※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私たちは古い石段を登っていく。

「早くしてください、先生」

「ちょっ、ちょっと、まって……た、たいむっ」

そう言って、掃除用具を置いて、階段の途中で矢部先生は呼吸を整えはじめた。

急な坂を上って、すぐの階段だ。そんなに長くないとは言え、三十手前の先生には過酷だったのだろうか。

……もう、若くないんだなぁ。

そんな姿に私と矢部先生の間にある年齢の差を痛感する。

「はぁ……。もう、置いていきますよ」

私は、ひょい、ひょい、と軽い足取りで石段を登っていく。

「ま、待ってよ~」

情けない声を出しながら、先生は石段を登りはじめる。

「まったく……早漏で変態な上に体力もないんですか。生きてる意味あるんですか?」

「ひ、ひどいっ!そ、そこ、まで、言わ、なく、たって!」

……息を切らすのか、叫ぶのかはっきりしてほしい。

「冗談ですよ」

「すでに冗談になってないよっ!?ブラックジョークすぎるよ!」

やれやれ。

私は立ち止まり、先生に言う。

「ていうか、早く上がってきてください」

「う、うんっ……わかってるんだけど……僕も、寄る年波には勝てず……ハァハァ」

「あ、そこ、犬のウンチありましたよ?」

「え?もー、ひとはちゃんはまたそうやって人をからか……ってホントだぁぁぁぁ!!?」

足の裏を見て先生が泣き叫ぶ。

確か、あの靴はこの前卸したばかりの靴だ。

気持ちの悪い笑顔を浮かべながら、ガチレッドの履いてる物と同じだと、私に見せびらかしてきていた。

ご愁傷様。

そんな先生を後目に私は一人、階段を登り切っていた。


一面に見えるのは、無数の墓石……。

そこは、所謂“霊園”と呼ばれる場所だった。

――今日、私と矢部先生は“チクビ”のお墓参りに来ていた。

……私が小学校を卒業して、二年くらい経った頃らしい……。

老衰だった、と先生は教えてくれた。

「……」

なんで、側に置いておかなかったんだろう、と今更になって後悔する。

だけど、もう遅い。

チクビは死んだんだ。

それでも……私には、今一つ実感が沸かなかった……。

「はぁっ……、やっと、おい、ついたっ……」

遅れて、先生がやってくる。

「全く、こんな所に、お墓を作るなんてっ……、御先祖様も、どうかしてるよっ」

悪態をつきながら、先生は私の前を歩いていく。

私は、その先生の後に付いて行った。

簡単に掃除を済ませた後、手を合わせて、私は数秒目を閉じる。

『矢部家之墓』

それが、今のチクビの居場所だった。

――最近は、ペットを火葬する場所なんてものがあるらしい。

先生は、そこにチクビをお願いした後……チクビの骨壷をここに納めた……。

……先生は簡単に話していたが、ペットの骨を人間の墓に入れるなんて、嫌がる人も多い……。

それが昔の人なら尚更だ。

きっと、色々揉めたと思う……。

……目を開けて、立ち上がる。

日中汗にまみれて掃除した墓石は、日差しに照らされて綺麗な輝きを放っていた。

「……」

ごめんなさい。

心の中では、ずっと呟いていた。


それは、矢部先生の御先祖様に向けた言葉でもあるし、チクビに向けた言葉でもある。

でも、私がチクビに、本当に言いたいのは――……。

……先生は声をかけてこない。どうやら、この二年でそれぐらいは察するようになったらしい。

「……」

私はその墓を見る。

この墓には、私も入る予定だ。

もう少し……とは言えないけど、待っててね。チクビ。

目を閉じて……私は背を向ける。

「……行きましょうか。先生」

私は突っ立っている先生に声をかけた。

「……もう、いいの?」

先生は聞き返す。

「はい。……いつまでも別れを惜しむほど、子どもでもありませんので」

スィーと歩いていく。

「あっ、待ってよ、ひとはちゃーん」

ガチャガチャと急いで掃除用具を片付ける。

先生は追いかけて、私の横に並んだ。

「……今日は、ご飯でも食べに行――」

そう言いかけた後……私の顔を見るなり、先生の言葉は途切れる。

それは、なぜなら……。

私が……。

泣いていたからだ。

顔をぐしゃぐしゃにして、泣いていたからだ。

「うっ……ひっく……っ」

ごめんね……、ごめんね……。

自分でも止めることが出来ず、涙がポロポロと零れていく。

「ぐすっ……チクビィ……っ」

最後まで遊んであげられなくてごめんね……。

エサをあげられなくてごめんね……。

何度も、私は謝って、

それから……

ありがとう、チクビ……。

チクビに届くように、祈る――。

「……」

先生は、何も言わず隣に居てくれた。

私は、泣き続ける。

ただ、泣き続ける……。

そこは、どんな所何だろうね?チクビ……。

哀しくなるほど晴れた日……。

風は、私の涙をさらっていく……。

どこかで、

“チー”と……

チクビが鳴いたような気がした――……。