※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

土曜日・矢部宅

ひとは「え?」
矢部「むっぐ…、うぅ……」
いつものように先生の家へと訪ねてきた私
しかし、いつもとは全く異質な光景が眼前に飛び込んできた

先生が、拘束されていたのだ

手を後ろに縛られて、足にも縄が巻きついている
おまけに目隠しと口にガムテープまでされている
ひとは「(こ、これは一体…!?)」
あまりのことで声が出なくなってしまった
矢部「………」
ひとは「?」
先生、気を失っている?

こ、ここは先生の拘束を解き、起こしたら事情を聴くべきか
いや、この状況…危険?先生を縛った人物がいるどこかにはずだ
拘束を解こうとする間にその誰かがやってきてしまうかも
先生が心配だけど、外に出て助けを求めるべきか?
ひとは「(ど、どうすれば…)」

 A.すぐに先生を助ける
 B.急ぎ外に逃げ、助けを呼ぶ