※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「梓」

梓「? なんですか、澪せ……んっ!?」チュッ

梓「んんっ……ぷはぁっ、み、澪先輩、なにを!?」

澪「梓!」

梓「はっ、はい!?」ビクッ

澪「お前が欲しい!」

梓「え、ええっ!? で、でも私チビですし、おっぱいも大平原ですし……」

澪「身体が小さいことなんて関係ないさ」

梓「えっ///」ドキッ

澪「梓だから……私は欲しいんだ!」

梓「澪先輩……///」

澪「だから……いいか?」

梓「……は、はい、けど優しくお、お願いします……///」ドキドキ

澪「ん、努力はする」

梓「あっ……」ドサッ




梓「ふあ……もっと、その長い指でもっと……ふにゃあ」

純「やっと日直を終えて部室にやってきたら……」

憂「な、なんかすごい夢見てるみたいだね、梓ちゃん///」

純「長椅子で熟睡して、こんなニヤニヤした寝顔して……部長の威厳もなにもあったもんじゃないよ」

憂「でもどんな夢見てるんだろうね?」

純「ま、おおかた察しはつくけど……エロ猫め」

梓「えへ~、みおせんぱ~い……むにゃむにゃ」ゴロゴロ