※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これはこれでまた、別のお話。

──三月二十日日曜日・昼──
「み、みつばちゃんどうしたの……!?いきなり来てそんな事……」
「いいから!私の言うこと聞きなさい!!あんたは後五年は童貞でいなさい!彼女も作るんじゃないわよっ!結婚なんてもってのほかっ!!」
「で、でも、いい加減両親も孫の顔が見たいって……」
「い・い・か・ら!!」
「……うん、わかったよ」「ふんっ!!」

「ひとはの事、幸せにしなさいよ」

そう言って、力強く扉を閉めた。

「……ありがとう、みつばちゃん」


それはそれでまた、別のお話。