※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

律「冬だ―!」

唯「雪だ―!」

律「滑るぞー!」

梓「はしゃぎ過ぎです」

紬「澪ちゃんが運ばれてくるまで我慢よー」

純「スキーとか初めて!」

憂「私が教えてあげるね」

和「あのトラック、澪のよね」

紬「本当だ」



澪「みんな先についてたのか」

律「おうよ、一足お先に」

唯「結局スキーの準備に手間取ってたからあんまり待たなかったけどね」

澪「それは良かった」

和「で、澪はスキーできるの?」

澪「ああ、板付けなくても雪の上なら自由に滑れるんだ」ススー

純「わぁ、便利!」

憂「純ちゃん板外れてるよー」



唯「ひゃー」ススー

紬「しゃらんら~」ススー

和「じゃあ私麓まで行くね」ススー

律「あいつら上手すぎだろ」

憂「私とお姉ちゃんはよく旅行で行ってましたから」

純「憂羨ましいー」

梓「全くだよ」

澪「私達は私達で滑ろうか」

律「ああ」



唯「ちょっかっこー!」ススー

紬「私も!」ススー

和「私は普通に滑るわね」

澪「もっと姿勢をまっすぐにして」

律「うぬぬ」

純「ぐはぁ!」ステーン

憂「初めは転んで慣れるしかないよね」

梓「純は転び過ぎだけどね」



澪「なんだか楽しいな」

律「ん?」

澪「みんな一緒になって雪遊び、まさに青春じゃないか」

律「あれ、風が強くなってきたかな」

澪「寒くないって」

律「あはは、ごめんごめん」

澪「……春、か」

律「ん?」

澪「あ、ああ、遥か彼方までこの想い届けってな感じで」

律「意味分からん」



唯「スキーと言えばカレーだよね!」

律「いや、ラーメンだろ!」

唯「ビギナーのくせに!」グヌヌ

律「子供舌のくせに!」グヌヌ

和「じゃあ私うどんにするね」

梓「全く……子供ですか!」

紬「澪ちゃん、暖かいものしか無くてごめんね」

澪「あ、ああ、私は……お腹減ってないから!」

律「むしろ滑ってて増えたんじゃないのー?」ニマニマ

澪「太ってない!」



律「あれ? あれってさわちゃんじゃね?」

澪「本当だ」

律「ははは、八の字だ!」

澪「人のこと言えないだろ」

律「でも意外だな、さわちゃんならもっとぐぉんぐぉん速度出してるイメージが」

澪「私はスノボー派だと思ってた」

律「わかるわかる」

澪「あ、転んだ」

律「その勢いで雪だるまになれば面白かったのに」

澪「律は酷いことを言う」



澪「……」

律「どうした、澪」

澪「ごろごろー」

律「!?」

澪「……」チラッ

律「お前はもう雪だるまだし」

澪「やっぱりダメか」



憂「純ちゃん大分上手くなったね!」スイー

純「ふふーん、私はやればできる子だからね」スイー

梓「どの口が言うか」スイー

律「なぁ澪」

澪「ん?」

律「来て良かったか?」

澪「ああ、良かった」

律「そうか、それなら良かった」

澪「うん、大分大きくなったし」

律「雪の話かよ」



紬「じゃあまたねー」ブロロロー

唯「はぁ、スキーすると汗かいちゃうよねー」

憂「帰ったら一緒にお風呂だね、一緒に♪」

唯「うん!」

純「ああ、疲れた……普段使わない筋肉使ったわ」

梓「ぷっ……純ババ臭い」

純「笑うなぁ!」

和「じゃあ私先に帰るね」



澪「律、今日はありがとうな」

律「なんだよ改まって、だいたいそれはみんなに言ってくれよな」

澪「じゃあ律から伝えてくれ」

律「何だよそれ、私達いつだって会えるだろ?」

澪「……ああ、そうだけどさ、何だろ……恥ずかしいから」

律「ああそうか、じゃあみんなには恥ずかしがり屋の澪がみんなに
  ありがとう、またスキー行こうな、って言ってたって伝えるよ」

澪「そこまで言ってないだろ」

律「いいじゃんいいじゃん、編集としてさ」

澪「殴るよ?」

律「冷たいのはやめて」

澪「雪ぱーんち」ポフッ

律「やめてって言ったのに!」



律「おっす澪」

澪「おっす律」

律「最近暖かいけど体は大丈夫か?」

澪「ああ、大分雪山で大きくなったからな」

律「見るからにお腹が大きくなったようで」

澪「雪ぱーんち」ポフッ

律「ごめんなさい冷たいです」



澪「お腹と言えば」

律「?」

澪「外国では雪だるまは3段がスタンダードらしい」

律「どこからそんな話になる」

澪「腹、3段腹、3段みたいな」

律「複雑だな」

澪「私も3段が良いな」

律「何でだ?」

澪「3段あればボンキュッボンになれる」

律「元々そうだった人に言われたくはない」

澪「そうだ、律も雪だるまになろうよ、そうすれば……」

律「それは暗に私がまな板だって言いたいのかい澪さん」



澪「もし3段になったら会話も英語だな」

律「私英語聞いただけで発狂するよ」

澪「あー、アイアムスノーマン」

律「きょええええええええええ!」

澪「!」

律「発狂した」

澪「あー、びっくりした」

律「へへへ」



律「そういえば英語だと雪だるまってスノーマンなのか」

澪「そうだな」

律「女の雪だるまは前例がないのか」

澪「今の時代男だろうが女だろうが名前は統一するもんだ」

律「男女平等社会?」

澪「うん、よくわからないけど」

律「じゃあスノーミオでいいや」

澪「名前じゃん」

律「名前だな」

澪「日本語にしたら」

律「ゆきみおだな」



澪「そういえば一生のうちで言ってみたい台詞があるんだ」

律「なんだい言ってごらんなさい」

澪「さよならなのだ」

律「うわぁ縁起悪い」

澪「この台詞は勇敢な雪だるまによるカッコいい台詞なんだぞ」

律「実際は言ってないんだけどな」

澪「え、そうなの?」

律「だから澪も言わなくていいのだ」

澪「そうか、じゃあ言わないのだ」



澪「じゃあこんなのはどうかな」

律「今度は何だ」

澪「ぼくのことをおぼえててくれてありがとう」

澪「ぼく、きみがむかしすきだったおんなのこのなまえしってるよ」

律「誰に対して言ってるんだ」

澪「一応律に、他人の好きだった女の子の名前とか知らないし」

律「私のは知ってるって言うのか」

澪「言わせんな恥ずかしい」

律「一応言っておくけど好きな女の子とかいないからな」

澪「がーん……」

律「?」



澪「あ、そろそろ暗くなるぞ」

律「おお、悪いな心配かけて」

澪「いや、私は律と話す時間は長いほうがいいと思ってるから」

律「にくいこと言ってくれるじゃないの」

澪「一人だと寂しいしヒマ」

律「おいおい」ボスッ

澪「雪バリアー」

律「なんの、雪クロスカウンター」ボスッ

澪「雪バリアーが破られた!」

律「冷たっ」



澪「……もうすぐは~るですね~♪」

澪「……」

澪「暖かいなぁ」

澪「眠くなってきた」

澪「何だっけこういうの」

澪「春はあけぼの?」

澪「……」

澪「あ、春眠暁を覚えずか」

澪「……」



律「ふぅ、今日はいっそう暖かいなぁ」

律「あ、雪融けかかってら」

律「……!」

律「澪!」



澪「……」

律「おい澪、大丈夫か」

澪「……」

律「まさか死んだりとかしてないよな」

澪「……」

律「おい!」

澪「……ん、寝てた」

律「驚かすなよな……」

澪「どうした律、目が赤いぞ」

律「花粉症だよ!」

澪「もうそんな時期かぁ……」


おわり