※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

音楽室

ガチャ

律「澪ー!死ぬなぁ!」

唯「ほ、ホントに来た!」

澪「来たか律…じゃあ座れ」

律「は?な、なに?お菓子?それに平沢さんに琴吹さん?あとは…誰?」

紬「どうも…」

梓「私は中野梓…です」

律「あ、田井中律です…んで!これはなんのパーティーなんだよ澪!」

澪「……」



澪「これ食べながら座っててくれ、律」

律「は?なんだよそれ…」

唯「あの!このお菓子と紅茶は私が買ってきました!
 いつもムギちゃんが持ってきてくれるやつに比べればおいしくないけど…どうぞ!」

紬「いつも…私が…?あ、このティーカップ、私の家にあったような…」

律「あ、クッキーうめえ…じゃなくて!」

澪「律、皆…今から演奏やるから見ててくれ」

梓「演奏って…二人だけでやるんですか?」

唯「そうだよあずにゃん!じゃあいくね?」

澪「じゃあいきます、ふわふわ時間!」



唯「君を見てると~いつもハートDOKI☆DOKI!」

唯(みんな!お願いだからこの曲で記憶戻して!)

澪(大丈夫だ…この曲ならきっと…)

律「……」

梓「……」

紬「フンフン♪」パチパチ



唯「ふわふわタ~イム♪」

ジャジャ~ン…

澪「ど、どうだったみんな!?」

律「み、澪…」

澪「律、記憶戻ったのか?」

律「お前ベース上手いな!いつの間に練習してたんだ!?」

澪「な…」

律「私びっくりしたよ!お前がそこまで頑張ってたなんてさ!」

澪(戻って…ない…)



梓「唯さん!」

唯「あずにゃん?戻った?」

梓「私びっくりしました!いつの間にギターなんて始めてたんですか!?」

唯「う…あずにゃん…」

紬「うふふ…女の子がギターにベース…とってもよかったわぁ♪」

澪(ダメだ…皆戻ってない…)



澪「じゃあもう一曲…」

梓「あ、ごめんなさい…もう予備校に行かないと…失礼します」

紬「私も合唱部に呼ばれてたから…またね?今日はありがとう」

律「あ、私も戻るわ…澪も後でこいよ?」

澪「ちょっとみんな…」

唯「待ってよう…」

バタン…



澪「唯…私たち、どうすれば…」

唯「あぅ…ごめん澪ちゃん、私…」

澪「唯?」

唯「もう……」

澪「唯!お前、顔が真っ青だぞ!?」

唯「ね……」

澪「まさか…昨日寝てなかったのか!?」

唯「りゅ」

澪「唯!唯!大丈夫か!?唯!!」



唯「ぐ~…」

憂「お姉ちゃん、今日嫌に早く起きてきたと思ったら、寝てないだなんて…」

澪「ごめん憂ちゃん…私が無理をさせたから…」

憂「いえ…私は夕飯の買い物に行くんで、お姉ちゃんをよろしくお願いします」

澪「うん…」

唯「ぐ~…あいしゅ…」



澪「結局…みんなの記憶、戻らなかったな…唯」

唯「ん…たくあん…」

澪「もし、このままお前か私が軽音部のこと忘れたら…ひとりぼっちになっちゃうんだな」

唯「ぐー…」

澪「嫌だよ…唯…忘れたくないよ…一人にしないでくれよ…」

唯「すー…」

澪「唯……」



…さん、澪さん…

澪「ん…」

憂「澪さん?」

澪「あ!私…今何時?」

憂「朝の6時です…」

澪「いて!首が…私、何時間寝ちゃったんだ…?」

憂「昨日、何回も起こしたんですけど全然起きなくて…家の方には連絡しときました」

澪「ご、ごめん…そ、そうだ…唯!?」



唯「う…うーん…」

憂「もう起きそうですね、じゃあ私朝ごはん作っときます」

澪「うん…」

澪(私は…忘れてない…ってことは…)

唯「ん…」

澪「ゆ…唯?」

唯「……だあれ?」



澪「……」

唯「えと…どなたですか…?どうして私の部屋に?」

澪「な…なんでも…ないんだ…私、憂ちゃんの知り合いで…」

唯「ああ、そうなんだ!あれ、でも二年生なんだね!同級生だ!」

澪「うん…じゃあ私、これで…」

唯「え、もう行くの?あ、お名前は?」

澪「秋山…澪…」

唯「へえ、澪ちゃんか!今度からよろしくね!」

澪「うん……」



憂「あれ、澪さん朝ごはんは?」

澪「あ、一度家帰るから…またね」

憂「はい…それじゃあ」

澪「あ、あと…唯のヤツ寝ぼけてるから…変なこと言うかもしれないけど気にしないでな」

憂「え?あ、はい…」



音楽室

澪「……」

澪(澪ちゃん、か…記憶はなくなっても唯は唯なんだな…)

澪「ていうかなんで私…音楽室来てるんだろ…誰もいないのに」

ガチャ

澪「誰…?」



さわ子「ちょっとムギちゃ…あら?澪ちゃん一人?」

澪「…さわ子先生は…忘れてないんですね」

さわ子「は?なに?」

澪「いえ、こっちの話です…で、なんですか?」

さわ子「ああそうそう、ムギちゃんたら合唱部に入部届なんか出して…どういうこと?」

澪「あ…そういえば…」



澪「ムギ、合唱部に入りたいって言ってたんです…掛け持ちはダメなんですか?」

さわ子「ウチは基本は掛け持ちはダメだから…」

澪「そう…ですか…」

さわ子「ねえ、あんたたち最近どうしたの?練習全然やってないみたいだけど」

澪「なんでもないです…合唱部のことはムギに直接言ってください」

さわ子「そう?まあしっかりやんなさいよ!じゃあ」

澪「先生!」

さわ子「ん?なに?」

澪「軽音部のこと…絶対忘れないでくださいね」

さわ子「は?なに言ってんの?当たり前でしょ!じゃあまたね~」

澪「絶対…ですから…」



夕方

澪「私なにやってんだろ…ずっとベースの練習しちゃった…あはは…ムギ、ちょっとお茶…!」

澪「あ……」

澪「なに…やってんだ私…結局なにも出来てないじゃないか…」

澪(嫌だ…忘れたくない…軽音部のことを忘れたくない!)

澪「そうだ…私は忘れない…私は絶対に忘れない…!」

澪「今夜はここに泊まって一晩中起きてよう…そうすれば!」



さわ子「まあ泊まるのはいいけど…ホントに後でみんな来るのね?」

澪「はい!だから先生も帰って大丈夫です!」

さわ子「じゃあ…またね?」

澪「はい!」

バタン

澪「……」

澪(ずっと寝なければ大丈夫だ…ずっと軽音部のこと考えてれば大丈夫!)



3時

澪「えっと…ここはこうで…ふう…もうこんな時間か…」

澪(そういえば…いつだかみんなで唯の追試の勉強したっけ…)

澪「ちょっと眠いけど…起きてなきゃ…ダメだ…寝ちゃ…」

澪(あの時も外暗かったけど…なんか今日はすごく暗いな…時間が違うからかな)

澪「寝ちゃ…だめ…だ…」

澪(そうだ…みんなと…また…いっしょ…に…)


――――――――



澪(ん…あれ…朝…私…)

澪「なんだここ…音楽室?なんで?」

澪(なんか…なんか忘れてるような…なんだろ…?)

澪「まあいいや…よくわかんないけど、帰ろうかな…ってベース?
 …なんで私こんなの持ってんだろ…」



1週間後

梓「はぁ…今日も予備校か…嫌だなあ」

梓(なんだろ…なんか夏休みに予定があったような気がしたのにな…)

梓「あ!そうだ…久しぶりにギター弾いてみよう!」

梓(それに、こないだの唯さんの演奏…なんか気になるんだよなあ…)



梓「よいしょっと…あれ?妙に綺麗だな…
 私、ギターなんて高校入ってから弾いてないはずなのに…」

梓(あれ…なんだろ…なんか変な感じ…)

梓「ま、いいや…なに弾こうかなあ」

梓(ふわふわ時間…か…おかしな名前…えっと…)

ジャジャ~ン…

梓「あ…あれ?弾ける?一回も練習してないのに…なんで?そ、それに…」

梓(なんで…こんなに楽しいんだろ…?)



紬「ふぅ…ただいまー」

斎藤「お帰りなさいませお嬢様…部活はいかがでしたか?」

紬「ええ、楽しかったわ…でも…」

斎藤「でも?」

紬「な、なんでも…」

紬(楽しいけど…なんか物足りないな…もっと、ずっと楽しい仲間がいると思ったのに…)



律「ただいま~!いや~!やっぱ中学時代の友達は気心が知れてていいわ!」

聡「おい姉ちゃん…最近遊びすぎじゃないか?」

律「え?前からこんなもんだろ?」

聡「まあ別にいいけどさ…今の姉ちゃん、なんかかっこ悪いぜ」

律「は?どういう…」

聡「あー腹減った!俺おやつ買ってくる!」

律「お、おい!」



律「なんだよあいつ…あーダルい、また映画でも見るかな」

律(まただ…なんだろこのモヤモヤ…どんなに遊んでもスッキリしねえ…)

律「…ドラムかぁ…」

律(そういや昔ドラムセット買ったのに…どこやったんだろ…)

律「あー!!なんなんだー!きー!!」



ピンポーン

憂「あ、和さん…こんにちは」

和「こんにちは…唯は?」

憂「います…けど…」


唯「あ゙ーづーいー…あ゙ー、和ちゃーん…おいーっす」

憂「お姉ちゃん!だらけすぎだよ?」

和「唯……」



和「どうしちゃったの唯?なんか前よりいっそうだらけてない?」

憂「はい…なんか最近、軽音部に全然行ってないみたいなんです…
 聞いてもそんなの知らないって言うばかりで…私、何がなんだか」

和「そうなんだ…」

唯「和ちゃ~ん、今度宿題見せて~ん?」


4/4