※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

律「なんだあ?急に」

紬「私は構わないけど…どうかしたの?」

唯「すたんぷってやつかな?」

梓「スランプですよ…」

澪「いやそうじゃなくて、たまにはみんなの書いた詞も読んでみたいなと思ってさ。いい詞だったら次のライブで新曲として出したりとかもいいかなって…」

律「うえ~?やだようめんどいよう」

澪「短くても、完璧に書いてこなくてもいいんだ。あとからアレンジすればいい。とにかく自分の中の思いを形にしてほしいというか…」

唯「面白そう!やってみたい!」

澪「本当か?」

唯「うん!あずにゃんもやるよねっ!?」

梓「え…で、でも…私作詞なんて…」

澪「…だめ…かな…?」

梓「!いえっ!澪先輩のためなら私がんばりますっ!」キリッ

澪「あ、ありがと」

紬「うふふ。私もがんばってみます」にこにこ



唯「よーしがんばるぞー!おー!」オー

梓「はいっ!(澪先輩のためならっ!)」オー

紬「ふふっおー!」オー

澪「みんな…」ジーン

律「待て待て!私やるなんて言ってないぞ!?」

唯「なんで?」

律「めんどい」

梓「そのめんどいのを澪先輩はいつもやってるんですよ」

律「うっ…みっ澪は好きでやってるからいーの!私は苦手だもん!」

梓「一回ぐらいいいじゃないですか」ハァ…

律「なんだそのため息は!?」

梓「別に…」ハァァァ…

律「言いたいことあるなら言えよっ!」ムキー



梓「だから、一回ぐらい書いてきてくださいって言ってるんです」

律「うっ…」

梓「あぁでもそうですね…得意不得意がありますもんね。できないことはしない方がいいと思いますよ?」

紬「まぁまぁお二人と…」

律「このくそガキ!できないだと?はっ!りっちゃん様ナメんなよ!お前よりいいの書いてきてやるから後で泣くなよ!こんちくしょー!」ダダダダダッ

澪「律!」

梓「澪先輩、律先輩も書いてきてくれるそうです」ニコニコ

澪「あ、うん…ありがと(まったく後輩にいいように扱われてどうすんだよ…)」なでなで

梓「えへへ…」ゴロゴロ

唯(あずにゃんなんだか怖かった…)

紬(先輩を軽くあしらう梓ちゃん萌え!でも後輩にあしらわれちゃうりっちゃんはもっと萌える!!!)キュンキュン☆



律 自室

律「…とは言ったものの」

律(歌詞なんか書けるわけないじゃん)ギシッ

律(小学校のとき何度作文に泣かされたか…)

律(あー…でも作文よりかは楽か?歌のが短いし…)

律(どーすっかなー…)ボー

澪『律、入るぞー』ガチャ

律「へ?澪?…ってわっ!?」バタンッ!

澪「なっ…大丈夫か!?」

律「いってー…あーうん平気」

澪「何してたんだよ…」

律「イスに座ってさー背もたれに思いっきりよっかかってたら引っくり返っちゃった…」ハハハ…

澪「危ないだろ」

律「気をつけるよ。それより部活は?」

澪「あ、うん。今日は家で歌詞書いてもらうことにした」



律「そっか。それにしても梓のやつこのりっちゃんをバカにするとは何事だ」ぷんぷん!

澪「バカ…お前が素直に書かないからだろ…後輩の仕向けた罠にあっさりハマって…」

律「あれ罠だったの!?」ガーン

澪「そうだよ。すっかりお前の行動パターンバレちゃってるよ」

律「くっ…生意気な…」

澪「律が素直に書いてこないからでしょ」

律「だぁってめんどいんだもーん」ブー

澪「じゃ書かないのか?」

律「いんや!先輩様の底力見せてやるぜい!!」フンッ

澪(見事に乗せられてる…)



澪「ん?なんだまだ真っ白じゃないか」

律「う…い、今から書き始めるんだよ!」

澪「そっか。じゃあそろそろ帰るよ」

律「え?もう帰んの?」

澪「一人のが書きやすいだろ?」

律「…うん(でも正直どんな風に書いたらいいのか分かんね)」

澪「………好きな人とか好きな物を思い浮かべながら書くといいよ」

律「へ?」

澪「じゃ、がんばれよ」

パタン

律(…さーすが澪。私の考えてる事なんかお見通しか)

律「じゃーいっちょ頑張りますかね!」



律「好きな人とか好きな物、ねぇ…」

律「好きな人はいないから好きな物だな」

律「ドラムとマンガとお菓子と…んー…あ、ゲームもだな」カキカキ

律「……これで歌詞?無理だろ」ハハッ


梓『できないことはしない方がいいと思いますよ?』プークスクス


律「」ムッ

律「いやいや!後輩になめられてたまるか!」フンスッ

律「この中だったらドラムが一番マシかな。んーと…」



ドコドコと君を叩くよ 毎日叩くよ

私のスティックで君を叩くよ 毎日叩くよ

でもこれは私の愛情表現

君が大好きだから叩くよ 毎日叩くよ

叩くたびに君が鳴くよ それでも毎日叩くよ






律「………意味わかんね」



律「物は無理だなやっぱ…」

律「となると人か…歌って言えば恋愛の歌詞が多いもんなー」

律「澪の書く歌詞だって……………ん?」

澪『好きな人のことを思い浮かべながら書くといいよ』

律「あいつ…好きな人いんのか…?」

律「いやいや女子高だし」

律「……いや澪の可愛さなら女子高で出会いが少なくても男がほっとかないか…」

律「……………」

『キミを見てるといつもハートDOKI☆DOKI』

『いつもがんばるキミの横顔ずっと見てても気づかないよね』

『あぁカミサマどうして好きになるほどドリームナイトせつないの』



律「……やっぱりいるのか…」

律「…なんだよ澪の奴水臭いな幼馴染に内緒にするなんて!」ハハッ

律「全く!明日問い詰めてやるか!」

律「……………」

律「……………」

律「ははっ…なんだよ…なんで私がこんな気持ちになるんだよ?」

律「澪とはただの幼馴染だし」

律「つーか女同士だし!」

律「ははっないない」

律「………ないよ」

律「誰…なんだろ。澪の…好きな人」



次の日 放課後

澪「みんなどうだった?」

唯「ばっちりだよ!」キランッ

梓「一応それっぽくはなってると思います」

紬「私もなんとか」

律「……………」

澪「律は?」

律「……え?あ、なに?」

澪「なにってだから歌詞。書けたか?」

律「あーうん…まぁ…」

澪「?」

唯「もーりっちゃん朝からずっとこんな調子なんだよ!」

澪「そういえば朝いつもの場所に来なかったけど…どうかしたのか?」

律「や、ほら…うん。あれだ遅くまでゲームやってて寝不足なんだ!」わはは

澪(………律?)



唯「そっかだから眠そうだったんだねー」

梓「そんなんで本当に歌詞かけたんですか?」

律「んー…まぁ」

梓(あれ?書けたに決まってるだろ!律様なめんなよー!!とか言うと思ったのに…)

紬(やっぱり体調よくないのかしら…)

澪(…いつもの律じゃないな)

梓・紬・澪(なんか…変だ)



唯「あはは、りっちゃんねむそー」



澪「……なぁりt」

唯「はいはい!私一番!」

澪「(…帰りにでも聞いてみるか)じゃあ唯見せて」

唯「ほい!ババーン!」

梓「自分で効果音つけないで下さい…」

澪「どれどれ…」


お菓子がいっぱいお菓子の国

私はそこの王様で憂は私の奥さん

お菓子をたくさん作ってくれる可愛くて優しい奥さん

和ちゃんは私のお母さん

私をマシュマロおっぱいでやさしく抱きしめてくれる

ムギちゃんも私のお母さん

もらい物のお菓子をいっぱいくれて美味しい紅茶をいれてくれる

ムギママにむぎゅむぎゅされながら食べるお菓子は絶品!



あずにゃんは私のペット

たいやきを半分こして食べるの

さわちゃんは私のばあや

ばあやはお菓子を食べすぎてちょっと飽きちゃった私におせんべいをくれる

そうすると私はまたおいしくお菓子が食べられるの

隣の国の律王子と澪姫も私にたくさんのお菓子をくれる

みんながいっぱい私にお菓子をくれる

この前の誕生日にはギー太の形をしたアイスを憂が作ってくれた

この前のクリスマスには私の体の何倍もあるケーキを憂が作ってくれた

お菓子がいっぱいお菓子の国

私はそこの王様でお菓子が大好き

でもお菓子をくれるみんなはもっと好き!

めでたしめでたし!



澪・梓「………………」

唯「えへへーどう?私がんばって書いたんだ!」

澪「う、うん(これは…なんて言ったら…)」

紬「ステキ…(唯憂とさりげない律澪…いいわぁ…)」ほぅ…

唯「でしょでしょ~!憂も褒めてくれたんだ!」えっへん

梓「これどっちかって言うと絵本に近いんじゃ…」

唯「えー違うよ歌詞だよぉ!」

澪「う、うん唯らしいな…」

唯「ほんと?わーい!」

梓(多分褒められてませんよ)

律「……………」ボー



澪「ム、ムギのは?」

紬「あ、はい」ピラッ

澪「どれどれ…」


百合百合百合百合百っ合百合 大好きよ~♪


澪「うんもういいや」

紬「えー!?」

梓「ただの替え歌じゃないですか…」

唯「百合ちゃんってだぁれ?」



澪「じゃあ梓」

梓「あっはい…」ピラッ

唯「あっ私も!私も見る!」ピョンピョン

梓「ちょっ…そんなたいしたものじゃないですから!」

唯「いーじゃーん!早くぅ!」

梓「うう…」

澪「どれどれ…」



※憧れのあなた 凛々しいあなた

今日もがんばる姿にドキドキする

例えあなたがこっちを見てくれなくても

私の想いは変らない


好きだと言えば困った顔をしながら優しく断るだろう

断られた私よりも傷つくだろう

だってあなたは優しい人だから

私の気持ちに気づけなかった自分を責め

私の気持ちに応えられない自分を責めるだろう

だってあなたは私を可愛がってくれているから

あなたの好きな人が他の人なら諦めた

あの人相手じゃ私は勝てない


※繰り返し



澪「へぇ…」

紬「凄いわ梓ちゃん!ちゃんと歌詞になってるわ!」

梓「ほ、ほんとですか?」

澪「うん、すごいよ。ちょっと短いけどこれなら歌にできる!」

唯「あずにゃんすごーい!」

梓「え…えへへ…」

澪「…律~?このままじゃ梓を泣かせられないぞ?」

律「あー…うん」

梓「……………」

唯「りっちゃん!あずにゃんの歌詞すごいよ?」

律「おー…」

梓(………ばか)



澪「あー…じゃあ律、見せてくれるか?」

紬「楽しみだわ~(りっちゃんもしかして書けなかったから落ち込んでるのかしら…)」

唯「むふふ~笑ってあげるよりっちゃん!」キラキラ

梓「わっ私を泣かせられますかね!?」

律「んー…?あー…はい」ピラッ

澪「どれどれ…」



※君のことなんでも知っているつもりだった

君の考えてることも手に取るように分かっているつもりだった

いつもそばにいたのに気づけなかった

君の思いに 自分の想いに

それを知った時にはもう遅くて

伝えることもできないまま終わりを迎える



初めて声をかける前から君が気になって仕方なかった

今思えば一目惚れだったのかもしれない



ある時困っている君を見て「助けてあげたい」と心のそこから思った

涙じゃなくて笑顔がみたいと思ったんだ

必死になって考えたんだ 君が笑ってくれる方法を


笑ってくれた 君が初めて笑ってくれた 笑顔を見せてくれた

嬉しくて 嬉しくて そばにいたいと思った

そばでその笑顔を見続けたいと願ったんだ



※繰り返し



澪「律!すごいじゃないか!ちゃんと書けてるよ!」

唯「すごーい!本物の歌詞みたい!」

紬「えぇ…すごいわりっちゃん(でもなんだか…りっちゃんらしくないような…)」

梓「……………」

澪「律お前実は才能………え」

律「……っ…」ブルブル

澪「律お前…なんで泣いて…?」

唯「りっりっちゃん!?どうしたの!?お腹痛いの…?」オロオロ

紬(やっぱり…なにかあったんだ)

律「ひっ……グスッ……」

澪「律…?律、どうした?…律」

梓(あの歌詞…)



律「…っ………っ…」グスッグスッ

梓「………律せんぱ」

澪「律…」ぎゅっ

梓(あ…)

律「…っ…ひっ…澪…澪ぉ…」ぎゅっ

澪「律…」なでなで

梓「………」ズキ…

唯「えっとえっと…」オロオロオロオロ

紬「………」きゅっ

唯「ほえ?」

梓「……?」



紬「行こうか?」

唯「え、どこに?」

紬「カバン、持って」

唯「?でもりっちゃんが…」

紬「いいから、行こ。ね?」

唯「うん…」ゴソゴソ

梓「……………」

紬「…行こう?」

梓「………………はい」


2/2