※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中学の担任 「はいはい!みんな席に着きなさーい!ホームルーム始めるわよー。」

生徒達 「せんせーきたー!」
    「やべぇー!」

担任  「えー、今日のホームルームは男女二人一組で演劇をやってもらいます。」

生徒達 「えーえーえー!」
    「そんなのできねーよ!」
    「演劇なんてやったことないしー!」
    「やだーー!」

担任 「はいはい!静かにー!今日は組を作るだけだからねー。安心してー。」
担任 「いいですかー?この箱の中に入っている「くじ」で組を選びますよ。」
   「それじゃ順番に引いてくださいね。
    男子は千葉君から、女子は丸井ひとはさん、引いたら後ろに回していってね。」


加藤 「おがちん、佐藤くんと組になれたらこんな幸せなことはないよね!」
緒方 「幸せってもんじゃないわよ…もう死んでもいい!!」
加藤 「だ、だめだよ!おがちん!死んじゃったら元も子もないよー!」
緒方 「ははは。冗談よ!じょうだん!真由美はまじめなんだからー。」

伊藤 「でも…佐藤くんのパートナーになれるのは一人だけなんだよね…。」

緒方・加藤 「そ、そうだね……」

伊藤 「私…佐藤くんのパートナーになった子…ぶっ殺しちゃうかも……なんてね!」

加藤  (詩織ちゃんならやりそうな気がする……ガクブル)

緒方 「あ、くじ回ってきたわよ。えっと…どれが佐藤くんかな…?」

担任 「それじゃ組を発表します。あ、それからここで決まった組は原則変更できませんよー。いいですね?」
   「では、ええっとまずは…田渕君と…丸井の…ふたばさん。」

田渕 「ええー!!ふ、ふたばとー?!」
ふたば 「たぶっち!よろしくッス!」
佐藤 「……」

担任 「次は…佐藤君…」

担任 「佐藤君と…伊藤さん!」

えーーありえないーー!!
うそーーー!!
よりによってなんで伊藤なのーー!!
ぎゃーぎゃーわーわー

伊藤 「ど、どうしようー♪」

緒方 「ちょ、ちょっと!詩織……!!」

伊藤 「おがちん。真由美ちゃん。ごめんねっ♪これパートナー変更できないからしょうがないよね♪」

緒方 「し、詩織…佐藤くん触ったりしちゃ、だ、だめだからね!」
伊藤 「え?どうして?「二人で」演劇するんだもん。それぐらいしちゃうかもしれないよ?」
緒方 「で、でも…」

伊藤 「おがちん。あのさ、こんな事言ったらあれなんだけど…。
    おがちんってさ私達より佐藤くんにいろいろ接触してるじゃない?
    小学校の時とか運動会の練習で佐藤くんと三人三脚したし、
    それに…よりによって佐藤くん足蹴に、しかも靴穿いたまま…したでしょ?
    あれの償いは?」
緒方 「えっ!!あ、ああれは…。」
伊藤 「おがちん、まだ償いは終わってないんでしょ佐藤くんに。
    おがちんの方が、それが終わるまで佐藤くんと接触しないことが、佐藤くんに対しての償いと思うんだけど…。」

加藤 「詩織ちゃん!それはひどすぎるよ!その件はもう許してあげようよ。あれは誤解だし…。」
伊藤 「ううん。避けようと思えば幾らでも避けることができたと思うよ。みつばを突き飛ばすとか。
    そうするとおがちんもいっしょに転んじゃうんだけど。
    佐藤君が靴で汚れちゃうことより自分が怪我しない方をおがちんは選んだんだよね?」
緒方 「そ、それは…」
加藤 「あ、あれは、みつばの突飛な行動におがちんがびっくりしてそれで…」

伊藤 「真由美ちゃんはおがちんを許してるんだね…。
    私、実はあの事はちゃっとまだ…。
    ということで、おがちん。ごめんね。あ、佐藤くんー♪」

緒方 「ふぐぐ…ぐすっ」
加藤 「お、おがちん。」
緒方 「ううん!あれは…私も迂闊だった。詩織の言う通りだわ。」
   「なにがなんでも佐藤君を汚しちゃいけなかったのよ…それを私、みつばのなすがままに…ぐすっ…」
加藤 「あ、あれは仕方ないよ!私もおがちんの立場だったら同じように…」
緒方 「ありがと…真由美…。」


伊藤 「佐藤君♪いっしょにがんばろうね!」
佐藤 「ああ…。」
伊藤 「早速今日からなにやるか考えよ♪…佐藤くんちで。ね。いいでしょ?」
佐藤 「え!俺んちで??」
伊藤 「だって…ボソッ、佐藤くんのお母様とも今の内に仲良くなっておきたいし…」
佐藤 「え?」
伊藤 「さあ、帰りましょー!」

緒方  (な、…なによ詩織のあの態度!佐藤くんにあんなにくっついて…許せない!)

加藤 「……詩織ちゃん。」

ふたば 「あれ?しんちゃん?どこッスか…? 
     おがちん、しんちゃん知らないッスか?いっしょに帰ろうと思ったのに…」

緒方 「し、知らないわよ!真由美、行こ!」
加藤 「わ、私ちょっと寄るところがあるから…ごめん。おがちん!」タタタタタ…
緒方 「ま、真由美!…」


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<緒方家>

一郎太 「愛梨の作ったごはんは最高だー!世界一美味しいよー」パクパクパク!
愛梨 「お、お兄ちゃん!あわてて食べたらだめだよ!よく噛んで食べなきゃ。」
一郎太 「だって美味しすぎるんだもん!愛梨の作ったごはんがいけないんだよー。」パクパクパパク!!
愛梨 「もう!お兄ちゃんたらー///」

一郎太 「愛梨…ううう…。」
愛梨 「ど、どうしたの?お兄ちゃん?」
一郎太 「愛梨は…愛梨は…お兄ちゃんの好きなおかずをいつも一生懸命考えて作ってくれてる…。
    そんなこと考えてたらちょっと感激しちゃったんだ…いつも美味しいごはんありがとう…。」
愛梨 「そんな…愛梨だってお兄ちゃんの喜ぶ顔…見たいし…///」
一郎太 「愛梨…」
愛梨 「あ、お兄ちゃん。ほっぺたにごはんつぶついてるよ!取ってあげる。」

愛梨 「ほら!取れた。ぱくっ。えへへ。おいしっ。」

一郎太 「(愛梨…か、かわいすぎる!!)愛梨、あのな…。今日…アレ…ダメ?」
愛梨 「…アレでしょ?どうしよっかなー?///」
一郎太 「お願いします!愛梨ー!」
愛梨 「んふふ。うん。いいよ///」
一郎太 「やったー!よーし!!今晩は新婚さんごっこだー!!」
愛梨 「もう。お兄ちゃんったらー///」




愛梨 「あ、あん!…痛っ…ま、待ってお兄ちゃん! や、やっぱり入んないよー!」
一郎太 「ご、ごめん!大丈夫?ちょっとみせてごらん。よいしょっと」
愛梨 「やん!」コロン!
一郎太 「アソコは…こんなに濡れてるのにな…まだ無理なのかな…。小指は入るのに。」チュププッ!
愛梨 「あ…だ、だめだよう…。で、でもお兄ちゃんの大きいから、やっぱり入んない…。ごめんね。お兄ちゃん…。」
一郎太 「気にするな。愛梨のアソコ、まだ子供みたいにかわいいもん…。まだ入れちゃダメって言ってるんだよきっと。」
    「でもごめんな…。ついあせっちゃった…。痛くしちゃって…ごめん。」
愛梨 「ううん。愛梨ね、お兄ちゃんを気持ちよくさせたいの。…どうしたらいいのかな…。」
一郎太 「愛梨…。そうだ、ちょっとづつ入れる練習しよっか?」
    「はじめは先っぽだけで愛梨のと、擦り合いっこして…。これはこれですごく気持ちいいし!」
愛梨 「///うん。じゃそれやってみよ♪…えっと…」
一郎太 「…よいしょ…ほら…こうやって、愛梨のかわいいアソコとお兄ちゃんのおちんちんがキスしちゃって…」
愛梨 「あ…」
一郎太 「そんで、コチョコチョって…あ…あ…」

くちゅっ…ちゅくちゅくっ…ぷちゅっ…くちゅくちゅ…。

愛梨 「ふわああああ!…お、おにいひゃン…これ…すごくきもちいいよーー」
一郎太 「お、お兄ちゃんも…あ、……愛梨…き、キス…口もキスしよう…」
愛梨 「うん…お兄ちゃん…んんーー…ちゅぱグチュちゅぱちゅぱ…」
一郎太 「ぷふぁああああ…愛梨ーーーだ、大好きだあーーー!!」
愛梨 「おにいちゃあーーーん!!」


::::::::::::::::::::::


一郎太 「愛梨…チュッ!すごくよかったよ。」
愛梨 「えへへ!ほっぺたくすぐったいよ!…お兄ちゃんも気持ちよかった♪えへへへ///」

一郎太 「…でもなんだか今日の愛梨ちょっと元気ないね?」
愛梨 「え!…そ、そんなことないよ!」
一郎太 「ううん!お兄ちゃんは愛梨のことなら何でもわかるんだ。」
    「誰かとけんかした?それともストーカーに…ストーカー…!!もしかしたら、これか!」
    「愛梨は鴨中で一番かわいいからな!…うう!許せん!逮捕してくれる…!」

愛梨 「そ、そうじゃないよ…。」


愛梨  …そうだ。詩織を…佐藤くんのストーカーってお兄ちゃんに言っちゃえばいいんだ! 
    本当はあの眼鏡竹刀女なんだけど…。
    でもそしたら、詩織は捕まって、佐藤くんから離すことができる…。
    でも…。…ううん!言っちゃおう!言っちゃえ!あんな子逮捕されちゃえばいいんだ!
    詩織が…そう、詩織が悪いんだもん、自業自得なんだもん……!!

一郎太 「どうした?愛梨?」
愛梨 「…あ、あ、あのね、お兄…」
一郎太 「あ、そういえば、さっきのストーカーもしかしたら伊藤…
     えっと下の名前なんて言ったっけ…忘れちゃったけど、もしかしたらその子が愛梨のストーカーなのか?」
愛梨 「えっ!…な、なんで…それを…。」

一郎太 「やっぱり!今日交番に鴨中の女の子が来て、同じ学校の男子がストーカーの被害にあってるって報告が…

     …ってあれ?男子…? なーんだ!男の子か!愛梨じゃなかった!よかったー!ウッカリウッカリ

     …っとすると、あの佐藤って子か?ストーカーにあってるのは!
     小学校の時PTAの議題に上がった…」

愛梨 「ぴ、PTA…?議題…??」

一郎太 「よし!愛梨がターゲットじゃないとしてもいつそうなるかもしれないし、これはほっとけない!
     早速明日から鴨中パトロール強化とその伊藤って子の取調べだ!」
愛梨 「と、取調べ…!や、やっぱりそんなことしなくていいよ…お兄ちゃん。鴨中結構平和だし…愛梨大丈夫だよ…。」

一郎太 「大丈夫。心配するな。お兄ちゃんがすべて解決してあげるからね!むふー☆」

愛梨 「や、やめてお兄ちゃん…お願い…。」

愛梨  (も、もしかしたら…そのPTAの議題に上がったストーカーって…私達?)




≪一週間後のホームルーム≫


担任 「はい。みんないいのできたかな?それでは早速披露してもらいます。」
   「では、一番手は…田渕君とふたばさんの組。お願いします。」

田渕 「えー!最悪…一番手かよ…とほほ。」
ふたば 「たぶっち!一番っスよ!一番はすばらしいものッスよ!」
田渕 「こんな一番はいらね…」

田渕「えーではー俺とふたばでーなりきり劇をしまーす。」
ふたば「たぶっちが千葉氏の役で、小生がしんちゃんをやりまーす!でははじまりはじまりー!」



田渕「お、おう!佐藤!い、一緒に帰ろうぜ!」
ふたば「おう!千葉!ふたばもいっしょに…おーいふたばー!」


生徒達  (田渕はともかく…ふたば…めっちゃうめーー!!!)


ふたば 「千葉…大変だ!ふたばがいねーよ…俺…もう生きていけない…」


生徒達 (改変ひどすぎ…)


田渕 「佐藤!しっかりするんだ!お前には…お前にはもっと大切なものがあるじゃないかー!」
ふたば 「ふたば以上に大切なもの?ばかやろうー!そんなもん、あるわけないだろうーー!!」
    「お前みたいにおっぱい馬鹿じゃないんだ俺はー!」


生徒達  (おっぱい馬鹿って…ふたばからこの言葉を聴けるとは…)


田渕 「確かに俺はおっぱい馬鹿だ。しかしお前はふたば馬鹿であると同時に…」

ふたば 「同時に?」

田渕 「ぱ、ぱ、パンツ馬鹿でもあるんじゃなかったかーー!!」

ふたば 「!! そうだ…俺は俺にはパンツがあったんだ…パンツがあったんだーー!!!」
    「でも…ふたばも忘れられない…」

田渕 「元気を出せ佐藤!ふたばはいつかお前の元に帰ってくる。
    それよりも目の前のパンツだ!ほら!」

ふたば 「こ、これは…!千葉…。」
田渕 「佐藤…。」

ふたば 「やっぱりパンツはみつばのが最高だな!クンクン!パンツ最高ー!!」



ふたば 「おしまい!えへへ。」
田渕 「以上です…とほほ。」

みつば 「ちょ、ちょちょっと!なにしでかしてくれてるのよ!馬鹿ふたば!!もう!
     田渕いつまで持ってんのよ!それ早く返しなさいよ!この変態!///」

ふたば 「へへへ。めんごめんご。みっちゃんのパンツ小道具に使わせてもらったっス。」

田渕  (変態呼ばわりされるし…最悪だ…)
佐藤  (ふたばいいかげんにしろ……最悪だ…)
千葉  (うん。ありだな!田渕ふたばGJ!最高!)

緒方・伊藤・加藤 
    (ち、違うのよ。これはふたばなのであって佐藤君ではないのだから…落ち着け落ち着け…)

担任 「二人とも良く友達の特徴をつかんでいて良かったですね。
    ふたばさんは佐藤君そっくりで先生もびっくりしちゃいました。」

佐藤  (特徴つかんでねーよ…とほほ)

担任 「それでは次。えっと、佐藤君と伊藤さん。お願いしますね。」

佐藤 「そ、それでは、えっと…二人でロミオとジュリエットもどきをやります。」

えーえーえーえー!
だめーー!
そんな女になんでーー!佐藤君ーー!

担任 「静かに!」

緒方  (…?なんだか詩織元気ないみたいだけど…)



佐藤 「ジュ、ジュリエット!わ、私はお前が好きだ!け、結婚しよう!!」
伊藤 「…うれしい。さ…ロミオ。」
佐藤 「大好きで大好きでたまらないんだよー!!」


生徒達  (また改変…脚本明らかに伊藤だな…)


伊藤 「でも、だめなの。ロミオとは結婚できない。もう別れるわ。」
佐藤 「えっ!そんな…!こんなに好きなのに!やっぱりお父さんが大反対してるから?」
伊藤 「違うの…。私…。お友達がやっぱり大事なの!」
佐藤 「お、お友達?」
伊藤 「そうなの。…あなたとのすべてを決して忘れないわ…でもそれより大事なものがあるって気付いたの。
    そのお友達と離ればなれになるなんて…やっぱりやっぱり…ぐすっ…」

伊藤 「私、お友達のほうが大事なのーーー!ごめんねーー!佐藤くんーー!!」セイトタチ(サ、サトウッテ イッタ!!)


加藤  (詩織ちゃん…)
   「詩織ちゃんごめんねーーー!わーん!」
伊藤 「ま、真由美ちゃん…?」
緒方 「詩織…。」

伊藤 「おがちん、真由美ちゃん…ごめんね。私、浮かれちゃってた…。それでおがちんにひどい事言っちゃって…ぐすっぐすっ。ごめんね。ぐすっ…」
緒方 「し、詩織が謝ることなんてないわよ…。私だって詩織の立場になったら…」

伊藤 「あのね、佐藤くんちで劇の練習してた時、お巡りさんが…おがちんのお兄ちゃんが来たの…。
    それで伊藤って子が佐藤くんをストーカーしているって言って私を捕まえようとして…。」

緒方 「え!? あわあわ!わ、私なんにも知らないわよ?!!」

伊藤 「それでね、佐藤くんのお母さんが私のことかばってくれて、今まで息子と仲良く勉強しているのに
    ストーカーのはずがない!むしろこの子はストーカーを見つけてくれたんだって。
    そしたらおがちんのお兄ちゃんあきらめて帰ってくれたんだけど…。」
緒方 「そそそそーなんだ…。か、帰ったらお兄ちゃんにきつく注意しとくね…。」

伊藤 「それで、佐藤くんに、最近のお前は友をないがしろにしているって、友達を大事にしなきゃいけないって言われちゃって。
    …えへへ。それで目が覚めたの。それから佐藤くんと一緒に協力して脚本も手直しして…」

緒方  (はじめはどんなのだったんだろう…劇の脚本…ま、大体想像つくけど…。)

伊藤 「おがちん、また隊に復帰してもいい?」
緒方 「も、もちろんよ!っていうか除隊なんてこの私が許さないんだからね!」
伊藤 「おがちん…。」

緒方  (ふう…もうおにいちゃんたら!だからやめてって言ったのに…。
     でも、お兄ちゃんに通報した子って…誰なんだろう…?)

加藤 「……」

佐藤  (まだ劇の途中なんだけど…ま、いっか。終わった終わった…ふう。)

担任 「友情の美しさがひしひしと感じられる内容でとても良かったですね。」

生徒達 (これロミオとジュリエットなんだよね……? 結構適当でいいんだ…この課題…)





ふたば 「やっとしんちゃんと一緒に帰ることができるっスよ…やれやれ。」
千葉 「でもふたば、お前めちゃくちゃ佐藤にそっくりだったな!褒めてやるぞ!」
ふたば 「やったー!わっしょーい!」
佐藤 「ふたば、改めて言っておくが俺はパンツなんか…」

ふたば 「あ、しんちゃん!千葉氏!きれいな夕陽だよ!ほら!」
千葉 「うむ。心が洗われるな。美しい。」
ふたば 「いつまでもみんな仲良しでいようねーーわっしょーーい!」タタタタタ…
佐藤 「ふたば…///」

千葉 「おい佐藤。」
佐藤 「な、何だよ?」
千葉 「惚れてるね?」
佐藤 「な!だ、誰にだよ?!///」
千葉 「………伊藤。」
佐藤 「ば、ばかやろ!んなわけねーだろ!」
千葉 「ははは。冗談冗談。ふたばふたば。」
佐藤 「ふう…びっくりさせんなよ。そう俺はふたばに惚れ…って何言わせんだよ!」
千葉 「ははは!ひっかかったひっかかった!悔しかったら追いついてみろ!はははははー!」タタタタ
佐藤 「あ、待て!このやろうー。待てよー千葉ー!ふたばーー!」



≪おしまい≫

~後日談~

緒方 「さてさて!新生SSS隊の誕生よ!一致団結なんだからー!」
伊藤・加藤 「いえっさー!」

加藤 「ん?クンカクンカ!詩織ちゃんからすごい佐藤くんの匂いがする!」
緒方 「あ!ほんと!クンクン!一週間も佐藤くんと一緒に過ごしたから?」
伊藤 「うふふ。実はね…ほら、これ穿いてきたんだ…」
緒方 「ボーダー柄のパンツ? でも、なんで、女物なのに佐藤くんの香りが?!」
伊藤 「だってほら佐藤くんって…女装フェチでしょ?佐藤君ちで洗濯物干すお手伝いした時に見つけて
    気がついたらカバンの中に入れちゃってたの…」
加藤 「でも、佐藤くんのお母さんのじゃ…。」
伊藤 「これとサイズの違う大き目のショーツあったし、これデザイン的に若い女の子向けでしょ?」
緒方 「確かに!で、でも佐藤くんの物を勝手に持ち出しちゃいけないわ。後で返さなきゃ…。」
伊藤 「うん…。そうする。」
緒方 「し、しかしそうは言ってもやっぱりこれは超レアアイテムよね!一番匂いの染み付くものだし…。詩織グッジョブよ!」

伊藤 「二人ともこの匂い満喫したいでしょ?いいよ。嗅いでも…。」
緒方 「スカートの中だけど……こ、この誘惑には抗えないわ……いただきます!」クンカクンカ!
伊藤 「ほら?真由美ちゃんもどう?」
加藤 「わ、私は…詩織ちゃんのスカートの中を嗅ぐなんてそんな……い、いただきまーーす!!」クンカクンカ!

佐藤  (げ! 変態集団が変態行為をしている…!ってさらにパワーアップしているし!!
     友達を大事にしろとか言わなかったほうがよかったのか…とほほ)


≪おしまい≫