※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダメだ。これ以上は……。

緊張で身体が震える。

これ以上近づいたら、心臓が止まるかもしれないよっ。

それでも私は近づいていき、そして……。

優しく、唇を重ねた。

数秒間、密着した後……また、ゆっくりと離す。

「……」

……な、なんだろう。この終わった後の気恥ずかしさは。

顔が熱くなっていくのを感じた。

思わず袖で唇を拭う。

恋人同士はいつもこんな事をやってるのだろうか?

他人と唇なんか重ね合わせるなんて不愉快極まりない。これこそ正に無意味だし不必要だよ。

そんな心情とは裏腹に私はまた唇を重ねる。

「んっ……」

いつ起きるかと思うと、興奮と羞恥で二重にドキドキした。

「ぅむっ……くぅっ」

先生の堅く閉じた口を舐めるようにキスをする。

「……んんっ、これじゃ……本当の、んっ、変態だよ……」

だけど頭では解っているのに、止まらない。

次第に私のアソコがムズムズしてきた。

片方の手で、パンツの上からアソコを触ってみる。なぞるように、指先を這わせ、指を窪みに埋める。

湿ったような感触が指先に伝わってきた。

「……っはぁ、はぁ……。これ……」

ひょっとして……これ、濡れるってやつじゃ?

「こ、これは汗だよ、きっと」

自分に言い聞かせる。

歯止めが利かなくなった私は、矢部先生の下半身のある一点に目がいった。

「……」

心臓の音は既にうるさいくらい鳴っていた。

「先生、起きないと見ちゃいますよー……?」

「……」

当然、返事はない。

「い、いいんですね……?」

震える指でズボンのチャックを開ける。

トランクスのボタンを外すと、見覚えのある先生の息子が現れた。

こ、これに刺激を加えると大きくなるみたいだが……どうやったらいいのだろう?

少し悩んだ後、とりあえず握ってみることにした。

力を入れてみたり抜いたりしてみるが、変化はない。

先の割れている部分を指先でなぞってみる。

「んっ……」

ピクン。

あ、少し堅くなってきた。

私は皮を剥いて、そのまま、窪みの辺りを指でなぞってみた。

「くっ、はぁ……っ」

矢部先生が苦しそうに呻いている。

いじっていくと、矢部先生の息子はみるみる大きくなってきた。

「えっ、えっ……?」

こ、こんなに大きくなるんだ……。

それには最初の小学四年生とまで称された面影はなく、この前、お風呂場で見たパパのよりも大きくなっていた。

へ、変態だよっ、変態っ……。

そう思いながらも、持ちやすくなったソレを上下にしごいてみる。

あ、こっちの方がやりやすいかも。

しばらく擦ってみると、また膨張していく。

でも、これ……腕が疲れる。

擦るのを止めて、私はまた指先で、いじってみた。

反り返り、見えやすくなった裏側の筋を指でなぞる。

「うっ」

先生がわずかに反応する。

「先生……気持ちいいんですか?」

筋の先の方をコリコリといじってみた。

「ぅんっ」

ピク、ピクと先生の身体が動く。

こんな事で反応するなんて

「本当に変態教師ですね」

一方的にそう言ってから、私は立ち上がって、染みの出来たパンツを脱いだ。

「先生……、先生が悪いんですよ。いつまでも起きないから……」

私は、先生を跨ごして立った。

……ここに、先生の……を入れるんだよね……?

確か、何かの雑誌に“それが恋人が行う愛情表現の最高峰だ”って書いてあった。

「……」

ゴクリ。また息を呑む。

私は覚悟を決め、指でアソコを開いて、徐々に腰を沈めていった。

チョン、と先端の方がアソコに触れた。

(や、やっぱり、ダメ……こ、怖い……)

未開の恐怖に私は動きを止める。

で、でも……。

「先生……」

先生は、間抜けな顔で眠っている。

本当に、この先生は……。

私に、飛び箱をさせたり、水泳をさせたり、友達を作らせたり……家に上がるのも認めてくれたり、机の下に潜るのだって……。

それから……。

なんでもバスケットの時も……。

まったく、いつも余計な事ばかりする……嫌いだよ、こんな先生なんて。

私は顔を背けながら、ゆっくり腰を沈めていった。

アソコが広がっていき、温かいモノが中に入っていく感触が伝わる。

「あっ、あっ……」

痛いっ……。

ミチミチ、と中へ侵入していく異物を、私は涙目で受け入れた。

「こんなっ……あっ、んっ、嫌いだよっ、こんな先生……なんてっ……」

なのに……。

「嫌い、なのにっ……んぅ?!」

メリメリ。とてつもない痛みが走り始める。

「っ~~~~!!?」

無理!これ以上先になんていけるわけない!!

そう思った時……。

「ひ、ひとはちゃん……?」

矢部先生が目を覚ましていた。


先生は状況が整理できないのか、固まっている。

「せ、先生……」

次の言葉を続けようとしたが、遮るように先生が口を開いた。

「ちょっ……?な、何やってるの?!ひとはちゃん!!」

やっと状況が整理出来たのか、先生が叫ぶ。

「……この前授業でやった保健体育の復習ですが?何か?」

「何か、じゃないよ!と、とにかく、今すぐ離れて!」

「どうですか?教え子で童貞卒業している気分は?」

「いいから離れて!」

「……嫌です」

「え?」

「嫌です」

「な、なんで?」

「先生の初めてが、こんなのでいいんですか?」

「そ、そういう問題じゃ……」

「大丈夫です、私に全てを任せて……」

そう言って行為を続けようとした時、矢部先生は私の脇を掴んで、無理矢理離した。

呆気にとられている私は先生の横に座らせられる。

はぁ、と溜め息をついてから先生は私に聞いてきた。

「なんで、こんな事したの?」

「起きなかったからです」

と私は答えておく。

「あのねぇ」と言いかけて先生は、息子が露出している事に気づいて息子を直した後、また溜め息をついた。

「あのね、こういう事は本当に好きな人とじゃなきゃしちゃいけないんだよ?」

「そうなんですか?」

わざとらしく、私は惚けてみせた。

「そうだよ。だから、こういう事はもう少し大人になってから……」

そして、先生が話している途中で我慢ができなくなった私は口を開く。

「じゃあ、やっていいんですね」

「…………え?」

「本当に好きな人となら、やってもいいんですよね?」

「え?あ、あれ……?」

先生は動揺していた。

それはそうだろう。小学生から真面目な告白なんて、可笑し過ぎて笑えないよ。

それでも、私は真っ直ぐ先生を見て。

「私は」

言葉を、強く……押し出した。

「矢部先生が好きです」

「いや、ひとはちゃ……」

「本当に好きです」

涙が一粒、零れた。

「大好きです」

それから、後を追うように、涙はどんどん零れていった。

先生は無言になる。

私は目を堅く瞑って、返事を待った。

いいよ。言いたい事は言ったんだ。どんな言葉でも受けるよ。

長い沈黙が続く。

テレビからは馬鹿みたいに笑う声が、その場の空気を必死に取り繕うように流れていた。

外からは犬が鳴く声がする。

…………不意に、先生は正座に座り直し、口を開いた。

「ごめんね……」

優しく諭すように、その言葉は私の心を打ち砕く。

……わかっていた。わかっていたことだよ……。職業に対しては真面目な先生だよ。教え子に、まして、小学生になんて……。

「なんで……」

それでも……。

「……」

「なんで、ですか……」

それでも納得できないことだってある。

「……」

先生は答えない。

「先生は私が嫌いなんですね……」

「そ、そんな事ないよ。……大好きだよ。ひとはちゃんは、最初に僕と仲良くなってくれた、大事な生徒だから」

「じゃあ……!」

「でも!」

言いかけた私を、先生は声を荒げて止める。

「でも……ひとはちゃんはまだ小学生だよ。これから、色んな人に出会うと思う。それなのに、こんな所で……それも、僕なんかで、自分の将来を潰さないで欲しいんだ」


矢部先生の声は、私から見ても辛そうで、途端に“あぁ、私は今先生を苦しめているのか”という事に気づく。

「先生……わかりました」

納得したように声を出す。

「ひとはちゃん……」

けれど、自分で思ったよりも、私の声は震えていて……。

「でも……学校では今まで通り、接してくださいね」

「う、うん。わかった」

本当に、嫌になる。こんな不必要な感情を私が持つなんて……。

俯いた私を先生は撫でてくれた。

その手は大きくて、私は堪えられずまた泣いてしまう。


――そして、それからの私の小学校生活は、消化試合のようなものだった。