
 自分のツインテールを両方解いて、一個を澪先輩に渡した。
「これしかないんですけど、いいですか?」
「ありがと、梓」
「いえいえ」
 澪先輩に一つ渡して、自分も髪をしばった。流しておくとラーメン食べづらいからね。
 二人並んで、髪をしばって。

「「いただきます」」

  :
  :
  :

 ホント美味しかった。隠れた名店って感じなのかも。
 麺もほとんど食べ終わっちゃって、ゆっくりしてたらおばちゃんが話しかけてきた。
「そういえば、澪ちゃんに妹いたの? そっくりねぇ」
 おばちゃん! それは相当な衝撃発言です!
 澪先輩の顔も、(たぶん)私の顔もほんのり赤くなった気がする。
「え、あ……うーんと……」
「あ? でも前は一人っ子って言っていたような気が――」
「えええっと、それは―――」
 そこから澪先輩があーだこーだいってなんとかごまかそうとしてたみたいだけど。

 澪先輩と私が、そっくり。
 その言葉だけでも、天にも昇りそう。

  :
  :

 お昼ご飯を食べたはずなのに、澪先輩はげっそりとしていた。
 中華料理のおばちゃん、根掘り葉掘り聞いてたみたい。

 私は……うん、まったく聞いてなかった。すんごく浮かれちゃって。

「梓、家に帰るまでゴム借りて良い?」
「え? いいですけど……なんでですか?」
「ほら、梓と同じ髪型……も、いいかなって……」

 家に帰るまで、同じ髪型で街を歩きました。
 商店街の窓ガラスに映る私たちは、本当の姉妹のよう。

 私たち、姉妹のようで、本当は恋人なんです。