※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

401 :みく と ふたば
杉崎「うぅ、またみつばがいないじゃない……」

ふたば「ほへ? なにか用事っスか?」

杉崎「どうもこうもないわよ……折角だから一緒に帰るの、しょうがなく、仕方な~く誘ってやろうと思ったのに」

ふたば「仕方がなく誘うだったら、別に誘わなくてもいいんじゃないっスか?」

杉崎「う……そ、それはそうなんだけど……」

ふたば「そういえば、最近みっちゃん杉ちゃん避けてるような感じっスね」

杉崎「うぐぅ……やっぱり勘違いじゃなかったのね。でもどうしてなの?」

ふたば「盗撮しすぎたんじゃないんっスか?」

杉崎「え? それっていけないことなの?」

ふたば「……」(哀れみの目線)

402 :ひとは と みつば
ひとは「……杉ちゃんと何かあった?」

みつば「っ! べ、別になにもないわよ?」

ひとは「嘘だね――とりあえず、なにがあったのか言ってみなよ? やっぱ盗撮関連?」

みつば「盗撮? そんなのどうでもいいわよ」

ひとは「ぇ……みっちゃん相当毒されてるんだね」

みつば「えっと、この前松岡と買ったブラ、最近付けてるんだけど……それを杉崎に自慢しようかと思ったのよ」

ひとは「ああ、そういや付けてるみたいだね。でも、自慢するなら避ける必要ないんじゃない?」

みつば「いや、よくよく考えたら、杉崎のが高級なのを付けてることに気が付いて、ブラ付けてるのバレないようにしてたのよ」

ひとは「なるほど……うん、負けるね」

みつば「でしょ! 折角可愛いの買ったのに……誰に自慢すればいいのよ!」

403 :ふたば と みつば
ふたば「牛肉ー、ジャガイモー、にんじんー、こんにゃくー、今日は肉じゃがっスね~」

みつば「あれ? ひとははどこ行ったのよ?」

ふたば「あ、あそこっス! アイス売り場っス!」

みつば「なかなか気が利くわね。私のためにアイスを買ってくれるなんて――」

ふたば「あ、カロリーオフのアイスを手に取ってるっス!」

みつば「え! あ……そ、そうみたいね」

ふたば「みっちゃんのこと思って、ちゃんと考えてるんっスね!」

みつば「そんなに考えてくれてるなんて――なんか照れるわね……///」

ふたば「あ、商品戻したっスよ! 食べないに越したことないっスもんね!」

みつば「……」