※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―屋上―

律「う~寒ぃいいぃ!!鼻水も凍りそうな勢いだな!」

律「さすがに陽も落ちてるしなぁ」

澪「……」



律「……私さあ、やっぱ幸せもんかなあ?」

澪「唐突だな」

律「うん…やっぱ私は幸せだった」

澪「だった…?」



律「本当は、昨日の夜言うつもりだったんだ…」

律「けど…いざ顔見ると、怖くなっちまってさ」

澪「…何のことだよ」

律「澪も……薄々気が付いてるんじゃないか?

律「私が…普通とは違うこと」



ビュォオオオ……

澪「?……」

律「澪は……あの日願ったよね」

律「ともだちができますように。って…」

澪「―!」




律「もう…分かっちゃったかな?へへっ…」



澪「嘘……」

律「そう…私は………澪の願いそのものだ」

澪「そんな…」

律「でも……もうすぐ私…」

澪「やめろよ…」

律「もうすぐ……私さ…!」

澪「いいからやめろって!!」

律「澪……」



律「澪…聞いて」

澪「嫌だ!いや……」

律「……今私がここに居るのは…澪が願ってくれたからだよ」

澪「……」

律「ほら、立って。顔上げて」

澪「……」



律「キレイだろ」

澪「…うん」

律「私達さ、思えばこの空で初めて合ったんだよ」

律「あのほんの一瞬……二人が出会って…願われて生まれた」

律「それってやっぱ奇跡だ」

澪「………」



澪「律……」

律「ん?」

澪「やっぱりさ、今日の……」

律「………」

澪「……ばか律」

澪「そのせいでお前…」

律「いいんだ…これは私の望んだことだ」

律「それに、ここまで持ったのも幸運なんだ」

律「けどもう……時間がない」




キラ キラ


澪「知ってたのか…こうなる事」

律「……うん」



律「もうすぐ…澪が……そんな事考えると、すっげぇ怖かった…」

澪「だからってお前が…!」

律「さっきも言ったろ?これは私の願いだって…」

律「最後に…皆とも話せて良かった」




澪「最後なんて…言うな」

律「…ずーっとさ、今まで側に居れて……私嬉しかった」

澪「!……」

律「軽音部の皆にも出会えて……本当幸せだったよ」

ドクン

律「……もう…なのか…」

律「……もっと話したかったのにな」

澪「…おい、律……!?」




律「じゃあ、心配だからもう一度言っておくぞ!私が居なくても幸せになること、いいな!」

澪「おい!…嫌だ!行かないでくれ……!私はお前が居ないと…ダメなんだぁ!!」

律「おいおい泣くなよ……澪は強い奴だ。長年連れ添ったこの私が言うんだから間違いない!」

律「約束破ったら化けて出やるからなこのヤロー!」


律「だから……強く生きろよ、澪」

澪「嫌だ!!律ぅううう!!!」



さよならだ―




澪「いやぁぁぁぁぁああ!!!!!!」




母「澪ー!遅れるわよー。ご飯できたから食べなさーい」

澪「ん、うーん…」



―リビング―

澪「お父さんは?」

母「もう出たわよ。今日は会議で早いんだって」

母「はい、どうぞ。今日はお母さん友達とご飯食べてくるから、帰り遅くなるわね」

澪「うん…」



―休み時間―

澪(やっと終わった…)ガラッ
スタスタ

「和ちゃ~ん、一緒にトイレ行こー!」

「シッ、声が大きいわよ!普通に言えばいいから…」

「えへへ…ごめんごめん…」

澪(私にはあんな風な友達居ないな…)

澪(……)



―下校時間―

澪(今日も無事終わった…帰ろ)

「第二音楽室」


『この道は

いつか来た道―』


澪(………)

顧問「それじゃあ一旦休憩」

生徒達「はーい」

ガチャ

「あら?」

澪「あ…!」タッタッタ…

生徒「誰?いまの人、知り合い」

「いえ…どなたかしら」



―帰り道―

澪「ハッ、ハッ……はぁ」

澪(私何してるんだろ…)

澪「…帰ろ」

てくてく

てくてく…

……





―1年後―

母「澪も、明日で桜高卒業だね」

父「早いなぁ、ついこの前入学ようなのに」

澪「……」

母「どう、高校生活は。楽しかった?」

澪「うん。…まぁまぁ」




嘘だ―。

本当は毎日辛かった

話せる友人も

頼れる人も

誰も居なかった

いや、本当は自分が心を開けないで居ただけだ…



―自室―

バフッ

澪「もう寝よ…………ん?」



澪(卒アルか……)

スッ パラパラ…

澪「ふっ…小、中と、相変わらずつまんなそうな顔」

澪(…なのになんだか暖かいものを感じる…)

澪(写真の私、こんなに寂しい顔してるのに)

ズキッ

澪(あ…あたま痛っ……)



パタン

澪「もう止めだ。寝よう」


澪「………zzz」



あれ…

なんだこれ……

どこだ

ん?…あれはギター、あれは…キーボード?

音楽室か…

あ、紅茶のいい香り

懐かしい……気がする

あっ、誰か来る…




あの子達楽しそうだな

私はこうして窓の外から見つめるだけ

自分で出たのだけど…

私もあんな風に………む?

なんだろう、何か言ってる

…え、私?

入ってもいいの…?

いいのかな……

お、おじゃましまーす…

あぁ、やっぱりこの部屋…

そうだ…

…これだ



私の求めてたもの

ずっと欲しかったのは

これだ…

夢みたいな時間

いつまでも見ていたい

…永遠に

皆懐かしいな

唯に…ムギに…

律……




軽音部の皆……また会いたいなぁ……



―キラリ


―朝―

母「澪ーそろそろ時間よ、起きて支度しなさい」

トントントン

母「おはよ、昨日はよく寝れた?」


母「そう…」

母「いってらっしゃい。車に気をつけてね」


ガチャ

バタン



ワイワイ

ガヤガヤ



スタ スタ スタ


タッタッタッタッ


スタ スタ スタ


タッタッタッタッ








「澪ーーー!!」

「クラブ見学、行こうぜ!」

END