※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は澪先輩の家にお泊り。
久しぶりのお泊りだから、楽しみでしょうがない。

梓「澪先輩、久しぶりの今日のお泊り、楽しみです」

澪「私もだよ」

澪「今日は、梓のためにこの前新しく買った下着、着けてるんだ」

梓「ほんとですか!?ちょっと見せてください」

澪「ば、ばか、夜のお楽しみだ」///

梓「え~、少しでいいので、見せてください」

澪「し、しょうがないなあ、ち、ちょっとだけだぞ」///

梓「す、透け透け!!!」ブシュー

澪「あ、梓大丈夫か!?」

梓(生きながらにして、極楽浄土を拝めるとは)

遠くなっていく、澪先輩の叫び声を聞きながら、私はそんなことを考えていた。




―――夕飯

澪「梓、お待たせ」

梓「澪先輩、こ、これは?」

澪「レバーパテを、レーズンパンで挟んだサンドイッチだよ」

澪「梓、さっき鼻血いっぱい出しちゃったからな」

梓「そ、そうですけど……」

澪「あれぐらいであんな風になっちゃうなら、今夜、梓倒れちゃうからな」

いつもと違う、澪先輩のセクシーな笑顔を見て、私の胸は、今夜の期待と不安でいっぱいになった。



おわり