※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

澪「梓っ」ギュッ
梓「ちょ・・・な、何ですかいきなり」
澪先輩が抱きついてくるなんてどういう風の吹き回しだろう?

澪「ねえ梓、梓は、私のことどんなふうに思ってるの?」
梓「え?!ど、どうって。な、なんていうか、その、憧れのセンパイって感じです//」
予想だにしない質問をされ、思わず声が上ずってしまう。

澪「ホントー?嬉しいなぁ、ギューッ」
梓「み、澪先輩は私の事どう思ってるんですか?」
澪「ん?梓のこと?可愛い妹みたいな、守ってあげたくなっちゃう大事にしたい人。」
梓「あ、ありがとうございます///」
澪先輩が私の事をそんな風に思ってくれてるなんて。思わず顔がにやけてしまう

澪「ねぇ、梓・・キスしようか?」
梓「え?な、何言ってるんですか!?」

澪「私とじゃ嫌?」
梓「・・・・・嫌じゃないです」
澪「ふふ、梓のそーいう素直な所、可愛くて好きだよ」

澪先輩は唇を寄せてきた。
私はずっとこうされたかったのかもしれない、澪先輩に。