※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ねえ、澪先輩。今日はどこに行きますか?」
「梓、その先輩と言うのそろそろやめないか?もう私達、学生じゃないんだし・・・」
「えー、澪先輩は先輩だから澪先輩なんですよ」
「うーん・・・ま、いいか」
「そうです。いいんですっ」
「ふふっ・・・じゃこれからもよろしくな、梓」
「はいっ、こちらこそふつつか者ですがよろしくお願いします澪先輩っ」

こうして学生生活を終えた後の二人の時間は、またゆっくりと流れていくのだった――

(FIN)