※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聡「ねぇ、姉ちゃんのこと。嫌いじゃないよね?」

澪「え!? な、なんでそんなっ」

聡「いや、なんとなく」

澪「……嫌いじゃないよ。そうだったら今ここにいること自体がおかしいだろ?」

聡「まぁ……」

澪「す、好きっていうのもあれだけど……律は私の大切な友達」

澪「律が友達になってくれたから、今の私がいるんだ」

聡「そ、そっか……」

澪「もちろん。その弟の聡だって私の大事な友達だよ」

聡「え!?」

聡「あ、あっそ……!」

聡(なんかついでにみたいな言い方……)ムスッ



聡「じゃあ姉ちゃんが澪姉の友達じゃなかったら俺は友達じゃなかったってことだね」

澪「そ、そういうわけじゃっ」

澪「うーん……でもどうなんだろうね」

聡「は?」

澪「もしかしたらさ、私と律。私と聡が出会ったのは偶然とかじゃなかった……とか」

聡「……はい?」

澪「う、運命とか!」

聡(よ、よくそんなこと恥ずかしがらずに言えるなぁ……)

聡「へぇ」

澪「運命……出会い……」

澪「あ、なんか良いインスピレーションが頭に」

聡「?」



澪「すっかり外暗くなっちゃったな」

聡「大丈夫なの? 帰り」

澪「まぁ、うん。なに? 聡が私と一緒に帰ってくれる?」

聡「なんでそうなるんだよ! 言ってない!」

澪「あはは、ごめんな」

聡「……ど、どうしてもって言うなら家まで送ってやらないことも…………」モゴモゴ

澪「ん? 聞き取れなかったよ。もう一回言ってくれない?」

聡「……///」

澪「聡?」

聡「み、澪姉のでーぶっ!」

澪「なっ!?」

ゴツン!



聡「っ~……」ヒリヒリ

澪「さすがにデリカシーがないぞ」

聡「み、澪姉のゲンコツは姉ちゃん以上の威力があるよ……」

澪「それは褒め言葉として受け取っておこうかな」

聡「マジかよっ」

聡「……」ジー

澪「……どうしたの? 手なんか見つめて」

聡「いや、澪姉の手の大きさは俺と同じぐらいかなって」

澪「っ!!」

澪「うわああんっ」ブンブンッ

聡「いたいっ、痛いってば!?」



澪「……」

聡「て、手が大きいからって拗ねることないでしょ?」

澪「うるさい……」

聡「あー……ほ、ほら! 手が大きいから澪姉はベースが上手いんだよ!」

聡(いや、手の大きさはまた違うか……)

澪「あれ?」

澪「私がベース弾いてるところ聡に見せたことあったか?」

聡「え? ああ、姉ちゃんから学園祭でやってた演奏のDVD見せてもらったんだよ」

澪「あいつ、家になんで持ち帰ったのかと思ってたらそういうことだったのか」

澪「それって去年のやつ? それとも今年の?」

聡「ううん。澪姉たちが1年のときの……」

澪「  」

聡「澪姉? あ、あれ?」



ガチャリ

澪・聡「あ」

律「ただいまー」

聡「おかえり。澪姉が待ってるぞー」

律「へ? 澪?」

澪「律、遅かったじゃないか。メールしたのに」

澪「ていうか今日スコア取り来るって言ってたでしょ?」

律「そ、そうだったっけ。いやー、ごめんごめん!」

律「携帯、部屋に置きっぱで外でてっちゃってたからさ」

澪「もうっ」

聡「うちのダメ姉が申し訳ない」

澪「まったくだよ」

律「ふ、二人で私をいじめんなぁ~!」



律「澪、せっかくだしウチで夕飯食べてけよー。なんか悪いことしちゃったし」

澪「いいの?」

律「聡が是非っ、だってよ」

聡「おい!?」

澪「ふぅん……じゃあ、聡が言うなら仕方がないな。ご馳走になります」

聡「あー、好きにしろよちくしょう!」

律・澪「あははっ」

律「待ってろよー? シェフ田井中が腕によりをかけてハンバーグ作ってやるから」

澪「あれ、またハンバーグ?」

聡「姉ちゃんはメニューに困るとすぐにハンバーグなんだな、これが」

律「文句言うならお前の分ぬーき」

聡「し、シェフ田井中のハンバーグは世界一だよ!」

律「ん、よしよし」

澪「姉弟だなぁ……」



律「はい。たーんと召し上がれっ」

澪「やっぱりご飯はつけるんだな」

聡「うちはみんな米好きだからさ、澪姉んちはパン?」

澪「ん、どっちも好きだと思うよ」

律「……お前たち。よーく目の前のご飯を見てみるがいい」

澪・聡「?」

律「ただの米ではない! 十殻米なのだ!」

澪・聡「お、おおぉ……?」

律「私が求めていたリアクションとちがーう!」

澪「なんだよそれっ」クスッ

聡「ねぇ、もう食べていい? 俺けっこう腹減ってるんだけど」

律「ちくしょー! 勝手に食べろよぅっ!」プンプン



聡「ふぅ、満腹」

律「おいおい、育ち盛りがおかわりなしなのか?」

聡「腹八分目って言うでしょ? ていうか姉ちゃんは常に大盛りでだしてくるからこれでいいの」

澪「あ、確かに律ってやけに多く盛るよな! 昔からそうだった」

聡「昔?」

澪「うん。小学校での給食のときに……」


小律「はい! 澪ちゃんの分!」デデーン

小澪「り、律ちゃん……これじゃあ多すぎて食べられないよぉ……」

小律「ダメだよー。いっぱい食べなきゃ大きくなれないもん!」

小澪「うぅ……」




澪「ってことが」

聡「想像つくなぁ」

律「で、でも! そのお陰で澪大きく成長できただろ! 身長とか、胸とか!」

澪「……こっ、このっ///」

ゴチーン

律「いちゃいっ!! な、なんで殴る!?」

聡「でも姉ちゃんはいっぱい食べてもあんま大きく成長しなかったな」

律「わあぁー!! うるさいやい、うるさいやい! 私はこれから大きくなるんだいっ!」バタバタ

澪「……フッ」

律「きぃー! 見たかあれ! 今あいつ鼻で笑ったぞ!?」

聡「騒がしい姉だよ……」



律「ほんとにもう帰っちゃうの?」

澪「うん。そろそろおじさんたちが帰ってくるころだろ? 長居したら迷惑になるし」

聡「別にそんな気にしなくていいのに……」

律「あ、聡ぃ。お前もしかして澪ともっと一緒にいたかったんじゃないのー?」ニヤニヤ

澪「え、そうなの?」

聡「あ……いや、別に…………なんでもねぇよ///」

澪「……ふふっ、それじゃあ。ばいばい、律、聡」ガチャリ

律「うん。暗いから気をつけて帰りなよー」

聡「……」

律「聡? なにボーっと……ははーん」

律「さ・と・しくん。 お姉ちゃん命令だ。澪を家まで送ってきな」

聡「は? な、なにを勝手なっ」

律「いいから。ほら!」ドン

聡「うわわっ!?」



ガチャリ

聡「あ、姉から家を閉め出されてしまった……!」

澪「聡?」

聡「わあぁっ!?」

澪「!」

聡「って、澪姉……」

澪「なに急に大きな声あげて……もう、びっくりしちゃったじゃないか」

澪「それで? どうかしたの?」

聡「あ……えっと、その、い……い……」

澪「ん?」

聡「……家まで送るよ。澪姉一人だと……その、心配だから」

澪「!」

澪「……へぇ」

聡「なんだよ……」

澪「ううん。なんでも! じゃあ帰ろうか、聡っ」クスッ



澪「あ、見ろよ。この公園」

聡「ん?」

澪「覚えてる? ここで昔よく遊んだよね」

聡「そうだね……」

澪「いつからだろうな。ああやって遊ばなくなっちゃったのは」

聡「澪姉が大人になってから」

澪「え?」

聡「な、なんでもない!」

澪「……さっきさ」

澪「大人の階段がなんとかって話したけど、実際まだ私は子どもだよ」

澪「大人になりたがりの中途半端な大きな子ども」

聡「……」

澪「変わらなかったんだ。なにも」

聡「うん。たぶん知ってる」

澪「ふふ、聡は大人だな」



聡「姉ちゃんはいつまで経ってもガキのまんまだよな」

澪「あははっ、そうだな」

澪「でもあれが律なんだよ」

聡「かなぁ?」

澪「うん」

澪「律は律。聡は聡。私は私」

澪「このまま、変わらないままでいたいな」

聡「そんなの大人になったらわからないんじゃないの?」

澪「……どうかな」

澪「私はいつまでも今の私を忘れずにいたいよ。大人になっても」

聡「そっか」

聡「……俺たちってさ、大人になったら大人になれるのかな?」

澪「わからない。なってみなくちゃ」



聡「澪姉は高校卒業したら大学生?」

澪「まだ受験してもないんだからそれはまだわからないよ」

聡「でも、卒業したらどこ行くの?」

澪「……できれば大学に行って、みんなとバンドし続け……」

澪「……し続け」

聡「え?」

澪「ねぇ、聡。私、律たちと離れたくないよ……」

澪「みんなとずっと一緒にいたい……!」

聡「で、でも澪姉は姉ちゃんとは違う大学目指すんでしょ? だったら……」

澪「……あはは、私って臆病っていうか、寂しがりっていうか」

聡「?」



澪「決めた!」

聡「え!? な、なに急に……?」

澪「聡! 私もみんなと一緒のところに行く! もうしばらく離れない!」

聡「ほ、ほんと突然だっ」

聡「でもそれってそんなに簡単に決めていいこと?」

澪「だからいっぱい悩んだ。すごく悩んだよ。その上でこういうこと言ってるんだ!」

聡「あははっ、澪姉はガキだなぁ!」クスッ

澪「言ったろ? 私はまだ子どもだって」

聡「はいはい。よーくわかりましたよ」

澪「ふふ、聡は私のいい理解者だな」

聡「ま、姉ちゃんの弟やってるぐらいだからね」



聡「……あ」

澪「もう家着いちゃったな」

聡「う、うん」

澪「ごめんね。ここまで連れてきちゃって」

聡「俺が送るって言ったんだからいいの。気にしないでよ」

澪「そっか、ありがとうな。聡」

聡「うん。それじゃあ俺はこれで……」ス

澪「聡!」

聡「え?」

澪「ほんとにありがとう。大好きだ」

聡「!?」

聡「……う」

聡「お、おう……///」



聡「ただいまー」

律「おっかえりー。ちゃんと送れた?」

聡「しっかり輸送してきたよ」

律「ん、上出来、上出来。褒めてあげちゃう」ナデナデ

聡「だっっ、そういうのやめてよ! うっとおしいなぁ、もうっ」

律「可愛い弟だからこうしたくなるんだろ~」

聡「可愛くない姉」

律「前言撤回、憎たらしい弟めっ!」ビシッ

聡「いてぇよっ!」

今日の私の弟はちょっぴり大人に見えました。

聡のくせに生意気だっつーの。



おしまい