※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

みつば「杉崎……ゴメン」

杉崎「えっ………」

みつば「わたしも、杉崎のこと、好きだよ」

杉崎「だ、だったら

みつば「でも!」

杉崎「!」ビクッ

みつば「でも……ダメ。お互い、ダメになる」

杉崎「ダメになるって……何が

みつば「あんたもさ、わかってるんでしょ?」

杉崎「………」

みつば「沈黙は肯定よ」

杉崎「ええ……わかってるわよ」
杉崎「わかってるわよ!それくらい!ダメだってことくらい!それでも!それ、でも………」

みつば「………みっともない声で泣かないでよ」

杉崎「だって……だって………」グスッ

みつば「………結局わたしたちは、ただのケンカ友達でしかない。それ以上でも以下でもないし、それ以上にも以下にもなれないのよ」

杉崎「みつば、もう一回、もう一回でいいから考え直してよ………ね?」

みつば「………じゃあね、また、明日」ダッ

杉崎「あっ………」

杉崎「み、つば……」

杉崎「みつば………みづば、みづばぁぁ!」

杉崎「うわぁぁぁぁ!」

杉崎「うっうっ……ぐすっ……ひっく……みづばぁ………」






りゅうた「………ね、姉ちゃん?」

杉崎「えっ……りゅ、うた?」

りゅうた「あ、あは、あはは……」

杉崎「………どこから、見てたの?」

りゅうた「いや、おれ、何も

杉崎「どこから見てたのって聞いてんのよ!」

りゅうた「ひっ……ご、ごめん姉ちゃん!さ、最初から、全部………」ビクビク

杉崎「…………そう」

りゅうた「ご、ごめんなさい!ごめんなさ

杉崎「りゅうた」

りゅうた「は、はい」ビクッ

杉崎「どうだった?」

りゅうた「………え?」

杉崎「どうだったって聞いてるの。お姉ちゃん、気持ち悪かったでしょ?無様だったでしょ?」

りゅうた「そ、そんな……こと

杉崎「笑なさいよ」

りゅうた「き、気持ち悪くなんかない………よ」

杉崎「笑なさいって言ってるのが聞こえなかったの!?」

りゅうた「ひっ」ビクッ

杉崎「ウソはいけないわ、りゅうた。見てたでしょ?お姉ちゃん、女の子に告白してフられちゃったのよ?」

杉崎「最っ高に気持ち悪いでしょ?最っ悪に無様でしょ?」

杉崎「だから笑なさいよ!………笑ってよ」

りゅうた「……………」

りゅうた「………気持ち悪くなんかないよ」

杉崎「!」

りゅうた「無様なんかじゃないよ」

りゅうた「姉ちゃんはカッコいいよ!好きな人に真っ向から好きって言える、それだけでもすごい事だよ!」

杉崎「気休めなんて

りゅうた「気休めなんかじゃないよ!ガチで頑張った人間はみんなカッコいいんだ!ガチレンジャーだってそう言ってた!」

杉崎「………」

りゅうた「………もう一回、言うね。姉ちゃんはカッコいいよ」

杉崎「でも………でも

りゅうた「もし!」

杉崎「!」ビクッ

りゅうた「もし、姉ちゃんを笑うようなヤツがいたら、俺がやっつけてやるから」

りゅうた「姉ちゃんの言うこと、なんでも聞くから!」

りゅうた「お願い、泣かないで。姉ちゃん」

杉崎「…………りゅうたぁ」ボロボロ

杉崎「なんでも………」

りゅうた「?」

杉崎「なんでも、聞いてくれるの?わたしの、言うこと」

りゅうた(元気になってくれた………のかな?)

りゅうた「う、うん!俺、なんでも聞くよ!なんでも言っていいよ!」

杉崎「ありがとう………ありがとう、りゅうた」

りゅうた「へへへ……」

杉崎「じゃあ、」

りゅうた「うん!」

杉崎「じゃあ、茶髪にして?」

りゅうた「うん!……………へっ?」

杉崎「髪型も変えて。あ、二つくくりね?」

りゅうた「ね、姉ちゃん………?」

杉崎「あと服も。そんな服じゃダメ」

りゅうた「そ、そんなことして何になるの?というか、そんなことでいいの?」

杉崎「そんなこと、ですって………?」ギリッ

りゅうた「ひっ……」ビクビク

杉崎「わたしにとってはとても大切なことなの!わかんないなら口出ししないで!」

りゅうた「ご、ごめんなさい!ごめんなさい!」

杉崎「あとその言葉遣い」

りゅうた「へっ?」

杉崎「もっとわたしを罵るようにしなさい。みつばはそんな弱腰じゃないわ」

りゅうた「み、つば………?」

杉崎「気安く呼ぶな!」

杉崎「みつばのことをみつばって呼んでいいのはわたしだけなの。それくらいは、分かるわよね?」

りゅうた「ち、ちがう………こんなのちがう!」

杉崎「従いなさい」

杉崎「なんでも言うこと………聞くんでしょう?ねぇ、りゅうた………」

りゅうた「ちがう………ちがう………!」

杉崎「あ、わたしの前では、名前も変えてね」

りゅうた「やめて……それ以上は言わないで………っ!」

杉崎「あなたの名前は今日から………」




「『みつば』よ」



数日後


杉崎「ねぇ、みつば?」ニコニコ

りゅうた「は、はい」

杉崎「」ギロリ

りゅうた「ひっ……!な、なによ!わたしになんか用!?」

杉崎「もう!恋人に向かってその態度はおかしいんじゃない?」ニコニコ

りゅうた「な、なによ?わるい?」

杉崎「ううん。いいのよー別に」ニコニコ

りゅうた(………姉ちゃん)

杉崎「ねぇ、みつば……」

りゅうた「あっ……だめだよ。姉ち………杉崎ぃ」

杉崎「ふふふ、いいじゃない。わたしたち恋人同士なんだし」チュッ

りゅうた「んん………」

あの日から、姉ちゃんは学校に行かなくなった。
あの日から、僕は帰ってくると『みつば』になった。
あの日から、毎日姉と唇を重ねるようになった。
あの日から、全てが壊れ始めた。
あの日から、あの日から、あの日から、あの日から、あの日から

杉崎「ねぇ、みつば?」

りゅうた「な、なに?」

杉崎「わたしのこと、好き?」

りゅうた「…………」

りゅうた「好きに決まってるでしょ?みく」

杉崎「うふふ」ニコニコ

あの日から、あの日から、あの日から、あの日から、あの日から、

あの日から、あの日、から