※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「詩織!ちょっとどういうつもり!?」
「え?お、おがちん。なに??」
「佐藤くんアイテムゲットしたでしょ?もうわかってるんだから!
佐藤くんアイテムは3人で平等に愛しむのが私たちのルールよ!
ほら、早く出しなさいよ!」

「おがちん…。私…。」

「リコーダー?上履き?それとも消しゴム?…って全部確認済みよね…?
何をゲットしたというのよ!私にもそれ早く見せてよー詩織~!」

「わ、わたし…佐藤くんのこと、だ、だ、大ッ嫌い!!!」

「!!」
「!!」

「えへへ…言っちゃった。私…SSS隊、やめなきゃいけないよね?
佐藤くんのこと嫌いって言っちゃったもん…。」

「ななな…何言ってるのよ!詩織!」
「詩織ちゃん!」

「私、…他の男子が好きになっちゃったんだ…だから…」
「誰よ!その男ってのは!」
「……秘密だよ。」
「詩織!あんたと私の今迄は一体なんだったのよ!
只の友達だったの?違うでしょ!?
私たちは固い絆で結ばれてて…」

「おがちん。もうやめようよ。佐藤くん追いかけるの。」

「!!」
「し、詩織ちゃん!一体どうしちゃったっていうの!!
それに…今日の詩織ちゃん…すごく佐藤くんの匂いがするけど…まさか…」

「ち、違うよ!…き、昨日偶然佐藤くんとぶつかっちゃったからだよ。ほんとだよ?」

「でも、なんで急にそんなことを言うの…?詩織ちゃんおかしいよ!」
「だって、もう、私たち中2になるんだよ?
佐藤くんだっていつまでも私たちに付きまとわれたら迷惑だと思うし…。
それで、いい加減こんなことしてちゃだめだなって思って…」

「そ、そんなことで佐藤くんを諦めたわけ?詩織は!
他の男のほうがいいなと思っちゃうわけ??おかしいじゃない!!」

「…ごめんなさい。さっきの他の男の子って言うのは嘘…。私佐藤くんに告白しようと思ってるんだ。」

「!!」
「!!」

「だって…佐藤くんはひとりなんだよ?私たち…いずれはライバル同士になるってことなんだよ…?」

「そ、それは…!」

「おがちんも真由美ちゃんも佐藤くんに告白しないの?いつまでもこそこそとストーカーじみたことをし続けるの?
私、もうそんなのいやなんだ…」

「し、詩織のばかああああー!!」タタタタタター
「お、おがちん!! 
詩織ちゃん!おがちんを泣かすなんてひどすぎるよ!待ってーおがちんー!」

「…ごめんね、おがちん…真由美ちゃん…」





「よーしっ!いいぞ!丸井!タイムも順調に伸びてる!
ほんとお前は天井知らずだなあ…。一体どこまで速くなるのやら。あきれるぐらいだよ。」

「はあはあはあ!…え、えへへへへー。だって約束したんだもん!」
「約束?」
「しんちゃんとオリンピックでウイニングラン走るの!」
「佐藤と?佐藤もオリンピック?無理だろ?」
「違うよーあはははー。先生もしんちゃんと同じ勘違いしてるーあはは。」
「??」

「優勝した後、トラックにしんちゃん呼んで二人で手を握って一周するんスよ。」
「なんだ、そっか。まあお前なら実現可能だ。恐れるに足らず。俺はそんなことよりももっと…」
「もっと?優勝よりもっとなにかあるんスか?先生?」
「いやいやいや。お前はとにかくタイムを伸ばすことに集中しろ!
男子であろうがお前の前を走ることは許されないぐらいにな!」

「?ここにはもう小生より速い男子はいないっスよ?」
「世界の男子。お前が世界一速くなれってことだ。」
「小生が…世界一…。うううう、なんだかやる気がみなぎって来たっス!!」オオオオ
「ようし!その調子だ!でも今日はこれぐらいにして…っておーい丸井ー!」


しんちゃん…待っててね…。
小生、しんちゃんがびっくりするぐらい速くなって帰るからね…。






ねえ知ってる?

なになに?
あのさー伊藤詩織のこと!
あの子わたしあんまり好きじゃないなー
それなんだけどさ、あいつ、佐藤くんと付き合ってるらしいよ!
えええ!うそ?!だって佐藤くんはふたばとじゃないの?
それがどうも違うのよ!私も見ちゃったの!佐藤くんが伊藤と一緒に帰ってるのを!

またまたー。佐藤くん私もいっつも見てるけど伊藤とは一言たりともしゃべってるの見たことないし
帰る時だっていつもひとりか千葉とか男子勢とばかりだよ。ふたばが合宿行ってから。
あまい!あますぎるなー!それがさー待ち合わせしてるのよ。途中で!
ええええ!うそー!
ほんとだって!身体ピッタリくっつけちゃって、もう私怒り心頭だったわよ!もう!
なんだとー!伊藤のやつこそこそと!もう死ねばいいのに!許されることじゃないよ!全く!
ほんと!死んじゃえ!って感じよね!

そういえばあいつ髪型もふたばみたいにしちゃってどういうつもりなのかね、ほんと。
ふたばに似せようって媚売ってるのありありだね。伊藤らしい。
それよか佐藤くん趣味わるいよ~!ふたばとだったらしゃーないかと思ってたんだけどなあ。
ショックだよ。
うんホント、いろんな意味でショックだよね…。


し、詩織ちゃん…!!





「佐藤くん」
「あ、伊藤。待たせたな。誰にも見られなかったか?」
「うん。大丈夫だよ。」

「…ごめんな。おまえと会ってるってみんなに知れ渡るといろいろややこしくなって…ほんとうにごめん。」
「えへへ。そんなこと私が一番知ってることだよ。おがちんとか真由美ちゃんに知られちゃったら大変だもん。」
「うん…。なぜだかあいつらに申し訳ないような…悪いことしているような気がしてるんだよな…正直。」
「私も。でも、そんなこと気にしてたら誰ともお付き合いできないし…しょうがないよ。」
「そうだよな…。」

「しんちゃん!しんちゃんは悪くないっスよ!小生がなでなでしてあげるっスよ!」

「!おま…。びっくりするなあ。ふたばが帰ってきたと思ったよ!」
「えへへごめんね。」

「でも…もし…ふたばが帰ってきて俺がふたばの方に…いってしまったら…どうする?」

「!… わ、わたしは大丈夫だよ。こうやって佐藤くんと一緒に帰ったり手をつないでくれたり…
そんな夢みたいなこと実現したんだもん。もう十分すぎるぐらいのことが叶ったんだもん。
佐藤くんがふたばちゃんの方に行っても私は……」


ぎゅうううう!


「さ、佐藤くん!///」

「お、俺は一体何を言ってるんだ…!俺自身がふらふらして…なにやってんだ俺は!!
ごめん…伊藤。俺、もう迷わないよ。俺はお前が好きだ。
優しいお前が好きだ…!
もうこそこそ会うのも止めよう!正々堂々と俺とつきあってくれないか…?」

「さ、佐藤くん…。うん…うれしいよぉ…ひっく…」
「泣くなよ…ごめんな」
「でも、ふたばちゃんは…?」

「ふたばは、あいつはもう俺たちの世界の人間じゃないんだ…
俺がいくら待っててもあいつはどんどん遠い世界にいってしまう。
あいつはあいつの世界で謳歌していくだろう…。
だから俺たちは俺たちの世界で生きていこう…今そう思ったんだ。
伊藤がいてくれて俺は本当によかったよ…ありがとう」

「佐藤くん…//////」




詩織ちゃん……伊藤詩織……!!!








『黒魔術マニュアル~あなたもこれで今日から魔女かも?!』

「ありがとうございましたーまたおこしくださいませー」


詩織ちゃん…
おがちん泣かしちゃって許せないよ…
佐藤くんもひとりじめしちゃって…
そんな悪い子は生きてても意味ないよね…
みんなもそう言ってるし…
死んでも仕方ないよね…

カリカリカリカリ…

伊藤詩織伊藤詩織伊藤詩織伊藤詩織伊藤詩織
伊藤詩織伊藤詩織伊藤詩織伊藤詩織伊藤詩織
伊藤詩織伊藤詩織伊藤詩織伊藤詩織伊藤詩織
伊藤詩織伊藤詩織伊藤詩織伊藤詩織伊藤詩織
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね




「あれ!?しんちゃんは?しんちゃん知らないっスか?」

「お、ふたば久しぶり! なんだお前合宿は?」
「今日はオフっスよ!」
「オフって…なんだか芸能人みたいだなスゲーよ、はははー!」
「しんちゃんはもう帰っちゃったっスか??」
「あ、そっか。お前知らないんだったな。」
「??」
「ふたばー。お前もう佐藤にくっつきまわるんじゃねーよ?」
「ど、どういう意味っスか??」
「あのな、ふたば。佐藤にはなあ恋人が出来ちまっ…ふぐぐっあにすんだよ!」
「ばか!よせよ!ふたばにそのこと面と向って言う奴がいるかよ!」
「そっか…めんごめんご」

「こ、恋人って…な、何?」
「さ、さあな。本人に直接確認してみろよ。さっき帰ったところだからさ。佐藤のやつ」

ダダダダダー!

「ばかだな!おまえは!」
「だってさ、いずれわかることだろ!」




「佐藤くん。」
「ん?」
「私、おがちんと真由美ちゃんに悪いことしちゃった・・・。」
「何が?」
「だって…ほんと言うと私達、抜け駆け厳禁だったんだ…ってそれ私が言い出したことなの…」
「そっか…。自らルール違反したんだな?」
「…うん」コクッ

「でももうこうなってしまったのは仕方ないさ。
俺は、緒方でも加藤でもなく詩織が好きになったんだから…。
でも今詩織にできることは二人にちゃんとそのことについて謝ることだ、と思う。」

「うん…私まだちゃんと謝ってない…なかなか言い出せなくて…。」
「俺もふたばには…いずれけじめをつけるよ」
「私…ちゃんとふたりに謝る!そうする!」
「うん。それがいいな。俺もそうする。」

「俺は伊藤詩織が好きだーー!」

「わっ!?大声出して…や、やめてよ佐藤くん!!恥ずかしいじゃない…///」
「ははは。ごめんごめん。あーなんだかすっきりしたー!」



しんちゃん…これって…どういうこと?
小生とのウイニングランは…ねえ…ねえ?
あれはうそ……?



「おい?どうしたんだ?丸井?昨日の休みから帰ってきてから
タイム、がた落ちだぞ…?」

「な、なんでもないっス…もう一本走るっス…」
「い、いや。今日はもうやめとこう。お前疲れてるんだ。今までちょっと無理しすぎたしな。
俺の調整ミスだ。すまん。」

「先生は悪くないっス…」
「今日はもう家に帰れ。顔色も悪いし、明日からはもう少しメニューを調整しよう。」


しんちゃん…
しんちゃん…

しんちゃんのことが頭から離れないっス…
小生…もうどうしていいのかわからない…







「…ま、真由美ちゃん、あのね…」

「……」

「お、おがちんは?」

「……詩織ちゃん。ちょっとこっち来て」


「な、なに?」
「詩織ちゃん…どういうつもり?抜け駆け厳禁ってルールだったよね?」
「ご、ごめんなさい…。そのことで謝ろうと…」
「おがちん、あれからずっと泣いてばかりなんだよ?知ってるでしょ?」
「…うん」
「詩織ちゃんっていっつもズルばっかりしてたよね?…私知ってるんだから…」
「ごめんなさい…」
「抜け駆け厳禁っていうのも詩織ちゃんが言い出したことだし…それなのに…最低だよね?」
「うん…うんそうだけど…そのことは謝る!ごめんなさい!私…もう佐藤くんを誰にも渡したくなくて…」

「そんなのはおがちんもわたしもおなじでしょ!!!」

「!」


「……別れてよ。佐藤くんと。」
「そ、そんな…」
「佐藤くんを……昔の佐藤くんに戻してよ!!」

「ま、真由美ちゃん…もう、もうあんなことやめようよ!真由美ちゃんももうあきらめて……。
佐藤くんだって私が好きって言ってるし…もうどうしようもないじゃない!
真由美ちゃん…男の子も佐藤くんだけじゃないんだからさ…他の子探したほうが…
前向きに生きようよ…?ね?」

「………」

「じゃ、じゃあね。ごめんね…ほんとにごめんねっ!」

「しおり」

「え?」


グサッ







真由美どこ言ったの…?
真由美…私ひとりにしないでよ…。


「真由美ちゃんならさっき伊藤と視聴覚室に入ってくの見たよ?」


真由美真由美…


ガラ…


「真由美…探したわよ……!!!!」


グサッ

これはおがちんからのプレゼントね詩織ちゃん

グサッ

これは私からので…

グサッ

佐藤くんはこの顔がよかったのかな…こんな顔…全然良くないのに…

グサッグサッグサッ

あははははは…詩織ちゃん…こんな顔になっちゃって…ぐちゃぐちゃだね…
これでも佐藤くん好きって言ってくれるかな…あははは…

グサッグサッグサッグサッ…



真由美ーーーー!!!!







「みっちゃん。もういい加減にしなよ。もうすぐ晩ごはんだよ。ごはん食べられなくなるよ。」
「もう!いいでしょこれぐらい!これは別腹なんだからね!」ムシャコラムシャコラ!

「ほんと。どうしようもない豚だね」
「ひとはうるさい!雌って付けなさい…ってっびっくりした!ふたばあんた何時帰ってきたのよ??背後に立たないでよね!」

「えへへ!ごめんっス!みっちゃん。あんまりひとは困らせたりしたらだめっスよー!」
「な、なによそれ?その上から目線はー!」
「あれ?ふたば帰ってきたんだ。それだったら連絡してくれたらいいのに。
でも、まあ冷蔵庫に確か…あったあった。晩ごはん、みんなと違うメニューになっちゃうけどいい?」

「うん。もちろんいいっスよ。いつもひと、ありがとね。」

「…ど、どういたしまして??」

「ところでパパは?パパどこに居るんスか?」
「何言ってるのよ!今の時間パパは会社に決まってるでしょ!?」

「職場に電話するッス!!」
「ええ??ちょ、ちょっとやめなさいよ!怒られるわよ!?」

トゥルルルル…

「パパ!パパなんで家に居ないんすか!」
『ふたばか?お前突然どうしたんだ??』
「パパ!早く家に帰ってきて!」ガチャン!
『??』

「ちょっと…あんたパパに怒られるわよー。知らないっと。」
「ひと…小生ちょっと疲れたから2階で一眠りする…。」
「うん」

「ふたば…なんだか今日変ね…?」
「うん。合宿のせいでホームシックにかかっちゃってたのかな…。」





「みっちゃん。パパもうすぐ帰ってくるから、ふたば起こしてきて。」
「もうしょうがないわね!こちとらお腹ペコペコだって言うのに!
自分でさっさと降りてきなさいよね!ほんとにもう!」


「ふたば!ご飯よ!早く降りてきなさいよー!」

「……」

「ふたばったらー」

「……」

「もう!!何時まで寝ているのかしら!」ダンダンダンダン…



”ひと ごめんね ”

「え?」
「ふたば…下に降りてきてたの?…」
「あれ?…いない。気のせいかな?」



ガチャ…

「ふたば!ごはんだって!…ってもう部屋真っ暗じゃない。電気電気。」



パチッ


「ふた………」



ブラン…ブラン…ブラン…


ぎゃああああああああ!!!
ふたばあああああ!!









「これふたば、首つってるんですよ?わかりますか?
で、加藤さんはこの後そのナイフで自らを刺して死亡。
緒方さんはそのショックとSSS隊隊長としての自責の念に駆られて
お兄さんの拳銃で自殺。
陸上の先生も夢を絶たれて辞職。
みっちゃんは強度のPTSD。
イケメン佐藤くんも多分自殺。
イケメン一人に翻弄される女子中学生達の愛憎どろどろ絵巻…

と、まあこんな話作りましたけど
今度の学芸会にどうでしょうか?本人のキャスティングで。」


「あのね…ひとはちゃん…?友達姉妹を大量殺害してそんなに面白い?」ワナワナワナ…
「あくまでフィクションですから。」むふー!

「こんな話、学芸会でできるわけないでしょうー!からかうのもいい加減にして!」
「じゃ、別にもうひとつ話を用意したのでこちらの方で」


結局学芸会の劇はもうひとつの方の
じゅんじぃ協力ひとは吉岡共作

『ナマコちゃんのラブラブ☆大冒険!!』

に決まりましたとさ。


<おしまい☆>