※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

律「そうして、あっ……と思った時にはもう、生あたたかい血が、傷口からびゅばーっと……」

澪「ひあああああっ!!」

唯「りっちゃん、今のは私もこわいよ……」ガクガク

梓「私もちょっと、背筋が凍っちゃいましたよ」ブルブル

紬「うふふふ」ニコニコ

律「へへー、今回のは一世一代の恐怖話と言ってもいいぐらいだからな。まあムギを怖がらせられなかったのは残念だが……」

澪「ミエナイキコエナイ、ミエナイキコエナイ、ミエナイキコエナイ……」ガクガクブルブル

律「その分、澪を通常の三倍は怖がらせてやれたから良しとするか、はっはっは!」

梓「もう、律先輩ったら……んしょっ」ガタッ

梓「澪先輩」

澪「ミエナイキコエナイ、ミエナイキコエナイ、ミエナイキコエナイ……」ガクガクブルブル

梓「澪先輩、大丈夫ですよ。私だけを見てください」

澪「ミエナイキコエナイ、ミエナイキコエ……?」

梓「大丈夫です。私だけ見て、私の声だけ聞いてください」

澪「あ、あずさぁ……」

梓「大丈夫です。私がいますから……」ギュ

澪「うん……」ギュ

律「な、ななな///」

唯「おおっ」

紬「キマシタワー!」REC
梓「……落ち着きましたか?」

澪「ん……ああ、ごめんな、また梓にみっともないとこ見せちゃって」

梓「いいんです、澪先輩の助けになれて私、嬉しいです」ギュウッ

澪「ありがとう、梓……」ギュウッ

梓「澪先輩……」

澪「梓……」




律「こんの、部室のすみで二人だけの世界これ以上作らせてたま……むぐぐ!」

紬「ダメよりっちゃん、ここから最高潮なんだから……! 唯ちゃん、帰りにアイスおごるからりっちゃん止めてて!」REC

唯「そういうわけなので、りっちゃん隊長! ここは我慢してくだせえ!」ガッシ

律「くそー、アイスに買収されやがってー! もう当分怖い話なんてしてやんないかんな、ちくしょー!」ジタバタ