※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

梓「~♪」

澪「そうだ。梓、ちょっといい?」ゴソゴソ

梓「はい?」

澪「いや、梓の練習風景撮らせてくれないかなあって」

梓「わ、私のですか?えと、じゃあお願いします……」

澪「自然体でいいからな~、っと」ピッ

澪「よし、撮れた。ありがとね」

梓「……あの、澪先輩も一緒に写りませんか?」

澪「え…わ、私もか?」

梓「練習じゃなくて、澪先輩と記念に一枚と思って……。ダメですか?」

澪「わかった…自分を撮るのはあんまりやったことないけど」

澪「梓、もう少しこっち寄って」

梓「は、はい」ススッ

梓「このくらいですか?」

澪「ん。いいかな」ピッ


澪「……思いっきりぶれてる」




梓「ぷっ……」クスクス

澪「わ、笑うなよ」

梓「ご、ごめんなさい。もう一回撮りなおしましょう」

澪「そうだな。あと、梓ってカメラ向けられると緊張するタイプ?」

梓「へ?そ、そんなことないと思いますよ」

澪「そっか。私が緊張しやすいんだけど、さっきの梓からそんな感じしたから……」

澪「だから、次はそんなに硬くならないようにリラックスした感じで撮ろうか」

梓「リラックス、ですか?」

澪「ああ、梓が一番楽な風でいてくれればいいから」

梓「楽な風に……わかりました、やってみます」

澪「よし、撮るぞ」

ダキッ

澪「あ、梓!?」ドキ

梓「これが一番リラックスできるかなって思ったんですよ。あ、澪先輩私の頭に手を回してください」

澪「こ、こうか?」ギュッ

梓「そうです。ああ…やっぱり落ち着きますね」スリスリ

澪「うう……」

梓「あれ、今度は澪先輩が硬くなっちゃいましたね……緊張してるんですか?」

澪「も、もう!これじゃまた撮りなおしだぞ!」