※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

梓「こんにちわー」

澪「よう梓」

梓「あれ、みなさんはどうしたんですか?」

澪「ああ、みんな進路のこととかで遅くなるってさ」

梓「そうですか」

澪「そうだ、また歌詞を書いてみたんだけど見てくれないか?」

梓「はあ」



梓「……」

澪「ど、どうだ?」

梓「えっと……あの、ちょっと言いづらいんですけど」

澪「……だめだったか?」

梓「澪先輩の歌詞ってエロいですよね」

澪「なっ!?」



澪「い、いきなり何言い出すんだ!」

梓「いや、率直な感想ですけど……自覚してないんですか?」

澪「え……」

梓「例えばこの『自家製のソースかけちゃおう♪』ってなんですか」

澪「それは女の子の繊細な気持ちを……」

梓「愛液をなすりつけようってことでしょう?」

澪「……!」



澪「あ、愛液ってお前……」カアァ

梓「何いまさら恥ずかしがってるんですか?」

澪「私はそういう意味で書いたんじゃないぞ!」

梓「じゃあ『味見したくなったら言って』ってなんですか?モロ誘ってるじゃないですか」

澪「違っ……!」

梓「じゃあ何をイメージしたんですか?説明してみてください」

澪「そ、それは……」



梓「ほら、早く説明してみてくださいよ」

澪「だ、だからそれは女の子の繊細な気持ちを……」

梓「女の子のエッチな妄想をお菓子で例えた歌詞ってことですよね?」

澪「あ……う……」

バタン

唯律紬「おいすー」

澪「み、みんな!」



澪「ちょうどいいところに来てくれたな!ちょっとこの歌詞を読んでくれ!」

律「ん?新曲の歌詞か」

唯「わー澪ちゃんすごーい」

紬「どんな曲になるか楽しみ~」

澪(よし!これで梓の意見が間違ってるってなれば!)

梓「……」



澪「どうだった!?」

律「あー……いやなんつーか」

紬「うーん……こう……」

澪「だ、だめだったか……?」

唯「なんていうかエッチな感じがするね!」

澪「!?」

梓「ニヤリ」



律「あー!そうそう!なんかエロい!」

紬「うん、この『味見したくなったら言って』のところとか……」

梓「ププーッ!」

澪「……っ!」プルプル

唯「澪ちゃんてばエッチ~」

澪「違う!お前らに歌詞を見る目が無いんだ!」

梓「へぇ」



梓「だったらいろんな人に聞いてみますか?そうすれば本当はどんな歌詞なのかわかりますよ」

律「おっ、いいなそれ!」

梓「じゃあ……ピッピッピッ」

梓「……あ、純?30秒以内に軽音部来てね」

純『はぁ?今から部活始ま』ブチッ



ドタドタドタ

バタン

純「はぁーっはぁーっ!ちょっと梓、何だったのよ……」

梓「うわっ本当に来た」

律「すげー」

唯「犬みたい!」

紬「可愛いわぁ~」

純「部活抜け出してこの仕打ち!?」



梓「はい、これある人が書いた歌詞なんだけどさ」

純「フォローなし……か、はいはい」

梓「純の率直な感想を言ってよ」

純「んー……」

澪「ど、どう思う!?私はすごくいいと思うんだが!」

純「……ブハッ!」



澪「す、鈴木さん?笑うところなんてあったかな?」

純「いやいや、まずタイトルに『ときめきシュガー』ってwww」

梓「wwwwww」

澪「は、はは……」

純「おまけに歌詞はエッチな妄想をお菓子で包んだっていうかwwwどんだけ欲求不満wwwwww」

澪「」



純「自家製ソースwwwかけちゃおうwww痴女かwwwwww」

澪「」

梓「率直な意見ありがとう純」

純「うっくっく……面白かったなあ、じゃあそろそろ部室戻るね!」

梓「うん、ちなみにそれ澪先輩が書いたやつだから」

純「え……」

澪「……」

純「あ、あの……なんかごめんなさい……」

澪「……」

律(この空気どうにかしろよ)



梓「さて、ナメクジみたいにズルズル動いてて気持ち悪かった純もやっと消えましたけど、どうします?」

澪「どうするって……」

梓「あの爆発いかれ頭にあんなこと言われて悔しくないんですか?」

澪「悔しいよ……」

梓「だったら次は先輩の友達にも聞いてみましょう!汚い掃除用具なんかより歌詞を見る目がありますよ!」

澪「……うん、そうだな!」

律「純ちゃんのことには触れないのな」



体育館!


律「お、いたいた、おーいいちごー!」

いちご「なに?」

唯「澪ちゃ……じゃなくてある人が歌詞書いたから読んでみて!」

いちご「ふーん、いいけど」

澪(いちごなら繊細な女の子の気持ちを分かってくれるはず!)



いちご「……」

律「どうだ?」

いちご「幼稚、それに表現がいやらしい」

澪「」

梓「ですって、澪先輩!」



澪「え!?いやっ違っ!」

梓「自分で書いた歌詞を否定するってどうなんでしょうね……まぁ別にいいですけど」

澪「……ああ、私が書いたんだ……」

いちご「へぇ……澪が」

澪「うん……」

律(うひゃーすごい軽蔑の目)

梓(私だったら自害してますね)



梓「じゃあ次は誰にボロカス言われに……意見を聞きに行きます?」

律「もうちょっと隠せよ」

唯「エリちゃんはどうかな?体育館にいると思うし!」

澪「エリ……バレー部の人か……」
澪(なんか今時の子って感じがするし……私の気持ちも分かってくれるかも!)

澪「よし!行こう!」



エリ「あれー?軽音部じゃん、どうしたの?」

唯「かくかくしかじか!」

エリ「そうなんだー、いいよー見せて?」

唯「ほい!」

エリ「『ときめきシュガー』秋山澪……澪ちゃんが書いたんだね!」

澪「なっ!」

梓「わからないと困るのでさっき書いておきましたよ」



梓「何か不都合なことでも?」

澪「いや……別に」

エリ「……」

エリ「へぇ……澪てこんな歌詞書くんだ……」

澪「う、うん……どうかな?繊細な女の子の気持ちを表現してみたんだけど」

エリ「……ニコッ」

澪(何も言わない!?)

梓「……ブフゥwww」



エリ「私そろそろ部活に戻らないと……じゃあね!」ダッ

澪「ああっ!そんなクラウチングで行かなくても……」

梓「結局意見聞けませんでしたね」

澪「……もういい」

律「諦めるのか?」

紬「澪ちゃん……」

澪「こうなったら片っ端から意見を聞いてやる!」

梓「そのいきです!……クヒィww」



教室!


ダダダダダ

ガラッ

澪「……和!」

和「あら、部活行ったんじゃなかったの?」

澪「ちょっとこれを読んでくれ!」
和「いいけど……」

澪「どうだ!?」

グシャ、ポイ」

和「じゃあ私生徒会行くね」

澪「ちくしょおおおおおおお」



廊下!


ダダダダダ

純「あ、澪先輩!さっきはすみまおぶぅっ!?」ガツッ

ダダダダダ

澪「っ!あれは信代と……確か太田さん!おーい!」

信代「んぁ?」

太田「澪ちゃんの向こうに誰か倒れてない?」



澪(信代はともかく、太田さんも以外と女の子な感じが……)

澪「この歌詞を読んで感想を聞かせてくれ!」

太田「歌詞?まあいいけど……」

信代「ちょっと、あたしにも見せなさいよ」

澪「ど、どうかな……?」

太田「うーん……なんていうか……」

信代「繊細な女の子の淡い恋の様子がお菓子で甘く表現されてる……いい歌詞だわ」

澪「なんでお前なんだよ!?」



「きゃー!誰か倒れてる!」

「白目で泡吹いてる……誰か保健室連れていって!」

「写メっとこ」パシャ


澪「なんだか廊下が騒がしいな……」

澪「それよりもまだほかの人に聞かなくちゃ!」

ダダダダダ



軽音部!


唯「澪ちゃんまだかなぁ」

律「あいつ負けず嫌いなとこあるからな」

梓「いい加減エッチな歌詞を書いたって認めちゃえばいいんですけどね」

紬「楽しみだわ~」



ガチャ

澪「……ただいま」

律「遅かったな」

唯「澪ちゃんお疲れ様!」

紬「うふふ~」

澪「……梓」

梓「あ、ちょっと待ってください」

梓「ピッピッピッ……純?今から30秒以内に軽音部ね」

純『あ、梓ぁ……私いま保健室で』ブツッ



ダダダダダ

ガチャ

純「梓あぁ~……!」

梓「うわっまた来た……キモッ」

純「あうぅう~……!」

律「いや、純ちゃんもなんで来たの?」

唯「これは可愛くない!」

紬「可愛くないわ~」



梓「さて、これで舞台は整いましたね」

澪「舞台……?」

梓「澪先輩……みんなに聞いてみてどうでしたか?もう分かりましたよね?」

澪「……ああ、もう諦めるよ……」

梓「だから澪先輩にはちゃんと認めてもらいます」

澪「わかった……」

梓「『私はエッチな妄想大好きなド淫乱肉便器です』って」

澪「それは飛びすぎだろ!!」

澪「認める」



梓「澪先輩、どうしたんですか?早くしてください」

澪「くっ……!」

律「お、おい澪!まさかお前……!」

唯「澪ちゃん!そんな……!」

紬「澪ちゃん!……RECっと」



梓「ほら、みんなの前で言ってくださいよ」

澪「わ、私は……」

律「澪……!」

唯「澪ちゃん……!」

紬「ゴクッ!」

澪「私は……!」

梓「言えっ!!」



純「私はエッチな妄想大好きなド淫乱肉便器ですぅ……」

律「お前が言うのかよ」



おわり