※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カチカチカチ……

少し前に買ってもらったケータイをいじっていて、ふと気付いた

みつば、みつば、みつば、何時の間にか、写真フォルダはみつばで埋まってしまっていることを

カチカチカチ……

みつばなんて嫌いだ

食欲旺盛で、傲慢で、高慢で

カチカチカチ……

たまに妹思いで、ごくたまに優しくて、ごくごくたまに可愛くて

カチカチカチ……

だからみつばなんて大っ嫌いだ

………嫌いだ

吉岡「すーぎちゃん!」

杉崎「ひゃぁぁぁ!」

吉岡「うえっ!?」

宮下「うおっ!?」

杉崎「び、びびびびっくりさ、させないでよ!」

吉岡「杉ちゃん、それはこっちのセリフだよぅ」

宮下「な、なんかあったのか?話してみろよ、ほら」

杉崎「はぁ……」

杉崎「なんでもないから、気にしないで」

宮下「で、でも今の明らかに変

みつば「気にしなきゃいいのよ」

杉崎「!」

みつば「どぉ~せたいしたこと無いんでしょお?」

こういうところがムカつく

だから嫌いなのよ

杉崎「な、なんですって!」

吉岡「す、杉ちゃん、おちついて」

みつば「はっ!じゃあ言ってみなさいよ」

杉崎「! そ、それは……」

みつば「あっれぇ?言えないの?」

杉崎「ぐ……ぐぐぐ」

みつば「言えないんだ!やっぱりたいしたこと無かったのね!あはははは!」

杉崎「くぅぅぅぅ!」

なにもなかった

それが事実だ

でもなぜわたしは、何も言えないんだろう

何がひっかかっているんだろう

みつば「ほれ見なさい!なーんにも言えないじゃない!」

杉崎「ぐぐぐ………」


「……はぁ」

「やめなよ、みっちゃん。みっともないよ」

みつば「邪魔しないでよ、ひとは。今いいとこなんだからっ……!」

ひとは「杉ちゃんはホントになんでもないよ」

宮下「三女!」

みつば「はぁ?なんであんたにそんなことが分かるのよ」

ひとは「だって、杉ちゃんはみっちゃんの写真眺めてただけだもん」

みつば「はぁ?それだけ?………って、え?」

杉崎「え?」

ひとは「むふぅ」

杉崎「………み、見てたの?」

ひとは「うん」

杉崎「………どこから?」

ひとは「ケータイ開いてニヤニヤし始めるところから」

それ、全部じゃない

杉崎「…………」

みつば「…………」

「「…………………」」

みつば「け、消しなさい!今すぐ!全部!

杉崎「い、嫌よ!この中の写真は全部わたしのなんだから!」

みつば「じゃあそれ貸しなさいよ!」

杉崎「やめてよ!どれだけ頑張ってコソコソ撮ったと思ってるの!?」

宮下「うわぁ……」

吉岡「こ、これも愛のカタチだよね!><」

宮下「いや、どうだろうか」

ひとは「付き合ってらんないよ」

みつば「よっしゃ!取った!」パシッ

杉崎「あっ!返してよ!返しなさいよ!」

みつば「うるさい!データ消したら返すわよ!」

宮下「まぁ、なんだかんだ言って仲いいよな、あいつら。どっも本気でケンカしてるワケじゃ無

杉崎「返してって言ってるでしょ!!!」

宮下「」ビクッ

ひとは「………本気じゃん」

みつば「な、なによ。大声出さないでよね」

杉崎「それは大事な写真なの!だから消さないで!………お願いだから」

みつば「いや、これわたしの写真……」

杉崎「だから大事なの!」

ひとは「」

宮下「oh…」

吉岡「><」キャ~!

みつば「………はい?」

杉崎「あんたの、みつばの写真だから、残しておきたいの!」


恥ずかしい………


杉崎「笑ってるみつば、しょげてるみつば、怒ってるみつば」


わたしにこんなこと言わせるから


杉崎「泣いてるみつば、照れてるみつば、食べてるみつば」


嫌いなのよ、みつば


杉崎「みつばを全部、閉じ込めておきたいの!」

杉崎「はぁ、はぁ」

宮下「杉……崎?」

ひとは「杉ちゃん………」

吉岡「これってき、きき禁断の愛!?きゃ~っ!杉ちゃんだいたーんモゴッ」

宮下「今は黙ろうか」

吉岡「モガモガ」

みつば「…………」

みつば「さぁ~~~くじょ!」pi!

杉崎「へっ?」

宮下「えっ?」

吉岡「はっ?」

「「「………………」」」

*1 )

ひとは「………はぁ」

みつば「あはははは!消してやったわ!ぜ~~んぶ消してやったわ!」

杉崎「………み、」

杉崎「みぃぃぃつぅぅぅばぁぁぁ………!」ギリッ

吉岡「あわわわ、しゅ、修羅場!?」

宮下「ま、いつもどうりだな………」ハァ

ひとは「ホントに素直じゃないなぁ」

宮下「ん?どゆこと?」

ひとは「あ~~……まぁ、見てればわかるよ」

みつば「ざぁ~んねぇ~ん!消されちゃったねぇ~?あはははは!」

杉崎「くぅぅぅぅ!か、返しなさい!今すぐケータイ返しなさいよ!」

みつば「言われなくても、こんなものいらないわよ。ほれ」シュッ

杉崎「くっ……!あぁ、写真が……一枚もない……」

みつば「写真家ごっこ終了~。おつかれさーん」

杉崎「みつばぁぁぁ!」

みつば「へへーんだ!」

宮下「おい三女、そろそろまずくないか?」

ひとは「いいから見てなよ面倒くさいなぁ」

宮下「め、めんどっ……!」ガーン

吉岡「あ、み、宮ちゃん!大丈夫だよ!宮ちゃんはちょっとばかしウザったいだけだよ!」

宮下「」ズーン

ひとは(フォローになってない)

みつば「………だからさ」

杉崎「?」グスッ

みつば「写真家ごっこは終わったんだから、もうレンズ越しにわたしを見るのはやめて」

みつば「っていうか、見ないで」

みつば「目で、見て欲しい………杉崎、の」ボソッ

杉崎「みつば………」

みつば「か、勘違いしないでよね!今のは、えーっと、えーっと………」

杉崎「ごめん、ボソボソ言ってて聞こえなかった」

みつば「なっ………!」ビシッ

みつば「す、杉崎!あんたねぇ!やっていいことと悪いことがあるわよ!」

杉崎「な、なによ!聞こえなかったんだからしょうがないじゃない!」

みつば「聞こえなかったで済ますんじゃないわよ!どんだけ恥ずかしかったか!」

ギャーギャー!!

吉岡「ねぇ三女さん」

ひとは「なに?」

吉岡「なんでこうなるってわかったの?」

ひとは「………素直じゃないから、かな。二人とも」

吉岡「三女さんすごーい!」

宮下「イインダ、ワタシナンカドーセ……」

杉崎(ったく、しっかり聞こえてたわよ!)

杉崎(あんな恥ずかしいこと言って……もう!)

杉崎「みつば、わたしはあんたのそういうところがねぇ!」

杉崎(みつば、わたしはあんたのそういうところがね、)

杉崎「大っ嫌いなのよ!」

杉崎(大っ好きなのよ、バカ)