※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宮下「うん。だから今日は学校休むらしいぞ」

みつば「はっ!いっつも似合いもしない薄っぺらい下着付けてるからよ!いい気味だわ」

宮下「いや、お前の風邪がうつったんだと思うんだが……」

吉岡「そんなこと言ったら可哀想だよみっちゃん。電話越しでも、杉ちゃんすごい苦しそうだったよ」

みつば「あっそ。私には関係ないもんね」

宮下「関係ないことはないだろ。だって友達じゃないか!」

みつば「はぁ!?私が!?杉崎と!?いつ!?いつ友達になったのよ!?」

宮下「こ、こいつ……」

みつば「お見舞いならあなた達が行けばいいでしょ。じゃっ」ポテポテ

吉岡「あぅ……」

宮下「あいつはまったく……」

みつば「ただいまー」

ひとは「ただいま」

みつば「さてと、おやつ食べよっと」

ひとは「それはいいけど、ちゃんと手は洗いなよ」

みつば「わかってるわよー」

ひとは「そういえば、今日は杉崎さん学校来てなかったね」

みつば「……どうでもいいじゃない、あんな奴」

ひとは「……」

みつば「な、何よその目は」

ひとは「……別に」

みつば「あっそ……さてと、おやつおやつ」

みつば「えーっと何かあるかな……あら、私クリームプリンなんて買ったかしら」

ひとは「みっちゃんが風邪引いた時杉崎さんが持ってきてくれたでしょ」

みつば「そうだったっけ……」

みつば「……これ食べよ」


みつば「いただきます……あむっ」

みつば「……おいひ」

ふたば「たっだいまぁー!あっ、みっちゃんがプリン食べてるー!小生にも一口ちょーだーい!」

みつば「だ、だめよ!」

ふたば「ぶぅ、みっちゃんのけちんぼー」

みつば「このプリンは絶対だめ!冷蔵庫にもう一つあるからそれ食べなさい!」

ふたば「え、いいの?わーい!」トテチテトテチテ

みつば「ふぅ……」

ひとは「……いつもはあげるくせに」

みつば「ひゃ!?う、うるさいわね!これは大好物だからよ!」

ひとは「へー……」

みつば「なによもう……」

翌日

みつば「……」

キョロキョロ

宮下「杉崎なら今日も休みだぞ」

みつば「は、はぁぁ!?ばっかじゃないの!?だぁれがあいつのことなんか心配するもんですか!?」

宮下(心配してるかなんて聞いてないんだけどな)

みつば「大体あいつバカのくせに風邪なんてひくんじゃないわよ!」

宮下「昨日お見舞い行ったけど、杉崎かなり辛そうだったぞ。何も食べれないみたいだったし」

みつば「そんなんだからいつまでも治らないのよ。風邪をひいても食べる私を見習うべきね」

宮下「いや、風邪の状態でお前ぐらい食欲ある人なんて滅多にいないと思うんだが……」

千葉「おい長女、そこ通りたいからどいてくれ」

みつば「うるさい!遠回りしなさい!」

千葉「な、何様だよお前!」

みつば「みつば様よ!このぼけ!くず!ばか!」

千葉「くぉんのアマぁ……」

佐藤「今日のみつばはいつも以上に荒れてるな……」

みつば「あーもう、なんかイライラするぅ!」

「先生さよーならー」

矢部「さようなら、気を付けてね」


みつば「結局イライラしっぱなしだったわ……もう最悪」

宮下「吉岡、今日も杉崎のお見舞い行くか?」

みつば「!」

吉岡「うん。杉ちゃんのこと心配だもん」

みつば「ね、ねぇ……」

宮下「ん?もしかして一緒にお見舞い行くのか?」

吉岡「ほんと?きっと杉ちゃん喜ぶよぉ」

みつば「い、行くわけないでしょ!私はこれからお菓子買いに行くの!あんな奴のお見舞い行くほど暇じゃないんだから!」ポテポテ

宮下「なんだあいつ……本当に素直じゃないなぁ」

吉岡「みっちゃん……」

【コンビ二】

みつば(さてと、何買おうかしら……)

みつば(スナックもいいけどスイーツも捨てがたいわね)

みつば(あ……ゼリー)

みつば(……こういうのなら食欲無くても食べられるかしら)

みつば「ってなんで私がそんなこと考えなきゃいけないのよっ!」

ざわっ

みつば「あ……うぅ……」

【丸井家】

ふたば「ただいまー!」

ひとは「おかえり」

ふたば「あれぇ?みっちゃんはまだ帰ってないの?」

ひとは「……友達の家に行ってるんじゃないかな」

ふたば「そっかぁ。小生も一緒に遊びたかったなぁ」

ひとは「遊びに行ってるとは限らないよ」

ふたば「え?どういうこと?」

ひとは「……さあね」

ふたば「?」


【杉崎家】

宮下「それじゃ、私たちそろそろ帰るよ」

杉崎「も、もう帰っちゃうの?」

吉岡「私達がいると杉ちゃん寝れないでしょ?」

杉崎「でも、もうちょっといてよぉ……」

宮下「だめだめ。早く寝て一日でも早く学校に来れるようにしないと」

杉崎「うぅ……」

吉岡「みっちゃんも、すごい心配してたよ」

杉崎「あいつが?うそだぁ……」

宮下「本当だって。昨日も今日も杉崎がいなくて落ち着かない様子だったぞ」

杉崎「……あっそ。別にどうでもいいわ」

宮下「素直じゃないなぁ」

杉崎「うるっさい!帰るならはやく帰って!」

宮下「はいはい、じゃあな」

吉岡「お大事にね、杉ちゃん」

ガチャ

バタン

杉崎「あ……」


杉崎「……寂しい」

みつば(……なんで私は杉崎の家にいるのよ!)

みつば(そうよ!あいつが風邪をひいて弱った姿を笑いにきたのよ!)

みつば(普段のお返しいっぱいしてやるんだから!)

ピンポーン

杉ママ「はーい……あら、みっちゃん!」

みつば「こ、こんにちは」

杉ママ「一人でくるなんて珍しいわね!お菓子食べにきたの?」

みつば「いや……その、杉崎の……」

杉ママ「へ?私?」

みつば「違……えっと……み、みくの方を見にきたの」

杉ママ「あ、みくちゃんのお見舞い!?ありがとう!」

みつば「お、お見舞いなんかじゃないわよ!見にきただけ!」

杉ママ「うふふ、みくちゃんはお部屋にいるからね」

みつば「……おじゃまします」

杉崎「……けほっ」

杉崎「みつばが私のこと……」

杉崎「いや、ありえない。ありえないわ」

杉崎「あのみつばが私のことを心配するなんてありえないわよ!」

ガチャ

みつば「私がなんだって?」

杉崎「み、みつば!?なんで!?」

みつば「ふん、あんたの弱った顔を見て笑いにきたのよ」

杉崎「あんた、一人できたの?」

みつば「聞いてないし……そうよ」

杉崎「一人で……」

みつば「ちょっと、何ニヤニヤしてるのよ」

杉崎「べ、別に悪い意味でニヤついたわけじゃなくてぇ!」

みつば「わかったから、あんまり興奮すると悪化するわよ」

杉崎「あ、うん……」

みつば「私の風邪がうつったんだって?」

杉崎「そうとは決まってないけど……」

みつば「まぁ、そうだとしたら私の風邪がうつったことに感謝しなさいよね。超レアモノよ」

杉崎「あんたねぇ……」
杉崎「一人で……」

みつば「ちょっと、何ニヤニヤしてるのよ」

杉崎「べ、別に悪い意味でニヤついたわけじゃなくてぇ!」

みつば「わかったから、あんまり興奮すると悪化するわよ」

杉崎「あ、うん……」

みつば「私の風邪がうつったんだって?」

杉崎「そうとは決まってないけど……」

みつば「まぁ、そうだとしたら私の風邪がうつったことに感謝しなさいよね。超レアモノよ」

杉崎「あんたねぇ……」

みつば「……この間あんたからもらったプリン、まぁまぁ美味しかったわよ」

杉崎「え……」

みつば「だから今日はそのお返し持ってきてあげたんだから感謝しなさい」

杉崎「お返しって……別にいいわよ」

みつば「勘違いしないでよね、あなたに借りを作りたくないだけよ!ほら、これ」

杉崎「ゼリー……」

みつば「ふん、どうせ庶民の食べ物って馬鹿にするんでしょ?好きにしなさいよ」

杉崎「……ありがとう」

みつば「ひゃわっ!?なに素直にお礼言ってるのよ!この……ばか」

杉崎「言いたいから言っただけよ……ばか」

みつば「ま、まぁゼリーなら食欲なくても食べられるかもでしょ。食べたくなったら食べなさい」

杉崎「今、食べたい……」

みつば「今?そう、勝手に食べれば」

杉崎「うん……うぐっ……けほっ」

みつば「……」

杉崎「けほけほ……んしょ」

みつば「……ああもう!無理して起き上がるんじゃないわよ!」

杉崎「でもそれじゃあどうやって食べるのよ……」

みつば「……私が食べさせてあげるわよ」

杉崎「みつばが、私に?」

みつば「嫌ならいいわよ!私帰るから!」

杉崎「あ、食べさせてぇ!」

みつば「最初からそう言いなさいよ……ほら……あ……あ、あーん」

杉崎「あ、あーん……」パクリ

杉崎「……おいしい」

みつば「あ、当たり前でしょ。私が食べさせてあげてるんだから」

杉崎「……そうね」

みつば「認めんじゃないわよぉ!」

杉崎「え……ごめんなさい」

みつば「あーもう調子狂うわね!ほら、あーん」

杉崎「あーん……むぐ」

みつば「本当なら一口につき一万円取るところよ。今日は特別大サービスなんだから!今度高級なスイーツ奢りなさいよ!」

杉崎「うん……ぐすっ」

みつば「……あんた、泣いてるの?」

杉崎「ひっく……うるさぁい……」

みつば「な、何で泣くのよバカ」

杉崎「だ、だってぇ……みつばがお見舞いに来てくれるなんて、思ってなかったからぁ……ひぐっ」

みつば「だからお見舞いなんかじゃ!」

杉崎「みつばぁ」

みつば「な、何よ」

杉崎「本当にありがとう……」

みつば「……どういたしまして」

みつば「じゃあ私、もう帰るから」

杉崎「うん」

みつば「はやく治しなさいよ。私の風邪のせいで寝込まれてると思うと気分悪いんだから」

杉崎「うん」

みつば「それと……あんたがいないとほんのちょっとだけ。本当にほんのちょっとだけ寂しいんだからね」

杉崎「……うん」

みつば「……じゃあね」

ガチャ

バタン

杉崎「……けほっ」


【丸井家】

みつば「ただいまー」

ひとは「おかえり。随分遅かったね」

みつば「べっつにぃ。お菓子買ってたのよ」

ひとは「ふーん……そのお菓子は?」

みつば「……今日はいいお菓子が無かったから何も買って無いわよ」

カサッ

ふたば「みっちゃん何か落ちたよー。えーっと……ゼリー、二百十円」

みつば「わぁぁ!勝手に見ないで!」

ひとは「何も買ってない、ねぇ」

みつば「う、うるさぁい!」

【二日後】

杉崎「おっはよー!」

宮下「杉崎!もう大丈夫なのか!?」

杉崎「ええ、もうばっちりよ!」

吉岡「よかったぁ。杉ちゃんいなくて寂しかったよぉ」

杉崎「ふふん、やっぱりこのクラスは私がいなきゃ駄目ね」

みつば「あー、鬱陶しいのが戻って来たわ」

杉崎「な、なんですってぇ!?」

みつば「あーら聞こえちゃった?ごめんなさぁい」

杉崎「みつばぁ!」

宮下「はは、相変わらずだな」

吉岡「でもみっちゃん嬉しそう」

ひとは「……うるさいなぁ」

杉崎「ちょっとみつば!」

みつば「何?」

杉崎「これ、あげるわよ。一昨日のお礼」

みつば「何この箱?時限爆弾?」

杉崎「違うわよ!チョ……チョコよ」

みつば「チョコォ?あなたが?私に?あっやしぃ」

杉崎「正真正銘のチョコよ!一粒五百円もするんだからね!」

みつば「なお怪しい。どれどれ」ガサガサ

みつば「……まぁ、見た目は普通だけど毒入りなんじゃないのこれ?」

杉崎「本当に失礼ね!じゃあ食べなくていいわよ!」

みつば「い、一応食べてあげるわよ。
毒味として」

パクリ

みつば「ふぉいひぃぃぃ……」

吉岡「みっちゃんすごい幸せそうな顔……」

宮下「でも杉崎、なんでみつばにチョコあげたんだ?」

杉崎「別に……」

宮下「別にはないだろ。正直に言ってみろって」

杉崎「何でもないわよ!みつばだからあげたのっ!」

ザワザワ

宮下「み、みつばだから……!?」

吉岡「きゃー!杉ちゃんとみっちゃんってそんな関係だったの!?」

みつば「は、はぁぁ!?何言ってんのよ!ねぇ杉崎!?」

杉崎「えと……」

みつば「ちょっと!ちゃんと否定しなさいよバカ!」

吉岡「杉ちゃん、みっちゃん!私応援してるからねー!」

ヒューヒュー

みつば「な……な……」

みつば「……もうみんなまとめてカラッと揚げられて死ねーっ!」


終わり。