※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ひとはちゃん……」

先生は、私の胸を舌でなぞる。

年齢の割に控え目な私の胸なぞ、舐めても嫌だろうに。

「んっ、はぁ……!?」

ビクン、と身体が跳ねる。

身をよじり、お尻の方から湧き上がってくるこそばゆさに必死に耐えていた。

「大丈夫?ひとはちゃん?」

心配そうに先生が聞いてくる。

「人の心配している暇があったら、自分の心配でもしててください、この童貞が」

「なっ!?ひ、ひどいよっ!!ひとはちゃん!!」

先生は涙目で私に言った。

しばらく反省するといい。


……先生と再開して二週間が過ぎた。

高校卒業……。つまり、結婚してもいい時期になるまで先生に会わずにいた私は、卒業した日。晴れて先生に会いに行った。まさか、家が変わっていないとは思わなかったが……。

しかも、その直前で、街で先生に声をかけられるというハプニングもあったけど、昔のノリで無視して何とか事なきを得た。

……今思うと無視はちょっとやりすぎたかな?と思う。だけど、先生にはちょうど良かったのかもしれない。

そんなわけで私は、大学には進学せず、先生との同棲生活を送っていた。……と、言えば聞こえはいいが、いわばヒモである。

「じゃあ、い、入れるよ?ひとはちゃん」

「さっさとしてください」

そして、今日やっと、先生が私に手を出してきたのである。

私は矢部先生のベッドの上で仰向けに寝転がっていた。もちろん裸だ。

ぐいっ、と足を持って、先生は私の足を開いた。

「ちょ……」

……正直、思っていたよりも恥ずかしい。

先生は私のアソコをまじまじと観察して一言。

「あれ?女の人って……生えてないんだね」

と言った。

イラ。

私は先生のちんPを持って捻る。

「いだだだだだっ!?いたいいたいいたいっ!!」

「バカなこと言ってないで、さっさとしてください。これから生えるんです。発展途上なだけです。死んでください」

ふん。人が気にしている事を。

「な、なんか最後の言葉、関係なくない?」

「……いい加減、寒いので服着ていいですか?」

「あわわ、わ、わかったよ。……それじゃ、い、いくよ」

ぬる。

固いモノが、私の中に入ってくる。

「うわ……なんか不思議な感触……」

「……っ」

さらに奥へ侵入していく。

「まだ入ってく……」

「……っぁ」

痛みが走る。

「なんか、凄い抵抗感があるんだけ……っ!!」

そこで先生は今気づいたような顔をする。

「ま、まさか……初めて?」

「し、死んでくださいっ……!!」

私は叫んだ。全く、人がこの年まで貞操を守り抜いたのは誰の為だと……。

「い、いいの?」

「この期に及んでそれを聞きますか……」

どんだけ童貞の精神を持っているんだろう、この優柔不断男は……。

「そ、そうだね……うん。さ、さとし、行きまーす!!」

「え?やっ、ちょっと先生、ゆっくりっ……」

メリッ……。


「あぐぅ……!!?」

まさに、身を裂く様な激痛が走る。一気に身を強張らせた。

涙が一滴、頬を伝う。

「わっ!?だ、だいじょうぶだった?ひとはちゃん?」

能天気な声が聞こえてきた。

この男は……。

私は弱弱しく、先生のお腹にパンチをした。

「ひ、ひとはちゃん?」

「……っこの恨みは、一生、忘れませんっ」

「えぇぇぇえぇぇ!?ぼ、僕、そんなに悪いことした?」

ぎゅうっ、と先生の腕を掴む。

「はぁっ……さ、さっさと動いて終わらせてくださいっ……せ、生殖行為なんて痛いだけで無意味だし、不必要なだけなんですからっ」

「あ、その口癖変わってないよね」

そう言ってクスッと笑う先生を、私は睨みつけた。

「さ、さっさと終わらせます……」

先生は深くまで入ったそれを引き抜く。

「ぅあっ……」

固いモノが中で動いていく感覚がした。

全部引き抜き終わったかと思った時、またそれを戻していく。

「ちょ、またはいっ……!」

這うように私の中へと再び侵入していく。

「気持ちよすぎるよっ、ひとはちゃんの……」

最初はゆっくりそれを繰り返していたが。

「んーっ、あっ!?っはぁ……ん……んんっ……やっ、そこ……」

少しづつ、動きを速めていく。



「んっ、……んっ、……んあっ?!はぁ、……やっ、だんだん……痛く……ひゃぅっ!」

奥の……行き止まりの様な所に当たっている。

「ふぁっ、せんせっ!そ、そこっ、だめですっ!」

「え?ここ?」

コツッコツッ、と当ててみせた。

「ひゃあ!?だ、だから、そこは……くぅ!?」

びく、びくっ……!

急に気持ちよさが頂点に達したかと思うと、身体が浮く様な快楽がせり上がってきた。

指先までピンと伸びしたあと、全身の力が抜けていくようなダルさが襲ってくる。

「ど、どうしたの?ひとはちゃん?」

感覚が研ぎ澄まされているのか今、アソコを動かされるとどうなってしまうか……。

「うごかないで」と言いたいが、頭がうまく働かない。

「つ、つづけるよ?」

矢部先生の声が聞こえてくる。

ま、待って。

そう言う前に先生は再び腰を動かした。


「くっ!!!」

「んんっ!!?」

ドクンッ!

中で一瞬膨らみ、温かいモノがじわじわと広がっていった。

「あっ……やぁ……」

布団のシーツを掴んで、その快楽に悶える。

ふわり、と汗のにおいに混じって生臭いにおいが漂ってきた。

「くっ……」、

ドク、ドク……。

ま、まだ出てる……。

先生はその余韻を楽しむように、入れたままだった。

「……変態」

「うっ」と先生は呟く。

「否定できないのが悔しいよ」

「早漏」

「えぇぇ!?そ、そんなに早くなかったでしょ?!」

先生は焦っている様子で反論する。

「はぁ。これで、先生の事、もう童貞って言えないんですね」

「まぁね!!えへんっ!」

「でも、元生徒で童貞を卒業した変態ではありますがね」

「……」

先生は何も言わなかった……と言うより、何も言えなかったんだろう。

やっと先生は満足したのか、やっとアソコから引き抜き、やっと私は解放される。……大事なことなので三回付けた。

「でも……」


先生が口を開く。そして、いきなり私の頭に手を置いて、撫でてきた。

「ありがとう。ひとはちゃん」

「…………………………」

……………………。

「ん?どうし」

「先生――」

「え?」

「バカすぎです」

私は振り返って、ティッシュ箱を取る。

「ひ、ひどいよっ!」

「くだらないこと言ってないで買い物行きますよ」

「あ、うん。そうだね」

それから、服を取った。

「今日はウチで食べましょうか」

何気なく、私は呟く。

「え?」

「しんちゃんも来ますよ」

「え?いや、あの……おじさんは?」

「もちろんいますよ?是非連れてくるように、と怒鳴ってました」

「……」

それを聞いた先生は青ざめていた。

春のうららかな昼下がり――。

私と先生は、慣れた道を歩いて行く。

いつまでも、いつまでも――。






―fin―