※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


唯「澪ちゃん、ギター教えて!」

澪「ん、どこだ?」

唯「ここなんだけど……」

澪「ああ、これならこうやって……」

唯「えへへ」

澪「?」

唯「澪ちゃんってすごいよね。私ギター初めてだけど、澪ちゃんに教わるとすごくわかりやすい」

澪「そ、そうか?」

唯「うん、澪ちゃんすごい!」

澪「///」




唯「クラスでただ一人補習になりましたー……」

澪「いや、まあ……ちゃんと勉強も頑張ろうな、唯」

唯「澪ちゃんはどれくらいの点数だったの~?」

澪「ああ、私はこんな感じだったよ」パラッ

唯「ん、んん? お、おおー……なんと輝かしい点数! 澪ちゃんって頭いいんだね!」

澪「い、いや。ちゃんと勉強した結果だよ。頭いいなんてことは……」

唯「んーん! だって和ちゃんよりも点数高いもん! 澪ちゃん、すごい!」

澪「///」カァー

律(のどかちゃんって誰ぞ?)




澪「合宿をします!」

唯「はい、海行きたいです!」

律「おー、いいねぇ!」

澪「こら、遊びに行くんじゃないんだぞ!」

律「ちぇー、ケチケチすんなよ」

紬「でも、澪ちゃん随分やる気ね。ふふ、部のこと考えてくれてるのね」

澪「いや、そんなことは……」

律「最初はしぶしぶ入部したはずだったのに、今じゃ一番やる気だよな~」

澪「誰のせいだよ!」

唯「えへへ、澪ちゃんなんだかんだで軽音部のことすごく考えてくれてるんだね~」

澪「い、いや……///」

唯「澪ちゃん、ありがとう!」

澪「///」カァー




唯「海だー!」

律「遊ぶぞー!」

澪「こらー、ちゃんと準備運動をしろー!」

紬「ふふ、澪ちゃん保護者みたいね」

唯「ホントホント、澪ちゃんってお母さんみた……」

澪「」ボイーン

律「……」

唯「……」

澪「な、なに見てるんだよ」

唯「澪ちゃん、すごい」ジーー

律「ああ、反則だよな」ジーー

澪「え、あ……ああ///」カァー

澪「そ、そんなに胸ばっかジロジロ見るなー!///」




律「合宿の写真だぜー!」

唯「わーい」

紬「どれもよく撮れてるわね~」

澪「うん、いい感じじゃないか……あ」

律「お、うしし澪ちゃんの寝顔写真はっけーん」

澪「おいこら」グイ

律「おう……み、澪。離して……く、苦し……」

紬「ね、ネックハンギングツリー……!」

唯「す、すごいよ澪ちゃん! カッコイイ!」

澪「な……か、かっこいいなんて……そんな……///」ドスン 律「ウギャッ」

唯「澪ちゃん、本当にすごい!」

紬「りっちゃん大丈夫?」

律「……澪がおだてに弱くて助かった」




澪「歌詞書いてきたんだ」

律「どれどれー……ゾワ」

澪「ど、どうだ?」

律「どうだ、て……こんな恥ずかしい歌詞誰が歌うんd」

唯「すっごくいいよ澪ちゃん!!」

律「……ほえ?」

唯「私歌いたい! 澪ちゃんの書いた歌詞歌いたいよ!」

澪「ゆ、唯……あ、ありがとう」

唯「こんな素敵な歌詞書けるなんて……澪ちゃんすごい! 本当にすごいよ!!」

澪「そ、そんなにおだてても……な、何も出ないゾ……///」

唯「澪ちゃ~ん」キラキラ

紬「~」ウットリ

律「……まあ、別にいいけどさ」




律「みんなでゲームセンターに来たぞー!」

紬「おー」

唯「ねえねえ澪ちゃん! ワニワニパニックやろうよ!」

澪「もっと女の子らしいゲームにしないか?」

律「へっへーん、それならドラムの私がお手本見せてやるぜ!」

澪「やるのかよ」

ワニ ワニ ワニ ワニワニ ワニワニワニ
 ワニ ワニワニ ワニ ワニワニ ワニワニ

律「終了! ほー、81匹かー。よし、次は澪な!」

澪「いや、だから私は別に」

律「あるぇー、澪ちゃんもしかして負けるのが怖いのかしらーん?」

澪「おちょくるな!」



紬「澪ちゃん、折角皆で遊びに来たんだし。やろ?」

唯「澪ちゃ~ん!」

澪「む……わかったよ、それじゃ……」

ワニワニワニワニ ワニワニ ワニワニ ワニワニワニ ワニワニワニ

澪「えい! はい! えい! えい! そりゃ!」

紬「は、迅い……」

ワニワニワニ ワニ ワニワニ ワニワニ ワニワニ ワニワニワニ ワニワニ

ピコーン オシマイー



唯「すごいよ澪ちゃん! 102匹だって!」

律「すげー」

澪「はあ、はあ……」

ママー、アノヒトスゴイ!
アンナキロクハジメテミター!

律「ん、いつの間にかギャラリーが……」

ワイワイガヤガヤ

澪「え、ええ!?」

唯「澪ちゃんすごいよ! ほら、周りの人達もすごいって言ってるよ!」

澪「あ、ああ……///」カァー

律「あらら、茹で上がっちゃった」

澪「///」ポー

紬「えい、えい」ワニ ワニ




律「いやー、学祭ライブ大成功だったなー」

唯「みんな、迷惑かけてごめんね」

律「いやいや、澪がしっかりカバーしてくれたし。結果オーライだよ」

紬「でも、肝心の澪ちゃんは」

澪「」チーン

唯「真っ白だね」

律「そりゃ公衆の面前であれはなあ……」

紬「あ、でも澪ちゃんにファンクラブが出来たらしいわね」

律「ああ、そういえば」

唯「うん! 私も実は入ったんだ~」



律「なに~? おい唯、そんなもん別に入らなくても毎日顔合わせてるだろー?」

唯「だって、澪ちゃんはすごいんだもん!」

紬「すごいって?」

唯「ベース上手いし、お勉強できるし、スタイルもいいし、私澪ちゃんに憧れてるんだ!」

律「おーう、本人の前で憧れ宣言とは。みおー、お前なかなかやる……」

澪「」チーン

律「と、聞いちゃいないか」

紬「でも、確かに澪ちゃんならファンクラブが出来るのもわかる気はするわね」

唯「うん! だって、澪ちゃんは本当にすごいからねっ!」

澪「」チーン

律「おーい、澪。戻ってこーい」




律「さー、帰るかー」

唯「はい、りっちゃん隊員! 今日はどこか寄って帰りませんか!?」

律「ほほう唯隊員、そいつあいい考えであるぞ!」

澪「なんだこのノリ」

紬「わ、私も賛成っ」

律「よし、決定だな! んじゃ、どこ行こうか」

澪「あ、そうだ。駅前に新しい雑貨屋さんができたんだけど……みんなで行かない?」

律「どうだね、唯隊員?」

唯「ははあ、澪将軍のご希望とあらば~」

紬「あ、あらば~」

澪「ムギ、無理に合わせんでいい。つか何だよ将軍て」



 ―雑貨屋―

唯「うっわー、なんか可愛いものがいっぱいあるっ!」

律「ははは、いかにも澪の好きそうな雰囲気の店だな」

澪「う、うるさい」

紬「ふふふ」

澪「あ、そうだ唯。ちょっとこっち来て」

唯「ん、なになに~?」

澪「ほら、ここ。唯、前にこんな感じのやつ欲しがってたよな?」

唯「ほ、ほんとだ! 澪ちゃん、なんで知ってるの!?」



澪「なんでって……夏前くらいにちょろっと言ってたじゃないか」

唯「そ、そんなの私だって覚えてないよ!? 澪ちゃん、わざわざ覚えててくれたんだ!」

紬「澪ちゃん、記憶力いいのね。いつもテストの点もいいし♪」

澪「て、テストの点は別に関係ないんじゃ……」

唯「澪ちゃん、ありがとう!」ニギッ

澪「え、ああ……ど、どういたしまして……///」テレテレ

律(相変わらす唯には弱いなあ)

紬(眼福だわ~)ポワポワーン



10

唯「ねえ澪ちゃん」

澪「ん、どうした唯」

唯「澪ちゃん、いつもありがとうね」

澪「な、なんだよ急に」

唯「ギターの練習のこととか学園祭の時のこととか、なんかいつも澪ちゃんの
  お世話になってたから、お礼言っておきたくて」

澪「いや、そんな大したことじゃ……」

唯「私にとったは大したことなのっ!」

澪「そ、そうか……でも改めて言われると……なんか、その。照れる……///」

唯「ふふ、澪ちゃんって照れ屋さんだよね~」



唯「ねえ澪ちゃん」

澪「ん?」

唯「これからも迷惑かけちゃうかもしれないけど……ごめんね」

澪「何言ってるんだよ、お互い様だよ」

唯「お互い様……うん。でもやっぱり、私も早く澪ちゃんの役に立てるようになるよ」

澪「ああ、そうだな。もうすぐ新入生も入ってくるし」

唯「そうだね……新入生、いっぱい入るといいね!」

澪「うん、そうだな」



唯「ねえ澪ちゃん」

澪「今度は何?」

唯「私頑張って澪ちゃんみたいになる!」

澪「わ、私みたいに?」

唯「うん! 澪ちゃんみたいに優しくて頼りがいがあって、あとスタイルも良くなりたい!」

澪「わ、私はそんな良い人間じゃ……///」

唯「ううん! 私知ってるもん、澪ちゃんはすごいって!」

澪「そ、そうか……唯?」

唯「ん?」

澪「ありがとう……これからも、その……よろしく、な」

唯「うん! 勿論だよ!!」