※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(……にゃあ)

互いに名前も思い出せない。それでも、一目で『あの娘』だとわかった。
気のない素振り、小癪な眼差し、どれもいつか見たあなたのまま。
この意地っ張り? しょうがないでしょ。これが私の稟性だもの。先に降参するのはいつも私。
辿り着けた、逢いたかった、さぁゼロから始めよう。いま出来る精一杯の恋をしよう。

ここが私たちの楽園だったのだ、と一緒に胸を張れるくらいにね。