※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


家に帰ると、最初に洗濯物を取り込む。きれいにたたんで、たんすにしまう。
その後、宿題をする。ふたばに国語と算数と理科と社会を教えてあげる。
夕飯を作る。パパもみっちゃんもふたばもすごくよく食べるから、四人分でいいところを倍は作る。
ごちそうさまをして、食器を洗って、少し休んだらもう寝る時間。
一日がんばった自分へのごほうびに、少しだけガチレンジャーのビデオを見る。
あっためた牛乳を一杯だけ飲む。眠くてふわふわした頭のままベッドに入る。
学校の日も休みの日も、私はだいたいそういうふうにして過ごしている。

もちろん、不満はある。
手伝ってほしいとも思う。
でも、手伝ってくれたらくれたで余計に仕事が増えるから、最近は思っても言わないことにしている。
これでいいのだと思う。
家事は得意だし、だから私の仕事なわけだし、みんなの役に立ってるって思うと、まあ、うれしいから。
それでもたまに……たまにだけれど、やっぱり少し、疲れてしまうときがある。


掃除機をかけている。
先生の部屋は汚い。あっちこっちにカップ麺のいれもの。ポテトチップの袋。散らかったエロ本。
冷蔵庫の近くに、たまにあの黒いいきものがいて、私は悲鳴をあげる。
「なんでいつも言ってるのに掃除してくれないんですか。
 生徒に部屋の掃除なんかさせて、恥ずかしくないんですか」
そう言うと先生はテストのマルつけをしながら申し訳なさそうに、
「あ、あはは……ごめんね」
笑ってごまかそうとするところが、この人のダメなところだと思う。
こんな部屋にチクビを住まわせておくのが、私はすごく心配になる。
私がいなかったら、この家はとっくにゴミ屋敷になっている。
休みのたびにようすを見に来てあげている私は、本当に優しいと思う。
あきれた気持ちで掃除を終えて、お昼ご飯を作る。
今日はチャーハンに決める。本当はもっとちゃんとしたものでもよかったんだけれど、
先生がチャーハンがいいって言ったのでそうした。私もラクだから別にいい。
炒り卵を入れる。先生が卵が好きっていうのはどうでもよくて、単においしいからだ。
刻んだレタスを入れる。先生が『シャキシャキしておいしい』って言ってくれるのはどうでもよくて、
単に栄養があるからだ。
そうしてご飯を作り終わると、私と先生とチクビで小さいテーブルを囲んで、お昼の時間になる。
先生は『おいしい』ばっかり言う。もっとほかに気の利いたコメントをしてほしいと思うけれど、
この人はそういうのが苦手だっていうのがわかって、あきらめた。
でも、先生がそう言ってくれるたびに、私はなんだか、あったかい、ぽわぽわした気分になる。

ご飯のあとでまたマルつけを始めた先生の横に座って、私はチクビと遊ぶ。
私の手の中でチクビはころころと転がる。ほおずりをしてくれる。かわいい。
特に深い意味はないけれど、ふと、先生の顔を横目で見る。
ほおづえをついてペンを動かす先生は、学校であまり見ない顔をしている。
真面目な顔。大人の顔。男の人の顔。
黙ってこういう顔をしていれば、まあ、見られない顔でもないと、私はそう思っている。
先生が気づいて、私と視線がぶつかる。
小さく笑うと、私の頭に手を乗せる。そっとなでてくれる。
「……」
ほんの少し、だけれど、なんだか落ち着くからしたいようにさせてあげることにする。
先生は、静かな時間になると、決まって私の頭に手を乗せる。
こういうときは、私も先生もなんとなく、口を開かないで時間の流れるままにしている。
私のてのひらの中で、チクビがころころと転がっている。
特に深い意味はないけれど、先生の肩に、こてん、と頭を乗せてみる。
一瞬驚いた顔をして、少し赤くなる。体がかたくなる。
頭をなでたりして子供あつかいするくせに、ちょっとこっちから動くとこれだ。
私は優しいから、気づかないふりをして、大人しく頭をなでられてあげている。
先生の手は、あたりまえだけど、大きい。大人の男の人のてのひら。
パパみたいにごつごつはしてない、柔らかくて大きくてあったかいてのひら。
ゆるゆると時間が過ぎていく。この時間を私はけっこう気に入っている。
でも、

「先生」
「ん?」
なでてくれるだけじゃ、少し足りない。肩を貸してくれても、まだ少し足りない。
「私、いつも、がんばってます」
「?……うん」
私だって、たっぷりサービスしてあげてるのだ。
先生も、もっと私にサービスしてくれていいと思う。
「料理も掃除も洗濯も予習復習も毎日やってるんです。昨日のテストだって満点でした。
 今日も朝から先生の家の掃除なんてして、お昼まで作ったんですよ。
 こんなよくできた小学生なんて、日本中さがしたってそうそういないですよ」
ぽかんとした、どうしたらいいのかよくわかっていない顔をする。
先生はひどく鈍いところがあるから、これくらいじゃ伝わらないのだ。
だから、もうはっきりと言う。
「……がんばった生徒を、先生はほめてあげるべきだと思います」
ちゃんとした見返りを要求してるだけのはずなのに、なんだかすごく恥ずかしくなって目をそらした。
少しの間。先生が小さく笑う声がした。
「ひとはちゃんはえらい」
「……」
「ひとはちゃんはすごい。ひとはちゃんみたいな子は、たぶんどこにもいないと思う。
 言い訳してサボっちゃうこともあるけど、本当はすごくがんばりやさんなんだよね」
先生の言葉は静かで優しい。
私のてのひらの中で、チクビがころころと転がっている。
頭の上で大きなてのひらがわしゃわしゃと動いた。
「わかりづらいけど、僕はちゃんと知ってるから。疲れちゃったら、僕のところで
 休んでいっていいから。いつでも来ていいからね」
顔を伏せた。
「……モテないからって小学生まで口説くんですか。どうしようもない変態ですね」
「え、ええ?そんなのじゃないのに」
「ほめ方だってまだまだです。六十点です。そんなのじゃ私のやる気は回復しませんよ」
「厳しいなあ……」
顔を見られないようにするのに、少し気を使う。
どうしてこんなになってしまうのか、それはわからない。
嬉しいなんて、思ってるわけじゃないのに。本当に、思ってるわけじゃないのに。
こんな……だらしなくゆるんでる顔、先生に見られたら生きていけない。
「ひとはちゃん?」
「……まったく、仕方ないですね。来週もう一度チャンスをあげますから、それまでにしっかり、
 ほめ方の勉強しておいてください。合格するまで、何回でもやらせますからね」
先生が苦笑いした。また頭をなでてくれた。
もう一度、今度は先生の胸に頭を倒した。
先生の顔は見えないけれど、どうせまた赤くなっているのだ。体がぴくっとしたからわかる。
やっぱり、先生をからかうのは面白い。せいぜいどぎまぎさせてやろう。
なんで私がこんなことするのかなんて、いろいろ考えて、頭の中がごちゃまぜになって。
いくら考えたって答えなんて出ないのに。
だってやっぱり、深い意味なんてないのだから。


最初はチクビに会うためだけに行っていた。わざわざ合鍵まで作って、あの部屋まで。
でも今は、それだけじゃない。
悔しいけど、認めたくなんかないんだけど、私は、先生にも会いたいと思っているのだ。きっと。
先生に頭をなでてもらうと、不思議と落ち着く。
先生にほめてもらえると、またがんばろうって気になる。
先生と一緒にいると、たまに、ずっとこのままでいたいと思うこともある。
この気持ちをなんていうのか、私にはよくわからない。
わからないけれど、今はこのままでいいとも思う。
毎日がんばって、休みの日には先生の家でゆったり過ごして。
そういうふうに過ごしていける今が、私は少し、しあわせだと思う。

ただ、ひとつ。
もう何年かして、先生がそのときまだ一人で寂しそうにしていたら、私が隣で、
また頭をなでさせてあげようって、そう思っている。

パパにも、みっちゃんにもふたばにも言えない、これは私だけのひみつ。