※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

和「ねえ唯、軽音部はどうしたの?最近音楽室、誰も使ってないみたいだけど」

唯「検温部~?なあにそれ~?」

和「軽音部!あんたたち、合宿行かないの?練習しなくていいの?」

唯「軽音…部…」

唯(あれ…?なんだろ…なんか…ものすごく…)

憂「お姉…ちゃん?」

和「唯…?」



唯「ギ…ギ…うっ…うぅ…ギ…」

和「ギ?どうしたの唯?」

唯「なっ…なんか…すごく大切なものを…うぅ…忘れてる気がするぅ…」

憂「もしかして…えっと…ギー…」

唯「わ…私…行かなきゃ!」

和「行くって?」

唯「学校!!なんか呼んでる気がする!」

憂「お姉ちゃん!!せめて着替えて!」

唯「あ…んもー!」



澪「はぁ…宿題終わりっと…」

澪(最近、なんかつまんないな…律とも連絡取らないし…)

澪「……ん?」

澪(こんなノート…持ってたっけ?)

ペラ

澪「君を見てると…いつも…ハート…DOKI☆DOKI…な、なんだこれ…はずかしい歌詞!」

ペラ

澪「放課後…ティータイム…?」

澪「……!」



学校

唯「はぁ…はぁ…あ、あれ?」

梓「あ…唯さん」

唯「確か…憂の友達の…梓ちゃん!」

梓「え…?」

梓(なんだろ…この違和感)

唯「ありゃ…?梓…ちゃん?」

唯(なんか呼び方が違うような…)



紬「あ…あのー…」

唯「あ…確か同じクラスの…紬ちゃん!…ありゃ?」

紬「つむぎちゃん?なんか…変ねえ」

唯「そうだね…あはは…」

梓「ところで…二人とも何しに来たんですか?また軽音部がどうとか?」

唯「あ…あずさちゃん!?」

紬「軽音部ってなあに?聞かせて!」

梓「え?ええ?」



律「ちょっと待った!私にも聞かせてくれ!」

唯「あ…律ちゃん!」

紬「田井中さん?」

梓「田井中…さんでしたっけ」

律「な、なんだこのモヤモヤは!いいから中野…いや!梓!話を聞かせろ!」

梓(梓…なんか、落ち着くな…)

梓「…コホン、…先週、私が家にいたらいきなり皆さんが…」



唯「そんなことが…私全然わかんないや」

紬「私、合唱部に入ったあとに平沢さんたちが来たのと、演奏を聞いたのは覚えてるわ」

律「私も…なんか演奏を聞いたな…あれ?確か澪とひ…平沢さんって、一緒に演奏してたじゃないか」

唯「え…?」

梓「そうです!唯さんはギターやってたじゃないですか?」

唯「う…おお…?」



律「あれ?梓、ギター持ってるのか」

梓「はい…なんか弾いてたら気になって学校に来ちゃったんです」

律「私も…ドラムが音楽室にあったの思い出して学校きたんだ」

紬「私も…キーボードが無性に弾きたくなったから…」

唯「ギ…ギ…」

律「どうした?」

唯「私…すごく大事なものの名前がどうしても思い出せないの…
 ぎ…ぎ…ギー…ギー…あうぅ…思い出せないぃ…」


澪「ギー太だよ!!唯!」



律「澪…?」

紬「秋山…さん…」

梓「ギー太って…?」

唯「ギー太…そうだ…すごく大事なものの名前だ…どうして思い出せなかったんだろ…」

律「なあ、お前なにか知ってるのか?澪!」

澪「…律、お前は…軽音部のドラムで部長なんだよ」

律「わ…私が…?」



澪「それで…ムギはキーボード!梓はギター!」

紬「私が…軽音部…」

梓「私…軽音部にいたんですか?」

澪「それで…唯もギター!ギターの名前はギー太だ!」

唯「私がギター…」

律「でも…そんな記憶ないぞ…ホントなのかよ澪?」

澪「……」



澪「なあ皆…音楽室に行って、演奏しないか?」

律「でも…私ドラムなんて高校入ってからやった記憶なんて…」

唯「私もギター触った記憶ないよ…すごく大切に思ってるけど…」

紬「私も…いきなり皆で合わせるなんて…」

梓「私は…だ、大丈夫…だと思います!」



律「なんでだよ?」

梓「私…さっき家でギター弾いてみたんですけど…
 こないだ唯さんたちが演奏してくれた曲、一度聞いただけなのに、自然に弾けたんです!
 だから…もし私たちが軽音部にいたなら、弾けると思います!」

紬「そうよね…!とにかくやってみましょう!」

唯「うん!」

律「そう…だな…!やるか!」

澪「皆…」



音楽室

唯「これが私のギー太…なんか…うへへ~」

律「このスティックの感触…これだ…これだー!」

紬「このキーボード…なんだか本当につい昨日まで弾いてた感覚…」

梓「さあ!じゃあやりましょう!」

澪「…皆、練習は…いらないよな!曲は…ふわふわ時間!」

律「おっしゃー!1・2・3・4!」



ジャララララン♪ジャララララン♪

唯(すごい…初めて触るはずなのに…自然に指が動く!ちょっと難しいけど!)

律(すげえ!すげえすげえすげえ…ドラムって、こんなに気持ちいいんだ!)

紬(練習なんてしてないのに弾ける…本当に、これが私なの?)

梓(楽しい…皆の演奏、特別上手ってわけじゃないのに…すごく楽しい!)



澪(…皆から記憶がなくなった理由は…多分、試されてたから…なのかも…)

唯「あぁーカーミサーマお願い二人だーけの♪」

澪(皆が今までの日々を忘れて、バラバラになったとしても…)

唯「Dream Time くだーさーい♪」

澪(こうしてまた皆で演奏できるかどうか…また一つになれるかどうか…)

唯「お気にー入りーのウサーちゃん抱いてーえ♪」

澪(それを…試してたんだ!)



ジャ~ン…


澪「み…皆?」

唯「……弾け…た…弾けたよりっちゃん!」

律「私も…できたぜ唯!!」

紬「私も!ちゃんとできたわ梓ちゃん!」

梓「はい!ムギ先輩!!」

澪「も…戻った…!」



澪「皆!記憶戻っ…」

唯「今までほったらかしにしてごめんねギー太ぁぁぁ!」

律「ぎゃあああ!よく見たらホコリがあああああ!」

梓「私のも手入れしてないから、ちょっと音が…」

紬「わ、私は…ゆ、指が…つ、つっちゃった…」

澪「聞いてない…ま、いいか…ちゃんと戻ったみたいだからな…」



澪「よかった…皆…グス」

唯「あ!澪ちゃんが泣いてる!」

律「なんだ澪ー!そんなに私たちが戻って嬉しいか?」

紬「あらあら…澪ちゃんたら♪」
梓「澪先輩…」

澪「ち…ちが…律のドラムのホコリが目に入ったんだ!」

律「ホントかー?このこのー!」

澪「や、やめろ律!」

澪(でもよかった…ホントに…ホントによかった…!)



後日

澪「…それで、予備校やめたってホントか?梓」

梓「はい…親には怒られましたけど、まだ1年だからって許してもらえました」

澪「そうか…」

紬「私も合唱部、退部させてもらったわ…引き止められちゃったけど、なんとか」

澪「ふーん、梓もムギも大変だったな…」



梓「でも私、なんで予備校なんて入ったんだろう…部活入ってるのになあ」

紬「私も…合唱部に入った理由、全然わからないの」

澪「え?そりゃ皆が…」

ガチャ

唯「大変だー!」

律「夏休み、あと2週間しかないじゃないか!」

澪「お前ら…なに騒いでんだよ?」



唯「合宿だよ合宿!」

律「ムギ!借りられる別荘あるか?」

紬「ええ!探してみるわ!」

梓「なんか、今年の夏休みはあっという間ですよねえ」

澪「だから…皆記憶喪失してたからだろ?」

唯「きおく…そうしつ?」

律「なーに言ってんだ澪!んなわけあるかよ?」

紬「さすがにそこまでは…ねえ梓ちゃん?」

梓「はい…そうですよ」

澪「え…え?」



澪「ま…待て!じゃあ私たちは夏休みの大半をどうやって過ごしてたって言うんだよ?」

唯「んーと…なーんか頭がボーッとしちゃって…」

律「気付いたらここで演奏して我に返ってた…だっけ」

紬「ホントにボーッとしてたわよね…」

梓「なんか、夢みたいでした」

澪「夢…」

澪(もしかしてあの数日間は夢…だったのか?いやでも…)



唯「あ、でもちゃんと合宿行ったら練習しなきゃね!」

律「おう!もちろん遊ぶけどな」

梓「そんなんでいいんですか!?」

紬「まあまあ、いいじゃない♪練習も遊びも頑張りましょう!」

澪(いや…絶対に夢じゃない…だってこんなに皆、やる気のある目になったんだから…)



澪「私は…絶対に忘れない…」

律「ん?どうした澪?早く練習やろうぜー?」

澪「う、うん!そうだな!」

唯「あ、じゃあ練習終わったら皆で水着買いにいこう!」

紬「いこーう!」

梓「そうですね!」

律「お、珍しく乗り気だな梓?」

梓「い、いいんですよたまには!」

澪(そう…少しだけど皆を変えてくれたあんな出来事、絶対に忘れちゃいけない!)

澪「よし!じゃあまずは練習、頑張ろう!」


おわり