※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紬「梓ちゃん大丈夫!?」

梓「ふぁ、ふぁーい‥だいひょうふれすよ~」フラフラ

ドン!

?「おっと‥」ガシッ

梓(いっと‥あれ? いま誰かにもたれかかっているような‥‥)

梓「‥っってええええ み、澪先輩!?//」

澪「大丈夫か梓? だいぶフラついちゃってるけど」

梓「はっははっははいっ! す、すいません急にぶつかったりして‥//」かぁ~っ

澪「まったくアイツらは‥梓ゴメンな、急に皆で変なことしちゃって‥」

梓「い、いいえ 私は別に大丈夫ですから!」

梓(受験前なのに私の心配までしてくれて‥やっぱ澪先輩は優しいな‥//)




澪「」じ~~~~っ

梓「‥‥って、えと、澪先輩、私の顔に何か?//」

ギュッ

梓「ちょおっ、み、みみみ澪先輩!?」

澪「ホントだ‥唯の言った通り抱き心地良いかも‥」ボソッ

梓「へ?み、澪先輩今なんて‥?」

澪(はぁ‥ずっと受験前のプレッシャーに負けそうだったけど何か落ち着いてきたかも‥)ぽわわ~ん

梓(ど、どどどどーしよう!? 澪先輩も凄くいい匂いするし何よりこの澪先輩ボディの柔らかさ!!
  この今まで味わったことの無い感覚‥それに誘ってくれたのは私の憧れの先輩‥
  あぁ、もうずっとこのままでいたい!離さないで欲しい!好きです澪先輩!)


梓「ぐへらっ!」ブフーッ!

憂「あっ梓ちゃん!!し、しっかりしてーっ!!
  ど‥どうしよう、梓ちゃんが美少女アニメのキャラとは思えないブッ倒れ方を‥」


唯「あずにゃん今日も大量(出血)だねー」

紬「今日も思わぬ収穫だったわ~」REC

律(梓もだけど澪も受験前の動揺からなのかかなりおかしく‥」


憂「ほら梓ちゃんも早く離れて!このままだと澪さんのコートに鼻血がっ!
  み、澪さんも何時まで梓ちゃん抱きしめてるんですかーっ!?」

澪「私‥もうずっとこのままでいたい‥」ぼーっ
梓「私もっ、私もです!!!」ぎゅーっ


律「もうどーすんだよコレェ‥」