※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「うぅ、く、はぁ……だい、じょうぶか…っ!ふたばっ…!!」


く、く、く、と、小刻みに入ってくる。
お腹の中、ちょっとずつ。

「うん。2階から落ちたときくらいだから、余裕っス。しんちゃんこそ大丈夫?とっても苦しそう……」
「いや、お、れはっ……!気持ちよ………はぁっ!過ぎて…!!」

おお~、なんだかしんちゃんのカタチがよく分かるっス。
こんなふうになってたんスね~~!

ジブンを動かして確かめてみる。
口のときはもっと硬い感じがしてたけど、こっちだとそんなでもない…かな?

…あんまり力を入れるとつぶしちゃうかも。

「うあぁ!?ちょっ、なんっ!握られ……!!?」
「ふむふむ…」

アタマのところの段差って結構あったんだ。
あとこのふにふにしてるのは……血管、かな?

「待って待って待って!ふたば動かさないで!!」
「へ?うん」

??何かいけなかったのかな?
まぁいいや。ちょうど全体を確かめるためにぎゅっとしたとこだったし。

「あっあああ、ダメ…っ!!出っ……!!」
「おお!?」

わ。ビリビリビリ~って動…『動かさない』ようにもっとぎゅっとしとこう。
…何だか先っちょがぷく~って膨らんで、ぷにぷにしたのが……。
おお~~、すごくあったかい…というかちょっと熱いっス。面白いな~。

「~~~~~っ!!?あぐぅ、絞っ!出すぎ、怖っ…!!~~~ー~きひぃっ、か、はぁあ、あ……ぅ」
「あれれ?」

何だか柔らかくなった。

「…………」
「え?え?え?な…何で泣いちゃうんスか、しんちゃん!?」