※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「吉岡、後は俺がやっとくから」

放課後、掃除当番になっていた私は、同じく掃除当番になっていた佐藤くんにそう言われて焦った。

「い、いやっ。大丈夫だよっ」

他の人達は用事があるらしく、みんな帰ってしまい、今教室の中には私と佐藤くんだけだ。

正直、気まずいけど……。

私はまだ半分しか消し終わってない黒板を見る……。

今日は、海江田先生が授業中嫌という程書いていたので、中々消し終わらない。

だから、教室全体の掃除をしている佐藤くんに、黒板消しまで押し付けるのは余りに忍びなかった。

(はぁ……腕、疲れちゃった……)

先生、筆圧も強いみたいだから中々消えないよぉ~。

そう思って、休んでいた時、佐藤くんが黒板消しを私から取って、消し始めた。

「女子には大変だろ?いいよ。後はやっとくから」

(さ、佐藤くん、顔近……)

いきなり現れたその横顔に思わずドキッとする。

(間近で見ると……やっぱり佐藤くんってかっこいいんだなぁ……)

不意に、私がふたばちゃんに間違えられた時の事が思い出された。

(そういえば、なんであの時……)

気付いたときには、私は佐藤くんを呼んでいた

「佐藤、くん……?」

「なんだ?吉岡……」

一歩、佐藤くんに近付いた時、足元の段差に引っ掛かった。

「きゃあっ!?」

「え……うわっ!?」

勢いよく私は佐藤くんに倒れ込んだ。


「いたたっ……きゃっ?!」

佐藤くんの顔が、私の胸に押し付けられていた。

「な、なんだ?前が見えないぞっ!?」

ガララ。

「よし!最後に佐藤くんのリコーダーがあるか確認して、本日のSSS隊の活動は終りょ……」

突然、教室のドアが開く。

ドサッ。

開くなり、緒方さんが倒れた。

(えぇぇぇぇぇ?!なんで緒方さん倒れるの?!)

「お、おがちんっ!」

「な、なんだ?今、なんか緒方達の声が……」

「吉岡さん、だよね?ちょっと私についてきてもらえるかな?」

「おがちーん」

はわわわわっ、なんか誤解が大きくなってるっ。

「ち、違うの!?こ、これは……」

私はようやく立ち上がる。

「ぷはっ、やっと前が……」

「わ……私、佐藤くんのことなんとも思ってないし、佐藤くんの気持ちは嬉しいけど……ご、ごめんなさい!!」

「あぁ!?」

私の言葉を聞いて、佐藤くんは真っ白になる……ごめんね、佐藤くん。

「俺、またフラレたの?なんで?」

真っ白になった佐藤くんが呟く。

夕方の教室には四人の賑やかな声が響いていた。


~おわり~