※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ペニ律「よし!澪、行くぞ!」キリッ

澪「う、うん。」そぉー

唯「う、うう///」

ペニ律「頼もーーーーっ!!」ずちゅう!

唯「う、ふぁあ///な、なんか熱いよ!律っちゃん!///」

澪「あ、ふああ///唯の中、唯の中///」はあはあはあ

(ペニ律「ふたりとも、まだまだこれからだぞ!澪、動いてくれ!」)

澪「こ、こうか?///」ズチュ~、ズチュ~

(ペニ律「そうだ!」)

唯「ちょっとまって!///む、無理だよ!抜いて!抜いて澪ちゃん!///」

(ペニ律「我慢しろ、唯!そのうち気持ち良くなるから!」)

唯「ふぁ~///憂~。助けてよ憂~///」しくしく

…………
扉の向こう

紬「よ~く見ておくのよ梓ちゃん!」

梓「はい!勉強になるです!」



澪「ああ///律~///唯~///はあはあ///」パンパンパン!

唯「あ、ああっ、律っちゃ~ん///澪ちゃん~///」くちゅくちゅ

(ペニ律「ふたりとも良いぞ!輝いてるぞ!!」)

澪「ああ!はあはあ///」パンパンパン!

唯「んああっ!///ああんっ///」

(ペニ律「がんばれがんばれがんばれ!やれるやれるやれる!」)

澪「はあ!はあ!あ、イク!唯!律!イクぅ!////」

唯「あ、律っちゃん!澪ちゃん!私もなんか来ちゃう!////」

唯澪「あはぁあああ~~~~!!/////」

ドピュドピュドピュ~~~!!

律「海だぁ~~~!!!」

プシュ~~~~~!!!!

………
扉の向こう

梓「ゴクリ…」 紬「まあ////」



秋山家!

澪「結局治らなかったじゃん…」

ペニ律「まあ、いろいろあるさ!」

澪「本当はあんなことしたって治らないことわかってたんじゃないのか?」

ペニ律「なんのことやら~」ピ~♪ピ~♪(口笛)

澪「律う~!」ぎゅ!

ペニ律「うっ!くるじい!」

澪「ひあ!///」



翌日!登校中!

(ペニ律「なあ、澪。なんかすごいことができるようになった気がする。」)

澪「なんだよ。悪い予感しかしないんだが…。」

(ペニ律「まあ、見てろよ。」)

ビクンッ!

澪「な、なにこれ!///ぜ、全身が///」はあはあ

(ペニ律「な?すごいだろ~!」)

澪「あ、歩くたびに、肌が、乳首が、股間が擦れて////」はあはあ

澪「あはぁっ///んああ///あ、歩けないよ///」ガクッ



びゅ~~~(風)

澪「あひぃ~~~っ!!」ゾクゾクゾク~っ

おばちゃん「大丈夫?」

澪「ひっ!//だ、大丈夫です///」ガクガクガク

犬「ワンっ!」

澪「あひゃああ////」

ドピュドピュドピピュ~~~っ!!

(律「おほほ~~い!」)

おばちゃん「……。」

澪「…。」がっくし



学校!

澪「(もはや生活して…、生きていけないレベルだろ…)」ガクガク

(ペニ律「まあまあ。」)ギンギン…(←無理やりガムテで押さえた)

紬「澪ちゃん?」

澪「ひゃうん!////」

紬「大丈夫?」ぽんっ

澪「あ、あひゃ~~~っ////」ビクビクッ

ドピュドピュドピュ~~~っ!!

ペニ律「絶好調ーーーー!!」ギンギン!(←ガムテとれた)



信代「秋山さん!」

澪「(の、信代は…///いかんだろ////)」はあはあ

信代「はい、プリント!」ぽんっ

澪「うっ!///信代~~~っ!!」ブルブルッ

ドピュドピュドピュ~~~っ!!

信代「み、澪…」

澪「…、もう…、死にたい…。」がっくし

(律「世間は冷たいよね~」)

佐々木「ペロペロ…」



放課後!部室!

紬「澪ちゃん…、大丈夫?」

澪「だ、大丈夫だからそれ以上近づかないでくれ…」

(ペニ律「いいじゃ~ん?ムギに全部吐き出させてもらえば。」)

澪「もう十分吐き出しただろ…」

紬「どんとこいです!」

澪「…。」



紬「じゃあパンツおろすわよ~。」そぉ

ぺろん

ペニ律「やっほ~♪」ギンギンギン!

澪「あひゃ~~~~っ!!///」

紬「す、すごい量ね///」ポタポタ

ペニ律「律っちゃんまだまだ元気だゾ!」ギンギン

澪「はあはあ…」

紬「じゃあ律っちゃん、くわえるよ。」ぱくっ

澪「あ///む、むぎゅうううううっ!!////」

ドピュドピュドピュ~~~っ!!

紬「うわぁ////」べとべと



澪「ちょ、ちょっと待ってくれ、ムギ。もう無理だ。」はあ、はあ、はあ

紬「うふふ~///やめなぁい♪」

ペニ律「よし!そのいきだ!ムギ!」

紬「いただきまぁ~す♪」ぱくっ

澪「ふあっ///た、大切なあなたにぃ////カラメルソースぅ~~~っっ!!////」

ドピュドピュドピュ~~~っ!!

紬「もうひとこえ~~っ♪」シュポシュポ

ペニ律「おほぉ~!大サービスだぁ~!」

ドピュドピュドピュ~~~っ!!

紬「もうひとこえ~っ♪」ジュポジュポジュポ

ドピュドピュドピュ~~~っ!!

澪「ムギ、も、もう死んじゃう…」はあ、はあ、



澪「ああっ、ふぁ、はあはあ///」ぴゅっぴゅっ(←残り汁)

紬「はあはあ///澪ちゃん素敵よ///かわいいわ♪」ちゅっ

澪「はあはあ…」ちゅ

ペニ律「ふたりとも!よくがんばった!」

…………
扉の向こう

唯「あずにゃん、なんかすごい匂いだね。」

梓「はい…」コクン

唯「私…、帰ろうかな…」

梓「逃げないでください!」



秋山家!

ペニ律「今日も充実してたなぁ~♪」

澪「あ、あぁ…、そうだな…。」ゲッソリ

ペニ律「元気ないなぁ。」

澪「そりゃそうだろ…。もう寝るよ…」



翌朝!

澪「ふぁあ~。なんだか寝たりないな…。」

澪「流石に疲れが…、ってあれ?」がさごそぬぎぬぎ

クリト律「やっほ♪」

澪「り、律っ!戻ってるじゃないか!」

クリト律「うん。なんかよく分かんないけどな。」



澪「なんで戻ったんだろう…」

クリト律「よく分かんないけど昨日いっぱい出したがらかもしれないな。」

澪「じゃ、じゃあ!」

クリト律「うん!また出し続ければ私が元に戻れる可能性がある!」

澪「元に…、」

クリト律「今日休みだしやってみる価値はあるぞ!」



クリト律「澪しゃんと一日中うふふ…///」

澪「なっ///」ぬぎぬぎ

クリト律「澪、かわいいよ////」

澪「り、律////はあはあ///」クチュクチュ

クリト律「澪~っ///私、澪といっしょにいれて、幸せだぞ///」

澪「ああっ///律ぅ~っ///わ、私も~////」ハアハア



澪「はあ、はあはあ////」クチュクチュ

澪「んああっ////律ぅ~っ///律ぅ~っ////」クチュクチュクチュ

澪「ああっ///あんっ////来るっ!」

澪「海だぁ~~~っ!!///」

澪「はあっ、律ぅ///かわいいよ///」クリなでなで

ガチャ(ドア)

律「澪…しゃん…」

澪「ひいっ!」ビクッ

律「私の名前叫びながらなにをやってらっしゃるの…?」


おしまい


律「ねえ、『海』ってなに?」