※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「うわーー!おまわりのばかやろー!俺が何したっていうんだよーヒック!」
「パパっ!そんなとこで寝ちゃかぜひくよー!」
「もう!な、なんなのよ!大声出さないでよね!近所に丸聞こえじゃない!
 恥ずかしいったらありゃしない!!」
「ふたば、とりあえず家に入れて。」
「うん。よいしょっと。」

「めずらしいね…。パパがこんなに酔っ払って帰ってくるなんて。」
「確かに。なにかあったのかしらね、会社で。」
「パパ…かわいそうッス…。今日は小生が添い寝してさしあげるっす…。」
「そうしてあげて。」

「ちきしょー!俺の何が…俺が…俺が悪い…悪いのか……むにゃむにゃ…」
「パパ…泣いてるっス…」

「ね、みっちゃん。今日3人でパパを慰めてあげようよ?」
「は?…ま、まあ、しかたないわね。で、どういうふうに慰めるのよ?」
「添い寝」
「…そ、添い寝//////…べ、別にいいわよ。そ、それぐらい。で、だれが隣に寝るのよ?」

「ね、ふたば?」
「なんすか?」
「今日はみっちゃんに横、譲ってあげて」
「え!ええーそんなあ!」
「い、いいわよ!そんな…ふたばが横に寝なさいよ…って反対側空いてるじゃない?」
「そっちは私が寝る。」
「ええー!!」

「ひともパパのこと好きだったんスね…」
「まあ、親子だしね。でもふたばほどではないよ。今日はちょっとかわいそうだから。なんとなく。」
「いい、いいいいいいわよ!わたしは隅でひとり寝るわよ!…」
「みっちゃん、小生、今日はみっちゃんにパパ貸してあげる。」
「え…?」
「ほら!みっちゃん!パパのお腹もふもふして気持ちいいっスよ。それっ」
「キャッ!!」ボヨンボヨン!
「さすがみっちゃん。パパのお腹そっくり。弾力もそっくり。」
「///それどういう意味よ!!」

「くーくー」

「パパ…静かになったっスね。…いいこしてあげよう。いいこいいこ。なでなで」
「私もしよう。なでなで」
「わ、私も…しょ、しょうがない父親よね!なでなで」

(パパ…。いつも優しくしてくれてありがとう。大好き)

「みっちゃん。ほらあれ。ふたば寝ちゃったよ。」
「ふふふ。寝ちゃったらかわいいもんね。ふたばも。」
「でも、パパのモフモフ久しぶり。結構気持ちいいわね。ふたばの気持ちもわからないでもないわ。」
 結局ふたばが横に寝ちゃってるし…。…ご、ごめんね。ひとは…パパの横取っちゃって…」

「って、ひとはももう寝ちゃってるし!…位置変わってあげよう…。」
「って、ちょ、ちょっと、ひとは…は、離れなさいよ!動けないでしょ!お腹から手を離しなさいよ!」

「…むにゃむにゃ…パパ…モフモフ…。」

<おしまい>