※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紬「澪ちゃん、私達先帰るから」

澪「うん…」サスサス

律「…ヒッ…っぐ…」グスグス ぎゅううう

梓「………………」

ガチャ パタン

澪(………ごめん…梓)

律「……澪…みおっ…」グスグスッ

澪「はいはい」なでなで

律「……っ…ぐすっ」ぎゅうううう

澪「………」なでなで



澪「…ちょっとは落ち着いた?」なでなで

律「………ん」グスッ

澪「どうしたんだよ、突然…」サスサス

律「………」ぎゅう

澪「黙ってちゃ分かんないぞ」サスサス

律(…言えないよ)

澪「…歌詞のことが原因?」

律「え…」ドキッ

澪「当たりだろ?」

律「……違うし」

澪「律の嘘なんかすぐ分かるよ」

律「……っ…」



律「……そんなの分かってるつもりになってるだけかも知れないだろ」

澪「え…?」

律(私だって…澪のことなんでも分かってるつもりだった…)

律(でも…でもなんにも分かってなかったんだ)

律(そうだよな…自分の気持ちさえ分かんなかったのに…澪の気持ちなんて分かる訳ないよね)

澪「……律?」

律「ごめんなんでもない。なんだろ思春期だからさー突然泣きたくなることだってあんのよ!」あはははっ

澪「嘘」

律「……………」

澪「私はちゃんと律のこと分かってるよ」



律「…それこそ嘘だろ」

澪「嘘じゃないよ」

律「分かる訳ないって」

澪「分かる」

律「……………じゃあ」

律「じゃあ何で泣いたか当ててみなよ」

律「そしたら信じたげる」

澪「…うん、分かった」



澪「歌詞の事だろ?」

律「………」

澪「歌詞のこと考えてて何かに気づいたんだろ?」

律「……っ…」ドキッ

澪「んー…そうだな…好きな人のこととか?」

律「…っ」ドキッ!

澪「……」クスッ

律「なっなんだよ!」

澪「いや、律は分かりやすいなと思ってさ」

律「~~~」カァッ



澪「自分が誰のこと好きか気づいた?」

律「……ばっ…べっべつに!」ドッキドッキ

澪「泣いたってことは…変な勘違いしてるか、相手が自分のこと好きじゃないと思ったか」

律(なっ…なんだよこいつ…)ドキドキ

澪「んー?」ジー

律(まるで私の考えてる事全部見透かされてるみたいで…)

律(……目が見れない)フィ…

澪「あ、こら。目反らすな」グイッ

律「やっやめろし!」カァッ

澪「なんだよやめろしって」ジー

律「うっせーし!」カァァァッ

澪「こっち見ろし」ぐいっ

律「まねすんなしっ!」

澪「うっせーし」ジー

律(うー…)



澪「……」ジー

律「うっ…」

澪「……」ジー

律(そんな顔で見るなよ…)

澪「……」ジー

律(そんなにじっと見られたら…)

澪「……」ジー

律(キスとか…したくなるだろ…)

澪「いいよ」

律「へっ!?」

澪「ほら」スッ

律(なっなんで目閉じてんだこいつえっまさか声に出てた?えっうそいやいやそんな訳ないだろいやいやでもなんでこいつ目閉じてんのなんでこいつこんなにまつ毛長いのなんでこいつこんなに肌きれいなのなんでこいつこんなに唇ピンクなのなんでこいつ…)

律(………こんなに…かわいいの)



澪「……」

律(いいの…かな…)

澪「……」

律「……」ゴクッ

律「……」ソー

澪「……」パチッ

律「ふぇっ…!?」

律「ななななんだよっ!(急に目開けんなっ!)」ドッキドッキ

澪「…誰のこと好きか言ったらしてもいいよ」

律「……っ…!」ドキッ



律「な…べっ…別に…」

澪「別に?」

律「別に好きな人なんか…」

澪「いない?」

律「…いないよ」

澪「そう。じゃあ私は律のこと分かってなかったんだな」

律「…………」

澪「じゃあさっきのキスも勘違いだ。忘れてくれ」

律「…………………」

律「………分かった」

澪「………本当素直じゃないな、お前は」

律「えっ…」

澪「……」グイッ

律「……!」



律「い…いま」

澪「……………」カァァァ

律「なっなに自分でして照れてんだよっ!」カァッ

澪「…好きな人とキスしたら照れるだろ」

律「へっ………スキナヒト?」

澪「そーだよバカ律」

律「………えっ?」

澪「…好きだよ、律」

律「……………えっ?」

澪「律が好きなんだってば」

律「え…だって…え?」

澪「…なんだよ」

律「え…だって…好きな人がいるんじゃないの?」



澪「だから!律が好きなんだってば」

律「」

澪「なんだよそのアホみたいな顔」

律「うううううるせー!」

澪「律は?」

律「へ?」

澪「律は誰が好き?」

律「……っ」

澪「教えて?」

律「………ぅ…ぁ…」

澪「うん?」

律「……………み…」

澪「うん」

律「……澪が…好き…」



澪「……………」

律(黙るなよーーー!!!)カァァァッ

澪「…ふふっ」

律「え…?(な、なんで笑うの…?)」

澪「やっと気づいたかバカ律」

律「へ?」

澪「遅いんだよ気づくのが」

律「え?あの…澪さん?」

澪「…言ったろ?律のことならなんでも分かるって」

律「え?え?」

澪「律が気づいてなかった自分自身の気持ちにも、私は気づいてたんだよ」

律「えぇっ!?」

律「おま…それ…(ただのナルシスト…)」

澪「だからこうやって気づかせてあげたんだよ」

律「へっ?…じゃあお前まさか…?」



澪「うん。歌詞を書いてきて欲しいって言ったのも、お前の部屋にアドバイスしにいったのも」

澪「全部、計画通り」テヘッ

律「テヘッじゃねぇよ!かわいいな!おい!」

澪「可愛いだろー?お前が惚れるぐらいのものだからな」

律「くっ…」カァァァッ

澪「な?嘘じゃなかっただろ?」

律「あーそう…」プイッ

澪「ふふ…律可愛い…」ぎゅっ

律「(くっ…)はーなーせー」ぐぐっ

澪「顔真っ赤にしながら言われても…」ぎゅうっ

律「っ…」カァァァッ

澪「恥ずかしいんだろ?」

律「…………」プイッ

澪「でも嬉しいんだろ?」

律「………くっそーーー!!!」カァッ



澪「この歌詞一生大事にしよ~♪」ピラッ

律「!返せっ!!」

澪「だーめ」サッ

律「うう~…」

澪「…好きだよ律。大好き」ギュッ

律「…っ」ドキッ

律(ずるい…)

律「……………私も…」

澪「うん?」

律「私も…澪が好き…」

澪「…」クスッ

澪「分かってるよ」

澪「律のことならなんでも、ね」ギュッ

律(……やっぱりずるい)ぎゅっ


おわり